DUMMY DOUBLE

オールドルアー&ユーズドルアーの委託、買い取り、通信販売

★中古骨董疑似餌釣具★マニアックなルアーマン達の隠れ家的な秘密基地!!!


純喫茶 鱗鱗堂  『ルアー四方山話…』

このページは、
ダミー・ダブルが誇る、オールド・ルアーのエキスパート塙栄司が、
あらゆるルアーの四方山話をおとどけします…。
オールド・ルアーはもとより、奇天烈ルアーや、定番ルアーに至るまで…、
ハナちゃん的テイストで、面白可笑しくご紹介いたします。


第五話

フジ釣具のルアー(その2)
さて、今回は前回の続きです。
フジ釣具のルアーについての情報を募集したところ、
さっそくダミーダブルの親睦会でもお馴染み、
常連の川原さんからメールを戴きました。
さすが秦野市の怪人(失礼)、資料もいろいろ保管しているとは…。

川原さん、ありがとうございます、これで一網打尽です!
さっそく、彼が添付してくれた画像をご覧下さい。
これらは1990年のタックルボックス誌に載っていた広告だそうです。



私はポッパーの「デリンジャー」(大&小)と
「ボブキャット」だけしか覚えていませんでした。
ううむ、3フックのミノーはバルサ製の「シーカー」で、
「シルクワーム」(現在も売られている模様)はもっと後の時代の少し小さめ
(シェイプもちょっと湾曲)のミノーの名前だったようです。
断面が三角のペンシルは「ハウンドドッグ」、
バルサのクランクは「ビッグビショップ」と。
ピコに特注したと思われるプラ製のフローターが「ワイルドキャット」ですね。
…うーん、
こうして資料を見ると、既に無くなったモデルもあるようです。

デリンジャー(大)
デリンジャー(大)

デリンジャー(小)
デリンジャー(小)

ジッター・バグ・タイプ
ジッター・バグ・タイプ

ワイルド・キャット
ワイルド・キャット

前回載せた1990年代前半と思われるバグリー製ルアー
(バンゴーと同じボディー)の名前は…?

☆Bang-Oボディのトップウォータープラグは、クワトロと言うシリーズで、
☆ペンシルが「ウノ」、シングルスウィッシャーが「ドス」、
☆ダブルスウィッシャーが「トレス」という名前だそうです。
(R&R98年11月号より)

うーん、一挙に判明しましたね。
やはり持つべきものは友達。ありがたや、ありがたや。

さて、次回は…まだ決まっていないので、
久しぶりにタックルボックス(ストッカー)の中でも見て考えておくとしますか。



はなわ

090801





.