DUMMY DOUBLE

オールドルアー&ユーズドルアーの委託、買い取り、通信販売

★中古骨董疑似餌釣具★マニアックなルアーマン達の隠れ家的な秘密基地!!!


河童の川流れ…。

このページは、ダミ~ダブルで一番モノ作りの大好きなソ~スケが、
ハンドメイドルアーを作る行程を、わかりやすく説明するコラムです!

今回は「S・スウィッシャー」作りにトライです!


暑過ぎて、しばらくルアーを作っていなかったのですが、ようやく再開しました!
暑過ぎて、しばらくルアーを作っていなかったのですが、ようやく再開しました!

その6 『シングル・スウィッシャー』


今回は、今までと違い、
角材から削るのではなく、
三枚の木を貼り合わせて作ります!

使用したのは、
30×5mmと、30×10mmのアガチスです。
10mmの木を中心に、5mmの木をサイドに貼ります。

形は、もともとミノーを作っていたフォルムで、
それに厚みを持たせ、浮力を調整した、
シャッドライクなスウィッシャーです!



始めに、10mmの木を、
思い浮かべる形に削ります!

貼り合わせた後に、形を整えるので、
ザックリと削ります。


削り終えたら、
ウェイト等の穴をドリルで開けます!

頭とお腹の穴にウェイトを入れて、
残りは、浮力を持たせる為に開けました。


ウェイトは写真の様に、
2個づつ入れます。
下方に重さを集中して、ボディの回転を抑えます!

大きめの穴を開けて、
ウェイトが動くようにすると、
ラトルになりますよ!



ウェイトが入ったら、
5mmの木を、2液のエポキシで貼り合わせます。

隙間が出来ない様に、
重しを乗せたり、万力で挟んだりしましょう!


エポキシが乾いたら、
真ん中と同じ様に、削ります。

厚みが出て、
ようやくルアーに見えて来ました!


上下を削り終えたら、
角を丸くしたし、サイドを削ったりと、
形を仕上げて行きます!

オシリの方は、細くすると浮力が心配のため、
あまり削らず、丸くしたくらいです。



大まかに削り終えたら、
サンドペーパーの#120と#240を使い、
仕上げて行きます!
ツルンッ♪と、なるまで磨きます!


サンディングが終わったら、
ピンバイスを使い、リグ用の穴を開けます。

今回あけたのは、
頭とオシリ、それとサーフェースリグ用の穴です!


ピンバイスで穴を開けたら、
クリアセルロースにドブ漬けします。
この行程を、上下交互に計4回程行います。

最初のうちは、染み込ませる為に、
少しの間、漬け込みます。


クリアセルロースのディッピングが終わったら、
耐水ペーパー#800で軽く磨き、
お次ぎにプラサフ入りのセルロースに、
ドブ漬けします。
こちらも計4回程行います!


プラサフ入りセルロースでのドブ漬けで、
全体が綺麗に真っ白しろになったら、
良く乾燥させて、水研ぎをします。

耐水ペーパー#800を使用し、
全体の歪みをとり、マットになれば大丈夫です!


下地が出来上がったら、
色を塗って行きます。

今回は、ミノーシェイプなので、
それっぽい色に仕上げてみます!
まず手始めに、ホワイトラッカーで、
真っ白にします。


真っ白になったら、
お次ぎにパールを吹きます。

写真では分かりにくいですが、
光に当てると、エロティックに輝きます!



十分に乾燥させたら、
網を隙間無く付けて、
背中にシルバーを吹きます。

厚く吹くと、
失敗しやすいので、
うっすら吹き付けましょう!


スケールが乾いたら、
端を残す様に、背中に色を吹きます。
真ん中は完全にスケールを消し、
サイドは少し透ける感じにします。

今回は、水色に少し緑掛かったモノを使用しました。
ブルーバック・シャイナーですね!



背中が終わったら、
今度はお腹に黄色を吹きます。

厚く塗ると、折角のパールが台無しなので、
薄らと吹いて、パール掛かった黄色にしました。


お腹と背中が終わったら、
エラを赤で吹きます。

鉛シートをエラの形に抜き、
テンプレートを作ります。
鉛で作ると、何度でも使えて便利です!


作ったテンプレートを使って、
赤を吹きます。

少し離して吹き付けたので、
ボカシ気味のエラになりました。



最後は目を付けて、
カラーリング終了です!

カッティングシートにポンチで穴を開けて、テンプレートを作り、黄色を吹きます。


吹き付けた黄色が乾いたら、
最後の最後に、爪楊枝のオシリを使い、
黒目を入れます。

ポイントは、楊枝にサンドペーパーで丸める事と、
粘度の高い塗料を使う事です!


色塗りに満足したら、
セルロースでコーティングをします。

シャバシャバに薄めたセルロースを、
エアーブラシで数回に分けて吹き付けます。
1回目は、遠目から薄く吹き付けないと、
折角綺麗に塗っても、流れてしまうかもしれないので、
注意しましょう!!!


一度に塗る量にもよりますが、
大体、4回程吹き付けます。

数回吹き付け、表面に膜が張り、
艶が出るまで行います!


トップコートが終わったら、
表面に爪が立たなくなるまで乾かし、
リグ組をします。

今回は、お腹にサーフェースリグ、
オシリにペラを付けるので、
写真の様なパーツを使います!

全体的に、落ち着いたシャッドカラーにしましたが、如何でしょうか? 今後、色々と試したいと思います!
全体的に、落ち着いたシャッドカラーにしましたが、如何でしょうか? 今後、色々と試したいと思います!

ミノーシェイプで、全体的に細身ですが、中に空洞を作ったお陰で、ほぼ水平浮きと、狙い通りになりました♪
ミノーシェイプで、全体的に細身ですが、中に空洞を作ったお陰で、ほぼ水平浮きと、狙い通りになりました♪

シングル・スウィッシャーの完成です!!!

ボディが細身で長めの為、首振りさせるのは少し神経を使いますが、ピンポイントでチョッピングしたり、ダイブも出来て、多彩に動きます!
ボディが細身で長めの為、首振りさせるのは少し神経を使いますが、ピンポイントでチョッピングしたり、ダイブも出来て、多彩に動きます!

ウェイト位置を下方にした為か、トゥイッチやただ巻き時にボディのブレが無く、フックが横に向きづらいのが、とってもイイです♪
ウェイト位置を下方にした為か、トゥイッチやただ巻き時にボディのブレが無く、フックが横に向きづらいのが、とってもイイです♪

.