DUMMY DOUBLE

オールドルアー&ユーズドルアーの委託、買い取り、通信販売

★中古骨董疑似餌釣具★マニアックなルアーマン達の隠れ家的な秘密基地!!!


釣れちゃった! 2010

08月13日~14日  八郎潟遠征

8/13~14 
八郎潟遠征記!
 毎年恒例の八郎遠征が近づいて来た11日…、
天気予報では、『今日12日に台風が秋田を通過して太平洋に抜ける』との事、
『最悪の状況も想定して行かないと行けないかもな~』と、思いながら出発の日を迎える。

 メンバ~は、岩ちゃん、市丸くん、マッペダディ~、マッペの仲良しメンバ~だ!
道中みんなに台風の事を聞いてみると、『アッと言う間に抜けたらしいよ~』だってさ~!!
『じゃあ全然大丈夫だね』一安心して、『いざ八郎へ~しゅっぱ~つ!』

 お盆なので交通量は多めで、パーキングには警備員も出てましたよ!
そんなこんなで八郎に到着!! 
 空を見ると雲一つ無く、暑くなりそうだ…。
早々にフローターの準備をして、まずは西部承水路に入水しました。







 入水するとフィールドには、すでに2艇のボートが浮いています。
まあお盆なので、ここまでは想定内でモーマンタイ!!

 東部承水路と西部承水路をつなぐ水門に向かって釣って行きます。
アオコが少し有るものの、台風の影響は無かった様で良い感じですが…さて…、
 そろそろワーム組の岩ちゃん&マッペダディ~は、
釣れ始めても良い頃ですが中々釣れない…、
『あれ~おかしいな~』『みょ~にへんだな~』(稲川淳二風)
やっとUターンする水門辺りで、岩ちゃん&マッペダディ~が連続でヒット~!
 市丸くんと僕はいまだにノ~バイト…、日も完全に上がり猛暑になって来ました。
そのまま打って行くと、市丸くんのクランクに待望のヒット~!
 上がって来たのは、いままで八郎では滅多に釣れないかわいいサイズのバス!!
照れながら写真をパチリ!この後も市丸くんと僕は、色々試しますが…、
 あまりにも状況が良くないので、ここで一旦上がって作戦会議します。







 作戦会議の結果!
去年行って良い思いが出来た、野池に行ってみる事に…。

 そこの野池は、フローターで回るにはちょうど良く、
去年は市丸くんがデカイのを上げている実績が有る池です。今年はどうかな…、

 水面を覗くとここも少しアオコが有りますが、そこまで悪くなさそうなので入水します。
僕はとりあえずトップで様子を見て行きます。
 キャストして巻いて来ると、後ろから小バスが魚群になって追いかけて来ます。
『そんな大きいルアー食べれないでしょ』と、突っ込んでしまうぐらいのサイズ…、

 まだ八郎に来てバスを釣っていない僕は、とりあえず釣っておきたいので、
ここからは数釣りタイムが始まります。
 基本的には20~25cmで、たまに30cmちょいが混じる感じです。
去年よりあきらかにアベレージが下がってます。
 十分遊んでもらったので、夕マズメは八郎の東部承水路でドラマを起こしたいと思います。







 本日最後のポイント!東部承水路に入水しました!!
朝に入った西部承水路の水門を挟んだ、反対側のポイントです。

 入水してみると東部承水路は、減水していて岸際がめっちゃ浅い…、
バスが着く場所が限られて来そうで、聞こえは簡単そうですが難しいかも…。

 まあとにかく打つべし!打つべし!です。
トップで打って行くと、張り出したアシが見えて来ました。
 そこへ正確無比なキャストでポイントへ(笑)
ポーズを取り…、ワンアクション目でメガバイト!!『ヨッシャー』
 引きを存分に楽しんで上がって来たのは、44cmのバス!!
この厳しい状況下では嬉しい一匹、写真を撮ってもらいリリース!

 ここで僕は余韻を楽しみながら、しばし夢の中へ…。







 起きてみると夕マズメの良い時間なっていて、
みんなに釣果を聞いてみるとノーフィッシュ…、やっぱり状況は良くないか。

 折り返しみんなでドラマを求め打って行きます。
が、全然釣れない、打っても打っても釣れない、
 なんで…、時間帯的にも良い時間で、バイトぐらい有っても良いじゃん。
みんな諦めずにキャストしていると、
 上がる場所に近づいた時遂に市丸くんのロッドがしなる。
ついにヤッター!上がって来たのはナイスな40up!!
 その後直ぐにマッペダディ~がつづいて40cmゲット!ここからか…、
 
 しか~し、ここで1日目の釣行終了しました。




 最終日は朝から雨模様…、場所によっては強く降る所も有るみたいな事を
お天気オネ~さんが言ってます。
 少しくらいの雨ならまだ良いですが、どしゃ降りになると人間的にキツいので、
どしゃ降りだけは勘弁してほしいな~と思いながらフィールドへと向かいます。
 本日最初は、ダミーダブル常連さんの黒川君に教えてもらった野池へ。
情報だとアベレージは30~35cmで、デカイのも出てるようです。

 さて、どうなりますか…。




 野池に到着すると、すでにゴムボートが2艇浮いて池は減水している様です。
始めての場所なので、取りあえず入水してみる事にしました!

 まず僕はトップで打って行き、市丸くんは色々ローテーションして行きます。
雨はしとしと降っていて良い感じですが、トップには全くと行っていい程反応無し…。
 そこで僕は早くもクランクで中層狙い、市丸くんはワームでボトム狙いに切り替えます。
するとすぐに市丸くんが入れ食いモードに、いいな~すごいな~と思っていると、
 僕にも待望のヒット!ココのバスは小さいサイズのバスでも「ギュンギュン」引くので、
良いサイズ?って勘違いしてしまうぐらい…。
 ワーム組の岩ちゃん&マッペダディ~と合流して聞いてみると、
『いっぱい釣れる~』との事、みんなで『ここはすごいね~』と言っていましたよ!
 4人で何匹釣ったか覚えてないぐらい釣れました!!




ここの池のバスはスレていないのか、バスがルアーにバイトした時反転しないので、
アタリは重くなるだけで、最初は『ん?』て感じでヒットします!
 ワームのアタリも軽くなって手前に向かって来たり、
重くなるだけだったりで、バスちゃんが全然はなさないんです。
 関東では中々無いですよね~!!
なんて思っていると、バケツをひっくり返したような突然の豪雨!!
 さすがにスゴすぎるので、一旦上がって休憩がてら様子を見る事にします。
リサイクル屋さんで雨宿りしていると、少し収まってきたので、
 午後も同じ池に入る事にしました!
池に着くと豪雨の影響で、池の水位が30cm近く増水してるでは無いですか…、
 インレットも増え、濁りも少し入っていますが、状況はどう変わったでしょう?
早速入水します。




午前中に回ったポイントの真反対を釣って行きます。
 雨は強く降ったり止んだりと、相変わらず不安定な天気のままです。
市丸くんと僕はクランクやスピナーベイトをローテーションして行きます。
 しかし…、ココでしょってポイントに投げても、
クランクやスピナーベイトにバイトすら有りません。
 すかさず市丸くんはワームで僕はラバージグに変えてスローに狙ってみますが、
午前中程の爆発力は無く、ポツポツしか釣れません。
 岩ちゃんとマッペダディ~を見てもあまり釣れていない様子で…。
僕は少しでも良さそうな所を求め、インレットの状況を見に行く事にしました!
 インレットからは綺麗な水が流れていて、良さそうなのでクランクを投げてみると、
一投目からヒット!その後も連続でヒット!!「インレットが正解か?」
 その後は2人も釣れ始め気付けば雨も小振りなって来て、良い感じになってきましたよ~!
夕マズメになると、バズベイトやノイジーでバンバン出る様になりこれからだと思ったら、
 暗くなる頃に豪雨になりここで今回の遠征は終了になったとさ…。

PS,八郎は行くなら6月、7月が良いですね!
秋田の野池は、関東とは違うロケーションを楽しめて良いですよ~!!
 


ではまた…。byマッペ

8月12日~13日 房総野池


『 8月12、13日 房総野池釣行! 』


暑~い日が続く中、皆さんいかがお過ごしでしょうか?
暦の上では、秋になったと言うのに、連日の30度オーバー。
この季節に30度の気温は分かるとしても、
40度近い気温は、ハッキリ言って耐えられそうに有りません…。

そんな訳で、私ソースケはしばらくの間、
クーラーの効いた部屋で、ゴロゴロと本を読んで、
極力家から出ない生活をしていたのですが、
なんだかんだ言っても、釣り大好き人間の自分。
流石に釣りの虫は抑えきれなくなってしまい、釣欲を満たすために、
常連さんの国松さんと2人で、房総野池に行って来ました!
今回は、1泊しての釣りを行なうので、いつも行っている野池ではなく、
地図を片手に、新しい釣り場を探しながらの釣行です!

果たして、ツレツレパラダイスは見つかるのかな~?
天気予報を見ると、都合の良い事に少し崩れるという事なので、
2人とも心を躍らせて、レッツゴ~♪




釣行初日の明け方…。
出発前に地図を見ながら、良さそうな所にチェックを入れ、
2日間の釣行の為、のんびりと馬込を出発!
まず向かったのは、よく訪れる夷隅周辺から、
数十キロ北に上った当たりの、自分が過去に殆ど行った事の無いエリア。
一応目星を付けた野池を目指しつつも、道すがらに野池をチェックして、
到着したのは雑木林の中に佇む小規模な野池です!
若干、規模は小さいながらも、ハングや倒木等の、野池らしい雰囲気と、
所々に点在する、ウィードやリリーパッドがいかにも釣れそうです!

とは言え、そうそう簡単にパラダイスのような池が見つかる訳も無く、
結果としては、2人1尾づつで、最初の池はほどなく終了。
それでもバイトの数は、暑い最中としては以外と多く有ったのですが、
いかんせん出方がショボく、どうも小型の魚が突ついている感じでした。
試しにワームを投入した国松さんに、そうそうに小バスが釣れた事も有り、
魚の数は多そうな雰囲気ですが、プラグメインの釣りには向かなさそうな為、
そうそうに切り上げ、次なる野池を探しひた走ります!




最初の池からしばらく走り、
途中に何ヶ所かの野池に見切りを付けて、
ようやく『ここは良さそうな感じっ♪』と思わせる野池を発見しました!
ざっと見渡すと、岸沿いは切り立ったかたちになっており、
全体的にハングになっています。
大きな変化は3ヶ所のワンドで、
奥が数少ないシャローになっているであろう中規模野池。
大きさや周りの景色から、それなりの水深も有りそうで、
なかなかに良型のバスが期待出来そう♪
天気も曇って来て、気温もここ数日の中では涼しく、
風も強くなって来たので、状況も良く、
始めての野池のポテンシャルを測るには、打ってつけです!

そのような中で、意気揚々と入水して見ましたが、
どうにもこうにも反応が一切無く…。
ここぞという場所でも、追っても来ません。
ここまで反応が無いと、もしかしたら雰囲気だけで、
ダメダメなのかな~?と言う空気が2人の間に立ちこめた頃、
ようやく国松さんにヒット!!!
ライトなスピニングタックルでのファイトに、
悪戦苦闘しながら上がって来たのは、模様がとても綺麗に出ている40up!
何でも、ボトムでロングポーズを取っている時にヒットしたそうで、
その話を聞くと、予想していたよりも、なかなかにキツそうな感じです…。
そんな中でも、何か良いのはないかな~?とルアーを漁っていると、
目に留まったのは、ブレードチューンしたラトルトラップ!
コイツをボトムまで沈めて、リフト&フォールで誘ってみます!
そして数投後に、そうそうのヒット!
掌サイズのコバッチですが、
これまでの沈黙を破ってくれたので、嬉しい1尾です♪




その後、バイブレーションでのリアクション狙いが、
目論み通りに成功したのですが、先に小バスが反応してしまうのか、
どうにもサイズが上がらず…。
ここはリアクション狙いと言う方向性は変えず、
泳層を変えて、ミノーイングにチェンジ!
表層にまで追って来るのは、サイズが大きいのでは?という考えです。
…。
そして、こちらも狙い的中です!
水中まで倒れ込んでいる木の脇を、
ロングAのトゥイッチングで誘っていた、国松さんにヒット!
下へ下へ潜る強烈なファイトの末に上がって来たのは、
キズ一つ無い、綺麗なプロポーションの40UP♪
かかり方もとても良く、ルアーに真ん中からバックリと食い付いており、
猛然と襲いかかったのが、分かります!
こんなに良いバイトをする魚がいるという事は、
これはまだまだ行けるんじゃない?と、俄然気合いが入ります!
そんなこんなで、ようやく調子が出て来た所で目に留まったのが、
大きな木が沈んで、水面まで枝が飛び出している、
絵に描いた様に、美味しいポイント!
と言っても、誰もが一級ポイントと思う所は、
とてもプレッシャーが高く、ラインやルアーが絡まっていて、
なかなかに結果が出ないものです。
それでも、半ば釣れないだろうと思いながら、投げてしまうのが釣り人。
かく言う自分もその口で、隅から隅までくまなくキャスト!
細かくキャストを続けてみましたが、案の定反応は無く…。
ですよね~と、諦め気味に最後に一投と先端に投げたところで、まさかヒット!
こちらも体高が有る、綺麗な魚体の40upが上がって来ました♪
なんだか諦めムードの中で釣れて、変な驚きとなり、
妙に嬉しい1尾になりました♪

それからも、テンションが上がったまま、
暑い中で釣り続け、数本づつ追加した所で、体力の限界に到達…。
2人共、イマイチまともな睡眠を取らずに来た為に、
猛烈な睡魔に教われて、お次の池を目指しつつも、
日陰にて、夕マズメまで一旦休憩タイムを挟みます。






短いながらも深い眠りから覚めて、
外を見てみると、天気予報通りの雨が降っていました!
私生活の中では、雨が降るとテンションが下がりますが、
釣りに来ている時には別問題!
なんていいタイミングで降って来たのかかしらと、
起き抜けのボケた頭を降る回転させ、
期待を膨らませて釣り場に向かいます♪

この日最後の場所に選んだのは、
山間部の大きめの堰で、過去に一回だけ来た事が有り、
その時は途中で上がってしまい、あまり釣れなかった記憶が有りますが、
時間も時間で、悩むくらいならと、チャレンジしてみました。
入水そうそうに気が付いたのは、
水温が尋常では無いくらいに上がっていて、
まるでお湯の様になっている事…。
雨も、到着そうそうに止んでしまい、かなりキツそうです…。
かといって、今更移動も出来ずに釣りを続けますが、
一切の反応が無く、生命感も全然感じる事なく、
気が付くと、アタリが暗くなって来てしまいました…。
それでもバイトが訪れる事はなく、
心が挫けて、終了の音楽が頭に流れ始めた頃に、
ようやく国松さんにヒットです!
こちらの池の初バスは、シャッドラップをガッチリとくわえた、
グッドファイトを見せた、ナイスなバス♪
そして国松さんの快進撃は続き、シャッドラップで、
連発モードに突入です!

それからは、ようやくバスのテンションが上がって来たのか、
ポツポツと釣れ始め、2人共にトップやクランクで、
数本のバスをキャッチした所で、満足の末の納竿です♪
なんと言っても、次の日も釣りをする訳ですから、
ゆっくりと睡眠を取って、体力の回復を図らないと行けません!
そんな訳で、宿泊地へと向かい、
明日への期待を膨らませての、就寝となりました~♪







そして迎えた、2日目の朝…。
前日に釣りのし過ぎで、あまりにも疲れていたせいか、
目覚ましにも気が付かない程の、深い眠りに落ちていたみたいです。
気が付いてみると、お日様がずいぶんと高く上っていて、
どちらかと言うと、お昼に近いくらいの時間帯。
もそもそと起き抜けにご飯を食べて、
ゆっくりとのんびりしながらの出発です!
向かった先は、前日から目星を付けていた野池!だったのですが、
ふらりと立ち寄った池が気になってしまい、
急ぐ訳でもないので、取りあえず入水決定!

こちらの池は、山間の谷間をせき止めた感じの、
中規模な細長い池で、ハングがキツく、藻が水面に浮いていて、
沢山の日陰を作っており、日差しの強い中でも、釣りやすそうな感じです!
水質や水温もなかなかに良く、これは早々に釣れちゃいそうな感じ♪
で~も釣れないのが現実…。
マット化した藻の上をフロッグで誘ったり、
障害物まわりを丹念に、色々なルアーで探ってみますが、
全然反応が無し…。
前日の感じでは、魚がボトム付近にいる様子なので、
沈めてじっくり探らないと行けないのかも知れません。
とは言えこちらの池は、谷をせき止めたかたちなので、
様相以上に深く、且つシャローが皆無と来ています。
これは太刀打ち出来ないかも知れないと思いつつも、
国松さんはミノーのトゥイッチングで突き上げバイト狙い、
自分は、半ば冗談でもって来ていた、セダ-400をニーリングしていきます。

そして、祈る様に釣りをしながら、
池を半分くらい来た頃に、ようやく自分にヒットです!
釣れたのは、そこそこサイズのバスさんで、
『よくこのビッグクランクに食い付いたな~』と思うような1尾です♪
なるべく深く潜らせた方が良いとは思っていましたが、
まさかこのサイズのルアーで釣れるとは思ってもいなかったので、
この1尾でもう満足のいく結果です♪
それからは、前半の沈黙がウソの様にバスの反応が増えて来て、
国松さんもミノーでキャッチ♪
小型ながら、チェイスが多数有るみたいで、ヒットが続きます!

気が付くと、アッと言う間に一周してしまい、
ふらりと立ち寄ったにしては、予想外の釣果に大満足♪
何だか満足し過ぎて、落ち着いてしまいます。
始めに目指していた池に行くのも、何だかな~という空気が流れ、
いつもなら、『これからまだまだ釣りをするぜっ!』と言う時間ながら、
あまりの充足感&肉体疲労に、のんびりと帰る事に相成りました。

今回は、久しぶりに泊まりがけの釣りに行き、帰りながら、
しばらくは釣りしなくても良いかな~なんて思う程でしたが、
一旦家に帰ってしまうと、それでも釣りに行きたくなってしまいました♪
『暑くて釣りなんか行ってられるか~!』とか思っていた時期もありましたが、
結局は釣りが大好きみたいです。
おそらく時間を見つけては近いうちに釣りに行くと思います!
皆さんも暑さに負けず、釣りを楽しんで下さい♪
それでは今回はこれにて終了~です。
バイバイキ~ン♪








 By ソースケ

.