DUMMY DOUBLE

オールドルアー&ユーズドルアーの委託、買い取り、通信販売

★中古骨董疑似餌釣具★マニアックなルアーマン達の隠れ家的な秘密基地!!!


DEBUT GATE 


☆ ハンドメイドルアービルダーさんの為のデビュー支援コラム ☆

ダミーダブルでは、今までに幾人かのビルダーさん達に、
販売のノウハウをアドバイスをした経験がございます。
その経験の中で、新作ルアーに対するテストや、
ルアーのギミックやアイディアのディスカッションから…、
注文書の書き方、納品書の書き方、広告の作り方にいたるまで、
さまざまなサポート等もして来ました…。
このページは、ダミーダブルで今まで培って来た経験の中から、
これから、ハンドメイドルアーを作る趣味をもった方が、
実際にデビューし、販売を始めるためのノウハウ等を、
出来るだけ分かりやすくお伝えするために開設したコーナーです♪
このコーナーを機に、
新たに、多くの素敵なビルダーさんが誕生して下されば幸いです…。


プロの
『ルアービルダー』になるために ♪

はじめに



始めに…、

ここ数年、
どんどん新たなハンドメイドルアーのメーカーが誕生していますね!
それこそ、
数えきれない程のビルダーさんが活躍し、
ちまたには、個性的で、見た目も機能も楽しそうな、
素晴らしいハンドメイドルアーが並んでいます。

毎年、
新たなビルダーさんがキラ星のごとく現れて、
今やトップウォーター業界は爆発的な広がりを見せています。
これはきっと、我々日本人の手先がとても器用で、
物作りが得意だと言う民族性の表れなのかも知れません…。
最近の、
まるでマンガやアニメの様にポップで楽しげなルアー達は、
ルアーオタクな我々の心を虜にします…。

ハンドメイドルアーの歴史を思い返してみると、
70年代後半から、80年代のハンドメイドミノーのブームから、
ハンクルや、ウッドベイト、キクチミノーや、kyoルアーさん等々、
様々な名作ハンドメイドルアーが誕生しました。
この頃は、殆どのルアーがラパラ等から着想を得て作られた、
リアルミノー系のルアーが支流でしたね!
他にも、バルサ50シリーズや、
ハトリーズ等歴史に残るトップウォータープラグたちも沢山誕生しました♪
その後は、
90年代の爆発的なバスブームにともない、
「ちょっとどうかな?」と思わせる様な
奇天烈な雰囲気のハンドメイドルアーも販売されましたが
今と成っては、少し脱力したB級感に、魅力を感じる部分もあります…。
80年代のリアル・ミノー・ビルダーさんは、
後の、国産有名メーカーのルアーデザインにも
大きな影響を与えて来ました…。
そして、ズイールや、ハトリーズ、バルサ50の存在は、
その後のTOP系ハンドメイドブームの源流ともな成り、
今でもトップウォーターのムーブメントに大きな影響を及ぼしていると思います。

90年代に入り、
空前のトップ・ウォーターのブームが訪れ、
ヒヨコ・ブランドやアカシブランド、ティート、
津波、クワイエット・ファンクさん
BPベイト、トーイズ、アドニス等々、
それこそ、キラ星のごとく、
次々と個性的なハンドメイド・ルアー・ビルダーさんや
ハンドメイド系のショップメーカーがデビューしています。
現在では、
極小さな規模のハンドメイドルアービルダーさん達を含めると、
いったい何社のブランドが有るのか、見当もつきません!
そしてなおも、トップウォーターブームの中で、
数多くのビルダーさんが誕生しています。
特に最近のビルダーさん達の独特は、
まるでアニメの世界から飛び出したようなポップな作品が多い事でしょうか?
それと、ミッドセンチュリー系のテイストのアート等から
インスパイアされたデザインや、
カラーリングも特徴です…。
ある意味ではポップ・アートのような、
個性的で魅力的なルアー達をリリースしています。
この様なルアー達は、
多くのコレクターや、アングラーの心をガッチリと惹き付けて、
バス釣りの世界に、大きく夢を膨らませてくれる
本物のアートなのだと思えます…。
もしかすると、既に日本のハンドメイドルアーは、
世界で最も面白い、ディープなオモチャで、
ある種、日本独特の『バス・カルチャー』と化しているのかも知れません…。
っと言うより、既にその文化は既に完全に確立されている気がします。

たぶん、
このコラムを読んでおられる方の多くは、
自分でルアーを制作する趣味の有る方なのでしょう…、
そして、もし、貴方自信が、ルアー・ビルディングの腕に自信が有るのなら、
過去に『自作のルアーを誰かに使ってもらいたい!』と考えたり、
『自分のルアーをショップで売ってみたい!』とか、
『雑誌に掲載されてみたい!』と一度は考えているはずです。
このコラムでは、そんな方々に、いかにすればお店にルアーを置いもらえるのか?
今までアマチュアだった貴方のルアーが、
プロとして、一般の多くのユーザーさん達の手に届くようにする為の、
私なりのノウハウをお教えしたいと思います。

『どのようにすれば、憧れのビルダーさんのようになれるだろうか?』
と考えていた貴方に、一流のビルダーさんに出来るだけ早く近づける様に、
ヘタクソな文章では有りますが、なるべく分かりやすく、多角的に、
丁寧に書いて行くつもりです。
夢多き新生ビルダーさんに、
このコラムが少しでも参考になれば幸いに思かといます。


= 心構え =

皆さんは、ハンドメイドビルダーに成るには、
きっと、特殊な才能や、商才や、コネクションや、ド根性、
そう言った特別のものが無ければ出来ないんじゃないか?
な~んて、思ってはいませんか?
もし、そのような才能が有れば、それに越した事は有りませんが、
ハッキリ言ってしまえば、そんなもの、
あっても無くてもどっちでも良いのです!
無ければ『これから育てれば良いダケ』のことですし、
むしろ、これからビルダーとしてやって行くためには、
いくつかのキーワードが大事だと感じます。

では、
ビルダーとして必要なのは何なのでしょう?
熱意?それとも、自分のルアーに対する信頼と思い入れ?
ん~…、どちらももちろん大事なことですが、
って言うより、まず一番大事なのは、
まず『夢』を持つこと!
そして、『楽しい未来を想像する』こと…。
『自分の作ったルアーで、多くのアングラーがビックなバスを釣る♪』
そんな素敵な夢を見れるかどうかが一番大事なんじゃないかな?
って思います。

もちろん、本気でビルダーをやるのなら、
これからきっと、様々な障害や、トラブル、悩みも経験するはずです。
過去に幾人もの、素晴らしいビルダーさん達が
何らかの理由で挫折してヤメてしまって来たのを見ています。
でも、そんな時でも強い『夢』があれば、
いずれ必ずトラブルは乗り越えられるはずです。
だって『夢』が無ければ、どうせ直ぐに諦めちゃうでしょ?
世の中『夢は見続ける人だけに、かなえる権利が有る!』のです。
諦めたら夢は終わり、夢を見続けるなら、
死ぬまで、あなたにはルアービルダーでいれるはずです…。

挫けそうになるのも夢…、
うたかたに消えてしまうのも夢…、
今まであなたは、いくつの夢を諦めて来ましたか?
諦めたら、終わりです…。

ガラにも無く奥歯が水面にプカプカ浮くようなお話をしましたが、
この辺で止めときます…。

きっと、今後あなたの作った素敵なルアー達は、
沢山の人に使ってもらうのを待っているはずです!
だったら、いっちょ、
夢を持って頑張ってやってみようじゃ有りませんか♪

ねっ!

あらかじめ、お断りいたしておきますが、
このコーナーでこれから紹介して行くお話は、
あくまで私の中での経験上のいくつかの回答であって、
必ずしも『そうしなければ成らない!』と言うものでは有りません。
あくまでも、あなた自身がこのコラムを参考にし、
『自分ならどうするか?』
『もっとこうした方が良いのではないか?』と考ながら、
適切な答えを導きだして行動をするのが肝腎です。
いかんせん、ビルダーさんはデビューをしたら


『一匹狼!』


最終的には、自分の理性と感性で、
その都度決断をして行かなければいけないのですぞよ!



『目次』

1、ルアーを作る
  *ルアーのクオリティー

2、ルアーの価格を決める
  *変動的な価格
  *相場に合わせた価格

3、ルアーの販売方法を決める。
  *店舗販売の場合
  *ネット通販の場合
  *店舗とネットで販売する。

4、店舗への売り込み。(店舗販売の場合)
  *広告を作る
  *支払い方法は振込か代引きか? 
  *注文書、納品書、請求書の書き方

5、ホームページを作る。(ネット販売の場合)
  *ホッムページの作り方

7、アフター・フォロー 
  *店舗販売の場合
  *ネット販売の場合

8、様々なトラブル   
  *売れ過ぎた時には
    ・生産量を固定して、価格を上げる
    ・価格は上げず、外注を考え、生産数を増やす
  *どうしても売れない時には
    ・原因は何か?
    ・対処策は有るか?
  *困ったファンの方との付き合い方
    ・過剰な要求されたり…、
    ・つきまとい、たかり、特別扱いの強要…
  *困ったショップさんとのお付き合い
    ・パワーハラスメント、安くしろ!
    ・無理難題!
    ・売れなかったルアーを引き取れ!
    ・良い場所に置いてくれない! 
    ・売れない責任を転嫁…、
  *あなたは困ったビルダーになっていませんか?
    ・もしかして天狗になっていませんか?
    ・誰もが落ち入る勘違い…(タレント気取り)
    ・商売は下座の心です    

9、最後に…、
    ・ルアー作りは一生続く美徳ですね♪


  1 『ルアーを作る!』


= ルアーのクオリティー =

まず皆さんがビルダーデビューを考えるとき、
最初に考える疑問…。
それはきっと、
ルアーのクオリティーは、どのレベルが望ましいのか?
ではないでしょうか?

この疑問は、デビュー前のビルダーさんにとって、
当然、まず始めに考える疑問だと思います。
たぶん、ほとんどのビルダーさんは、
「自分のルアーはどのレベルなのか?」
「このレベルで、はたして通用するのか?」
「世間様は認めて下さるのか?」
そんな事を考えるはずです。
当然ルアービルダーデビューをする上で誰もが考える疑問です。
早速ですが、このルアーのクオリティーについてバッサリとお応えしますと、
『ビルダーさん自信が今の段階で出来る精一杯のクオリティーで良い!』
ということです。
まず、良識のある、ほとんどのビルダーさんなら、
他人様に使って頂くルアーには、恥ずかしいものは出せるはずも有りません。
ですから、デビューを真剣に考えた時点で、
既に貴方は心のどこかで、
自分のルアーに対する自信が有るはずなのです。
その気持ちが有るのなら、その時点で制作しているルアーは、
既に販売するにいたるクオリティであるとも言えると思います…。

ちなみに、余談に成りますが、
現在、第一線で活躍している多くのビルダーさんも、
デビュー時と比べると、
格段にクオリティーが上がっている方がほとんどです。
つまり、プロとして自覚を持って制作して行く中で、
ビルダーさんは日々進化をして、
自然な形で、しだいにクオリティーが上がってしまうものなのです…。
ようは、売りたい時が、デビューの時で、
その時のルアーのクオリティーが、
あなたの記念すべき出発点に成るのです。
自分に自信を持って下さい!
今直ぐ始めよう!





  2 『ルアーの価格を決める』


価格はいくらに設定すべきか?

価格については、
ある程度の客観性で、
バランスよく考える『変動的な価格』の方法と、
ある程度の相場に価格を合わせて、
ライバル達と勝負する『相場に合わせる』方法の
2種類が考えられます。

まず、大事な部分、
発売するルアーの価格について考える場合に基準として考えたい部分を、
大雑把に5つにまとめてみました。

1=ルアーの完成度(クオリティ)
2=ルアー制作段階に掛かった費用(コスト)
3=自分のルアーの知名度、(人気)
4=他者の意見、要望(ニーズ)
5=ルアー作り一本で食べて行くつもりなのか?(生活)

等です。
以上の5つの基準となる条件を考えつつ、
以下の二つの考え方を吟味してみて下さい。


= 変動的な価格 =

変動的な価格とは、
上の5項目を照らして考え、自分の条件を第一に考えて、
バランスを見て価格を付けるということです。
これは、もう殆どの部分がビルダーさんの感性の問題ですが、
たとえば、販売するルアーの価格は、
安ければ、2千円台でも良いでしょうし、
自分が1万円で売れる(売りたい)と思うならその値段で売れば良いのです。
ただ、ハッキリ言って、無名のビルダー時代に高値を付けて、
直ぐさま売れればラッキーですが、世の中それほど甘くないのも事実…。
せっかく作ったルアーが、いつまでたっても売れないのは寂しいですよね…。
結局は、『価格を含めてルアーの魅力♪』と言えるので、
まだ、デビューしたての挨拶代わりに、
多くの人に使ってもらいたいと考えれば、
まずは、採算度外視で安く売り、
自分のルアーを多くの人に名刺がわりに使って頂き、
出来るだけ多くのユーザーさんにファンになってもらうのも、
良い作戦と言えるかも知れません。
その後、知名度や、クオリティーの向上にともない、
価格を上げて行くのは決して悪いことでは有りませんし、
多くの先輩ビルダーさん達も、
このようにして自分のブランドの価格帯を模索しているのも事実です。


= 相場に合わせた価格

次に、ある程度の相場に合わせて価格を設定する場合、
これは、現在第一線で活躍しているビルダーさんの築き上げた相場で
リリースするということ!
ちなみに、現在の相場は6千円代から上の価格帯が相場と成っている感が有ります。
この金額は、ある意味、メーカーとしてビルダーさんがやって行くため、
生きて行くための適正価格なのかも知れません…。
貴方が、自分のルアーに大きな自信が有るのなら、
この価格帯で勝負するのも良いかも知れませんね!
ある程度の相場に価格を合わせるメリットは、
『第一線のルアーと肩を並べているんだ!』と言うブランド感の定着と、
『俺はこの価格で勝負出来る!』と言う気概を知らしめられる事です。
問答無用で、自分の感性や作品に自信が有るのなら、
試す価値はあると思いますヨ!



敢えて、私の場合どちらかをオススメするとすれば、
始めはまず『変動的な価格』でバランスを見て行く方法をおすすめします…。
きっと、これからビルダーデビューをしたいという方は、
他に本業でお仕事をして、ある程度の収入が有るはずです。
だったら、始めはルアー一本で喰って行こうなんて危険なチャレンジはせず、
お客様にとって大きな魅力でもある『安さ!』と言う強力な武器を使い、
少しずつでも知名度を上げて行くのが戦略的に有効だと思うのです。

ハッキリ言って、ベテランビルダーさんには『安い価格』は脅威です。
新米ビルダーさんといえども、
安い価格で良いものを売られては、きっと困るでしょう…。
ですが、彼らには『知名度』という、
既に大きな武器が既に有るわけですから
もしあなたが、ビルダーデビューをしたのなら、
ある意味では『戦場に出て来たのと同じ』と考えるべきで、
その戦いの中で勝ってゆかねば成らない部分があるわけで、
そのために価格を抑えるのは戦略的にありなのです。
どんな世界であっても、メーカーは市場原理に基づき、
価格や、イメージ、クオリティー等で勝負をしてゆきます。
それはハンドメイドルアーの世界だって同じことだと思います。
もし貴方が、この世界である程度活躍したいのなら、
まずはルアーを効率よく売るためにマーケティングに工夫を凝らし、
自分のメーカーを多くの人に知らしめるのはとても大事なことなのです。
そのためにも、価格を安くおさえるという事は、
手始めにはかなりの効果が期待出来る作戦と言えるはずです。

余談に成りますが、
以前、相場よりも安い価格でルアーをリリースしている、
とあるビルダーさんから、
先輩ビルダーに「もっと価格を上げろ!」と、
プレッシャーをかけられたと言うお話を聞きました。
相場を崩して欲しくないと言う有名なベテランビルダーさんの意見も、
気持ちとしては十分に分かりますが、
販売価格を他者に強要するのは横暴ですし、
これから知名度を上げたいと言う立場の弱い、
新米のビルダーさんから、
一つの大きな魅力を奪い取ろうとする行為は、
客観的に、あまりフェアーな行為には思えません…。
気の弱いビルダーさんなら萎縮してしまいますしね…。
ルアーの販売価格は、作った本人が最終的に決めれば良い事です。

ともあれ、価格のことは大いに悩んで、
自分の心の中を探求して、答えを出して下さい。
既に、貴方は『一匹狼』のアーティストなのですから…、
柔軟に考えて答えを出せば良いだけのことです。


  3 『ルアーの販売方法を決める』


= 店舗販売の場合 =

申し訳ありません、
時間が出来た時に書き進める予定ですので
しばらくお待ち下さい♪
= ネット通販の場合 =
申し訳ありません、
時間が出来た時に書き進める予定です
しばらくお待ち下さい♪
= 店舗とネットで販売する =
申し訳ありません、
時間が出来た時に書き進める予定です
しばらくお待ち下さい♪


まだ書きたてのコラムですが、
もしこの記事を読んで、
先のお話が聞いてみたいと言うビルダーさんがいましたら
気軽に、ダミーダブル SASA まで、お電話下さい。
ご相談をお聞きします。






.