DUMMY DOUBLE

オールドルアー&ユーズドルアーの委託、買い取り、通信販売

★中古骨董疑似餌釣具★マニアックなルアーマン達の隠れ家的な秘密基地!!!

DARWAYのデザイナー上田氏による大人のコラム!


『古き良き日の釣り道具と、バーボンと…、』

第四章
『 ケンタッキー・スタイル・リール以外の、魅力的なダイレクトリール 』

(J.A.Coxe編)




今回は、ケンタッキー・スタイル・リールの他で、
キラ星の如く沢山あるリールメーカーの中から特に精度、
作り込みの良さ、
使い勝手等が最高と私の考えるJ.A.Coxeをフューチャーしたいと思います。

1930年初頭、ミシガン州ブロンソンにJ.A.Coxeというメーカーが創られ、
詳しい歴史等は調べられなかったのですが、
ソルトウォーターリールも有名な高級リールメーカーです。
その後ブロンソンに吸収されたとのことです。
高精度リールとして有名なメーカーで、
ケンタッキー・リールとよく比較されるメーカーでもあります。


メカ的にも特徴的な機構があり、
スプールのセンターにシャフトが入り、
このシャフトを抜く事でハンドル以外全てが分解出来る、
とても凝った作りをしています。

シャフトの固定方式もすごく手間の掛かる造り方をしていて、
現在このリールを再現しようとするとかなりの費用が掛かるだろうと思われます。
一部廉価版のリールを除き殆どのリールにこの機構が採用されています。

この機構を用いる事で、
デザイン的にもスクリューを使わないカップ面が、
とてもシンプルな外観にする事が出来、
デザインなので好き嫌いはあるとは思いますが、
とてもスッキリしたフェイスになっています。

ハンドルもこだわった造りで、
ノブにスプリングが内蔵されていて固着をしないように考えられています。

ジャーマンシルバーの NO.15
ジャーマンシルバーの NO.15

アルミニュウム・ボディーのNO.94-C
アルミニュウム・ボディーのNO.94-C

当時かなり高級リールだったようで、
材質もジャーマンシルバーを使ったもの、
当時新しい材料として使われ始めた軽量、
高価なアルミニュームを使ったものが多いです。

Colnet Model 25 N
Colnet Model 25 N

軽量化にもかなり力を入れていて、
プラスチックやアルミニュームを多用した製品が多く、
Colnet Model 25N (ナロースプール、ハンドルフリータイプ)は
136gと、現在のリールと比べても、
遥かに軽いリールとなっています。
製品名は番号で表わし、フレッシュウォーター用は
Model #10、#15、#25、Colnet#25、#30、#60、#95、#94があります。

ここで手持ちのリール群を写真にて紹介します。

コレクションのリール
コレクションのリール

NO.95-C
NO.95-C

NO.60-C
NO.60-C

NO.95-C
NO.95-C

NO.30-C
NO.30-C

ボックスと革ケース
ボックスと革ケース


ダイレクトリールの中で、私が使い勝手、性能、品位等を考え、
現在1番と考えているリールが、ここで紹介したModel #15です。
(あくまで私個人の主観です。)
因みに“好み”という項目が入ると、
HEDDON #3-35と、HORTN BLUE GRASS #10が入ってきます。

ダイレクトリール好きで、
まだCOXE REELを使った事が無い方は、是非一度使ってみて下さい。
きっと良さが判って頂けると思います…。







.