DUMMY DOUBLE

オールドルアー&ユーズドルアーの委託、買い取り、通信販売

★中古骨董疑似餌釣具★マニアックなルアーマン達の隠れ家的な秘密基地!!!

釣れちゃった! 2011

05月26日 芦ノ湖


梅雨入り間近、5月26日。
ノーザン・ラージマウス・バスの聖地、
憧れの芦ノ湖へ!
五月も下旬…。
バスシーズンとしては、ビッグフィッシュの期待が最も高い季節です。
スポーニング絡みで、ランカーが、否応無しにシャローに訪れ、
「50up! いやっ、あわよくば60up!」
な~んてバスに巡り会える可能性も有り~の、この季節。
バスキチとしては、実際の所、居ても立っても居られないシーズンですよね!
「どうせ、デカバスを釣るんなら、ロケーションの素晴らしい所に行っちゃわない?」
的な発想のもと、
今回は、KYOさんと、ソースケ君、そして私SASAの美人三姉妹で、
ビッグな赤星バスを求めて、日本で最も古いバス・スポット、
箱根芦ノ湖へと出掛けました!

噂では、芦ノ湖はコンディションも上々♪
デカめのミノーのタダ巻きで、デカバスがバ~ンバン釣れているとのこと♪
しかも、箱根と言えば、ただ、その場にいるだけでも癒されてしまう、
超リラクゼーションな、霊的ハイパー・パワー・スポットなだけに、
癒されて、プラス、でっかいバスまで釣れっちゃって、
身も心もダブルでトロケテしまおうというムフフな魂胆…。

はたして、釣り淫獣と化した、か弱い三姉妹は目論見通りに釣れるのかしら?
それではレッツラ・フィッスィ~ング!

出船の準備♪おおばボートのスタッフの方はとても親切で頼りになります。彼氏にしたい感じです♪
出船の準備♪おおばボートのスタッフの方はとても親切で頼りになります。彼氏にしたい感じです♪

早朝の桟橋周り…、この綺麗な湖には、いったい、どれほどのデカバスが居るのでしょう?
早朝の桟橋周り…、この綺麗な湖には、いったい、どれほどのデカバスが居るのでしょう?

KYOさんも、いつに無くテンションが高いご様子♪芦ノ湖の魅力ゆえ?
KYOさんも、いつに無くテンションが高いご様子♪芦ノ湖の魅力ゆえ?

私にとっての芦ノ湖は、ざっと20年ぶり…。
実釣は今回が二回目で、殆ど芦ノ湖ビギナーな私です…。
ずいぶん昔の前回の釣行は、確か真夏頃だった気がします…。
幼なじみの岡部君と、
箱根湾のボート屋さんでローボートを借り、二人でボートに乗り、
憧れの、初めての芦ノ湖にワクワクの釣行でした。

その時の釣りは、
前半戦は、トップやら、クランクやら、持って行ったタックルで、
可能な限りの釣りをしてみましたが、バスがなかなか見つけられず、
延々とノーフィッシュで時間が経過して行き…、
何処まで見渡しても、何もかも見え過ぎてしまいそうな、
透明感の有る水質に打ちのめされておりました…。

二人とも半ば諦めかけていたところ、
遊覧船の出港した桟橋の下に、沢山のバスがサスペンドしている事を見つけ、
岡部君は、ラバージグで…、
私はダメ元でラトリンラップを桟橋の下にブチコンでみました…。

すると、思いがけず私のルアーをバスがひったくったのです。
初の芦ノ湖バスは
、かなりパワフルなファイトをし、
私は、感無量の中で、
一匹目のバスをゲット!
釣れたのは42㎝の、なかなかのサイズのバスです。
体色がキラキラとしたグリーンに輝き、とても綺麗でした…。
この時の嬉しさは、いまだに記憶に刻み込まれています。

全ての空気を入れ替えた気分に成り、ノリノリな気分もよみがえります。

一匹釣れると、何となく「これかな?」と言う方法が分かり、
束の間、運休中の、双胴船型の遊覧船のお又の下に、
またもラトリンラップを投げ込んで、さらに38㎝のバスを追加。

最初は、何をやっても中々釣れず、途方にくれて、
苦心惨憺な思いの釣りを余儀なくされましたが、
ひょんな事から、バイブレーションで2匹釣れたのは、
ある種幸運だった気もします…。

自分には、何とかギリギリ、素敵な芦ノ湖の思い出が出来はしました♪
ですが、残念ながら岡部君の竿はしならず、
彼には苦い思い出になってしまった様です…。

桟橋周りで、軽く40㎝を超えるバスちゃんがウロウロ…、期待が高まる光景です…。
桟橋周りで、軽く40㎝を超えるバスちゃんがウロウロ…、期待が高まる光景です…。

この日の芦ノ湖は、現在、ミッド・スポーンの時期です。デカバスがシャローに満載との事です♪
この日の芦ノ湖は、現在、ミッド・スポーンの時期です。デカバスがシャローに満載との事です♪

湖岸で、可愛いニャンコがお魚をとっていました♪上手にすくっていましたよ!
湖岸で、可愛いニャンコがお魚をとっていました♪上手にすくっていましたよ!

KYOさんにとっての芦ノ湖釣行は、
トラウト釣りでは数回訪れておられる様ですが、
いつもは、トローリングが主体で、
ボートでバス釣りをするのは殆ど初めてとの事…。
ソースケ君に至っては、芦ノ湖は初めてなので、
何とも、ほぼ芦ノ湖ビギナー三人集なのでございます。

さて、
夢を胸一杯に溜め込んで、鼻息荒くのフィッシングの開始です♪
今日は、バスのみでなく、
レインボーや、ブラウンも一緒に狙いたい、三面狙いのかまえ!
そんな釣りが楽しめるのも、この季節の芦ノ湖の魅力と言えます。

出船は、おおばボート。
KYOさんのお友達の平田さんが、
お休みを返上し、見送りに来て下さいました。
平田さんや、よく働いて下さる、
爽やかなスタッフの方に最近の情報やアドバイスを頂き、
いざ出航!

出港時、
シャローにウロツイテいるデカバスを発見!
ゆうに45㎝は有りそうです♪
三人の気持ちはすでに沸点を超えておりますぞよよよ~!

今日の私のタックル達!テーマは80年代のダイワです♪ノスタルジーに浸ります…。
今日の私のタックル達!テーマは80年代のダイワです♪ノスタルジーに浸ります…。

今日もエビンルードは快調です!20年選手とは思えない足取りなのです♪
今日もエビンルードは快調です!20年選手とは思えない足取りなのです♪

優雅に遊覧船が航行を始めました…。さすが有名レジャースポットと言う感じです。
優雅に遊覧船が航行を始めました…。さすが有名レジャースポットと言う感じです。

人を乗せたボートは、おおばボートを背にし、
反時計回りに進行します。
今日は、エンジンをソースケ船長が担当し私がエレキ担当です。

私の岡部君との前回の釣行は箱根湾付近だったので、
湖尻エリアは全く初めてのポイント!
なので、ワクワクさんもジャンボ・マックスです♪

早速、行く手に美味しそうな桟橋群を発見!
そろそろと桟橋に近づくと、
シャローには、すでに抜け殻となったスポーニングベッドが多数有り、
時折、バスが泳いでいたりもします。

我慢汁全開のケーパーな三人集は、一目散にキャストを開始!
三人で釣りをしていると殆ど絨毯爆撃!
まるで、東京大空襲の様相です。
よもや、宇宙戦艦ヤマトのパルスレーザー全面掃射的攻撃の我々、
ですが、しばらくキャストを続けますがバスの反応はありません…。
「まっ、こんなにアッサリと釣れてしまったのでは、ありがたみも有りませんよね!」

取りあえず、全弾打ち尽くし気味の我々は、
このポイントに見切りをつけて、
良く釣れると前評判の高い、早川水門へと移動してみます♪

最初の大場所、ハヤカワの河口付近。スポーニングベッドには、軽く50㎝はありそうな、多数のデカバスが現認出来ます!
最初の大場所、ハヤカワの河口付近。スポーニングベッドには、軽く50㎝はありそうな、多数のデカバスが現認出来ます!

ベッドのバスは、中々我々を相手にしてくれません。360度バスがいそうなポイントばかりです…。
ベッドのバスは、中々我々を相手にしてくれません。360度バスがいそうなポイントばかりです…。

神々しい景色♪箱根のマイナスイオンに、日頃の疲れが流れ出して行きます…。
神々しい景色♪箱根のマイナスイオンに、日頃の疲れが流れ出して行きます…。

早川水門は聞きしに勝るポイントです!
大きな水門の出口にはネットが張られていますが、
そのネットや、ネットのフロート・ブイもポイントの一部と成っており、
所々に、まるでイゼルローン要塞(銀河英雄伝説参照)の様な大岩が有ったり、
広大なシャローエリアには現認出来るベットも多数有ります。
スポーニングベッドは、まだ、いくらかバスがポジションをとっておりまして、
しかもどれもこれもデカバスばかりです♪

某釣具店店長の事前情報で、
『デカめのミノーの早巻きや、スピナーベイトの表層引きが良い!』
との素敵な情報を教えてもらっていたため、まずは試してみます…。
そして『出来るだけロングキャストするのが大事!』だとの事でしたので、
渾身のフルキャスト全開です!
同、事前情報では
『スポーンを終えたメスのデカバスのスクールが回遊している!』
と言う状況らしく『そいつらがデカめのミノー等に反応する!』そうで、
正に興奮誘発的魅惑情報に頭が爆発しそうです。

いつ釣れるかも知れないデカバスに神経を集中!
ノドン、テポドンよろしく、キャストを繰り返す我々…。
ところが何故かバスは一切反応してくれません。
(やはりテポドン的なキャストは制度がダメなのか?)

事前情報の『スポーンを終えたメスのデカバスのスクールが回遊している!』
と言う状況にも巡り会えず、バスからの反応は全く無し…。

私は、視点を変えて、ディープ・クランクでボトムを叩いてみたり、
サスペンド・ミノーでストップ&ゴーを試してみたり…。
(ラジバンダリ~、古い…)
ソースケ君は、ポップRで、
ヤル気の有るバスをおびき出そうとしたりしてみるのですが、
そちらも全く効果無しです…。

「もしかしたら小さめのルアーの方が良いのかな?」
なんて、ちらりと頭を過りもしましたが、
見えバスのデカさがデカすぎるだけに、
自ずとデカめのルアーをセレクトしたくなるロケーション…。
とにかく一匹釣っておきたいところです…。

我々は、常に偏光グラスで水中を見ながら、
バスの反応は無いかと確認しながら釣りをしていましたが、
確認出来る限りバスは全く追っても来ません…。
というより、バスにルアーが近づくと逃げちゃう感じ…。

「あれ? あれれ?」

何だか『噂』で聞いていた話しと違う感じですぞよよよよ~…。

未だ、釣果は有りませんが、ロケーションの素晴らしさに満喫の我々です…。
未だ、釣果は有りませんが、ロケーションの素晴らしさに満喫の我々です…。

デカバスが期待出来そうな桟橋です♪大の大人が色めき立ちます♪
デカバスが期待出来そうな桟橋です♪大の大人が色めき立ちます♪

シャローは、なかなかにタフなので、ソースケ先生がニーリングを試みます…。
シャローは、なかなかにタフなので、ソースケ先生がニーリングを試みます…。

残念な雰囲気で、しかたなく早川水門を諦め、
船を、七里ケ浜から深良水門に向かいながら、
釣り流してみます…。

空模様は、天空の威厳を表した様な黒雲が立ちこめ、今にも雨が降りそうな気配…。
天気予報も、午後からは雨の可能性が高いとの情報。
風もやや強く、ボートをステイするのも少し難儀な感じです…。
ですが、裏を返せば釣りには打ってつけのはず。
きっと、デカバスが釣れるに違いないと思える気分です。

それにしても美し過ぎるロケーション♪
KYOミノーの美しさが、芦ノ湖に完全に溶け込んで行きます…。
そして、鳥の声や、時折風に乗って訪れる大湧谷からと思われる硫黄の匂いが、
未だ釣れない三人の心を浄化してくれる雰囲気です…。

KYOさんはミノーをメインで、
ソースケ君は、ポッパーを駆使し表層をカバーし、
私は、アンダーな感じで探って行きます…。
この布陣なら、もはや、死角無し!
ここまですれば、必ず釣れちゃうんじゃないかなぁ~?

海賊船の到来!最近はワンピースの人気が凄いですね!
海賊船の到来!最近はワンピースの人気が凄いですね!

象徴的なホテル。今日は温泉に入ってユックリしたい気分に成りつつあります…。
象徴的なホテル。今日は温泉に入ってユックリしたい気分に成りつつあります…。

11PM服部名人の定宿。一度は泊まってみたいものですね♪
11PM服部名人の定宿。一度は泊まってみたいものですね♪

しばらく流して釣りをする我々…、
ディープに隣接した岬や、緩やかなシャローエリア、
沈んだ倒木など、見るもヨダレなポイントが目白押しです。
バス釣りの教科書で言えば『ここで釣れます!』的なストラクチャー三昧!
ですが、
なぜか…?
どうしてか…?
バスの反応が相変わらず御座いません…。

すっかり、漫然と釣り流す三人なのであります…。

時間は九時を回った頃、とある、ディープに隣接した岬の沖目で、
ソースケ先生の投げていたレーベルポッパーに、
『ドズコォーン!』と巨大魚がチェイス!
呆気にとられる我々…。
残念ながらフッキングならずでしたが、
どうやら、餌を求めて回遊していたブラウントラウトが出たもようです。
「あ~、フックアップしていれば…」惜しい一撃であります…。

ですが、巨大なトラウトが反応すれば、
我々のエンジンも再度噴け上がります!
少し停滞したムードが訪れていた心に、
新たなエネルギーがチャージされました。

沖では、トローリングを楽しむボートも出ております。トラウトも、まだまだ楽しめる様ですよ!
沖では、トローリングを楽しむボートも出ております。トラウトも、まだまだ楽しめる様ですよ!

美しいロケーションに反して、かなり厳しい芦ノ湖…。まさかのノーフィッシュが頭を過ったりしててててててぇ~…。
美しいロケーションに反して、かなり厳しい芦ノ湖…。まさかのノーフィッシュが頭を過ったりしててててててぇ~…。

桟橋の下には、必ずと言って良い程バスがストックされております。一匹釣りたい所です…。
桟橋の下には、必ずと言って良い程バスがストックされております。一匹釣りたい所です…。

先程のエピソードに、話しが盛り上がりつつも、
ながら釣りで、小杉の鼻付近まで流しますが、
相変わらずで、バスの反応は無し…。
「もしかすると、風下側のこちら岸よりも、対岸側の方が良いかもしれない?」
的な判断で、大移動を決意。
キャプテン・ソースケ先生はセルを回し、フルスロットル!
一気に竜宮伝を超え、山ノ神付近まで移動します。
そして、このままエレキで流しつつ、釣りをする感じです。
途中、美味しそうな桟橋や、ハングを見て来たので、
きっと、間違いなく、何処かで釣れるはず?

桟橋の下には必ずと言っていい程、良型のバスが入っていました。
そして小バスのスクールも…。
桟橋周りのバスは、たまに、申し訳程度にルアーに反応の気配を見せますが、
とても警戒心が強く、我々が見られてしまった場合には、
おしなべて、一切のシカトでふられてしまいます…。
やはり、狙いやすいポイントなので、スレてしまっているのかも知れません…。

続いて…、
ハングのポイントに差し掛かり、
シェードの中へとキャストの雰囲気に…。
すると、時々、潜んでいたブラウンが目の前までミノーを追って来たりします!
「むむっ!釣れるかな?」
と思いますが、どうしても目の前で見切ってUターン…。
ううむ~…、一筋縄では行きませんなぁ~…。
ハングの下にはバスもついていそうなのですが、
バスの反応はありません…。

すっかり、時間も三時近くとなってしまったので、
ここは、今日一番でバスの魚影が多く現認出来た早川水門へ移動を決意。
最後の希望を託すこととします。

アッチのポイントも、コッチのポイントもバスはシビアです…。透明度の高い水のせいか、全て見透かされている気に成ってしまいます。
アッチのポイントも、コッチのポイントもバスはシビアです…。透明度の高い水のせいか、全て見透かされている気に成ってしまいます。

20年程前に訪れた芦ノ湖で、この遊覧船の下にルアーを投げて40upを釣った思い出が過ります…。
20年程前に訪れた芦ノ湖で、この遊覧船の下にルアーを投げて40upを釣った思い出が過ります…。

最後に、もう一度訪れた早川口で、遂に待望のヒット!幻の70upの凄いやつ!ちゃんと口で喰っています…。(苦笑)
最後に、もう一度訪れた早川口で、遂に待望のヒット!幻の70upの凄いやつ!ちゃんと口で喰っています…。(苦笑)

釣れずに悶々としている、欲求不満なオッサンの期待を、
一手に引き受けた形と成った早川水門…。
ある種気の毒と言えば気の毒な状態です…。
すでに「おい!釣れなかったら恨むからな!」な我々も、
最後の希望を卑屈な程にこのエリアに託しまくります…。
とは言え、
とにかく、投げてみなければ釣れないのが釣りと言うもの、
最後は自力本願で挑むのみです…。

ところが、…釣れない…。
何を投げても、釣れない…。
完膚なきまでに、…釣れない…。
今日はノーフィッシュ的なエンディングなのか…。
諦めがガッツリと心を覆い尽くす感じです…。

ふと見ると、
水門を出た所に在るイゼルローンな大岩の脇を、
巨鯉の群れが優雅な雰囲気で横切る感じ…。
まるで、我々三人をあざ笑うかのような光景です…。

その光景に『プッチ~ン!』と神経の切れてしまった私!

無意識にその巨鯉の進路前方にスレッジをキャスト!
「クリクリッ」と二巻きしてステイ…。
「この際だから鯉でもつれちゃえ!」と声にした途端に強力なバイト!
まっ、まさかのバス♪
しかも、超ドデカバス?!?!?

ん~な訳ゴザンセ~ン…。

ものの見事に巨鯉がフッキングしておりました…。(しかも口に)

バスでは到底味わえない様な重低音の効いた引き絞りに、
KYOさん、ソースケ先生の、訳の分からないテンションの、
「いいなぁ~♪」の声援ではげまされ、
へんてこな雰囲気で、力強く、ヘラヘラ笑いを踏まえ、ナイスフェイトを経て、
二人の力を借り、やっとの思いでランディングの成功。
嬉しいやら?
恥ずかしいやら~、
悲し気やら…。

大きさを測ると70㎝越えです…。

「あぁ~!バスの100倍引くわぁ~」(二つの意味で)

まさかの、バッカルコーンな巨鯉ゲットで、
何とも言えない、複雑な心境な私めでございます…。

「グー!」じゃ無いっつーの!すでに、へんてこりんなテンション状態に突入の私です…。
「グー!」じゃ無いっつーの!すでに、へんてこりんなテンション状態に突入の私です…。

美しすぎるだけの景色の中、一心不乱のキャストも虚しく、終了時間は近づくのです…。
美しすぎるだけの景色の中、一心不乱のキャストも虚しく、終了時間は近づくのです…。

輝ける湖面にて、水鳥が優雅に泳いでいましたとさ…。
輝ける湖面にて、水鳥が優雅に泳いでいましたとさ…。

その後は、
訳の分からないブリリアント・アゲポヨ~なテンションのまま、
一切、バスには巡り会えない始末の我々のままで、
本日のミッション終了…。

残念…。
無念…。

おおばさんに帰り、その日の釣果を聞いてみた所、
バスは「竿頭の人は7本釣って、一番大きな魚が45㎝」だったそうです。
ポイントは九頭竜付近のハングの下、何気に我々もやっていたポイントです。
ヒットルアーは阿修羅!
(なんと、デカミノーじゃなかったの???)

それにしても、いつにも増してお粗末な釣行…。
大の大人が、三人揃ってタコ坊主とは…。

釣りに行く前までは、
憧れに、あれほどキラキラしたイメージの芦ノ湖も、
少しだけ恐くなってしまっています…。
今は、あの日の岡部君の気持ちが痛い程わかる感じです…。

ですが、近日中にリベンジしますよ!
今度は絶対に釣ってやりますぜ!

やりますとも~!

毎度、お粗末極まり無い釣行記もこの辺で…、
また次回、
お会いいたしましょうぞネ!

では、ハイチャラバ~イ♪

by SASA

110603

「ヘッタッピどもめ、芦ノ湖の手強さを思い知ったか?今度はもっと気合いを入れて釣りに来やがれよ!」なんて言ってないよね~?
「ヘッタッピどもめ、芦ノ湖の手強さを思い知ったか?今度はもっと気合いを入れて釣りに来やがれよ!」なんて言ってないよね~?



5月10日
大膳池~新利根川
爆釣!ロマン釣行の巻き♪

どうもぉ~、昼間っからコンバンミィ~♪
ダミーダブルのトッツァンボーヤこと、メタボリックSASAどぅえす!
皆さんは、ゴールデンウィークは釣りに行かれましたか?
案外、釣りに行きたくても行けなくて、五月病になっていたりしませんよね?
短い人生!
気が付くと、アッと言う間に時間ばかりが過ぎて行ってしまいますよ!
「どうせ一度の人生さぁ~♪」
バスもすでに釣れ釣れシーズン突入です♪
ガンガン釣りに行きまっしょい!

てな訳で、(どんな訳?)
今回は、前回の亀山ダムでの釣れなさ加減の残念感を打破すべく、
誰でもたくさん釣れちゃう、小バスの宝庫、大膳池へと行ってきました!
では、つたない文章力の釣行記、始まり始まりぃ~♪

今日は国松さんと、ソースケ君と、カヌーで3人乗りです♪
今日は国松さんと、ソースケ君と、カヌーで3人乗りです♪

入水早々、早速ソースケさんが『ポップ-R』でヒット!大膳池のアベレージです♪
入水早々、早速ソースケさんが『ポップ-R』でヒット!大膳池のアベレージです♪

続いて国松さんがクランクベイトで!
続いて国松さんがクランクベイトで!

束の間、はんぺんワーム(フロッグ風)で一本!
束の間、はんぺんワーム(フロッグ風)で一本!

ソースケ先生、はんぺんで2連続!ニンマリ♪
ソースケ先生、はんぺんで2連続!ニンマリ♪

すかさず国松さんがソフトフロッグで!なんと、我が輩、取り残されております、とほほ…。
すかさず国松さんがソフトフロッグで!なんと、我が輩、取り残されております、とほほ…。

今日の大膳池は、入水して束の間、
ソースケ先生の『ポップ-R』にバスがヒット!
殆ど入水5分の出来事です…。
その後、間髪入れずに、国松さんソースケ君が入れ替わり釣って行きます…。
何故か出遅れる我が輩…、やはりカヌーに3人乗りのシンガリは厳しいか?
けっこう投げているのに釣れないのはキツいです…。
しかも前の二人はイージーに釣っているし…。
日頃の悪行が祟ったかな?
なんて考えていたら、やっとの事で自作のバイブレーションにヒット♪
天は我を見放さずでした。
さあ!勢い付けて釣りまくるぞい!

おっ!やっと釣れた一本は、自作のフローティング・バイブレーションで♪
おっ!やっと釣れた一本は、自作のフローティング・バイブレーションで♪

魚は小さいものの、釣れ釣れモードで楽しくフィッシング♪
魚は小さいものの、釣れ釣れモードで楽しくフィッシング♪

今日の私のタックルのテーマは80年代シマノ!ノスタルジ~にまいります♪
今日の私のタックルのテーマは80年代シマノ!ノスタルジ~にまいります♪

大膳池は、ヒシモが多く、沖の見えバスを探しとります♪
大膳池は、ヒシモが多く、沖の見えバスを探しとります♪

ソースケさん、見えバスにロックオン!背中に殺気が漂います…。
ソースケさん、見えバスにロックオン!背中に殺気が漂います…。

あらら、二人してバックラッシュ直してたりしてぇ~…、少し力み過ぎちゃったかな?
あらら、二人してバックラッシュ直してたりしてぇ~…、少し力み過ぎちゃったかな?

気を取り直してレッツゴー!
気を取り直してレッツゴー!

我が輩、ピーナッツⅡでチビバスをゲット!
我が輩、ピーナッツⅡでチビバスをゲット!

続いて『MOSSY LURES』さんの『どっぷんねずみ』ちゃんでゲット♪
続いて『MOSSY LURES』さんの『どっぷんねずみ』ちゃんでゲット♪

ソースケさんも『MOSSY LURES』の『ひゅっとこ』でゲット!
ソースケさんも『MOSSY LURES』の『ひゅっとこ』でゲット!

今度は『one day one fish』さんの『野蝉・弐』を使ったら、なんと巨ギルが釣れちゃった♪
今度は『one day one fish』さんの『野蝉・弐』を使ったら、なんと巨ギルが釣れちゃった♪

今日の我が輩のロッドはシマノ、カラテ・スティック、リールはバンタム!素敵でしょん♪
今日の我が輩のロッドはシマノ、カラテ・スティック、リールはバンタム!素敵でしょん♪

今日の我が輩は、シマノの80年代の、
ノスタルジックなタックルをセレクトしています
リールはバンタム!ロッドはカラテスティック!
色んなルアーで釣りたいコンセプトです。

今日のソースケさんは、はんぺんワームにハマってます「だってウィードレス効果が高いんだも~ん♪」
今日のソースケさんは、はんぺんワームにハマってます「だってウィードレス効果が高いんだも~ん♪」

国松さんもバシバシ釣って行きますよ♪
国松さんもバシバシ釣って行きますよ♪

いつに無く真剣な表情…。獲物を狙う男はセクシーなのです♪
いつに無く真剣な表情…。獲物を狙う男はセクシーなのです♪

綺麗な風景の大膳池は、アベレージが小さいものの、たくさん釣れます♪
綺麗な風景の大膳池は、アベレージが小さいものの、たくさん釣れます♪

今日は、地震の為か、堰の補修作業していて、水位が下がっております。
今日は、地震の為か、堰の補修作業していて、水位が下がっております。

いつもなら、ビッチリのハングの下がキャストしやすいので楽ですが、その分スレている部分もあります。
いつもなら、ビッチリのハングの下がキャストしやすいので楽ですが、その分スレている部分もあります。

今日は、天気予報が午後から雨と言うのがバッチリ当たり、
昼前位から、ポツポツと雨が降ってきました…。
カッパを着るには少ない雨、ですがジットリ塗れる微妙な雨です。
そんな雨の中、釣りバカ三人集は、釣りに夢中で、カッパを着る気が起きない感じ…。
良い年して、風邪なんか引いても知らんけんね~。
でも、こう言う天気って、良く釣れますよね~♪

日頃は沈んでいるポイントが目の当たりです。
日頃は沈んでいるポイントが目の当たりです。

深い緑の中で、鳥達のさえずりを聞きながら、優雅な時間に包まれます。
深い緑の中で、鳥達のさえずりを聞きながら、優雅な時間に包まれます。

今度はビルノーマンの『タイニー-N』でゲット!
今度はビルノーマンの『タイニー-N』でゲット!

『スーパー・ジョージ』をホーリングしたら、ギルッ子さ釣れたっぺ~…。
『スーパー・ジョージ』をホーリングしたら、ギルッ子さ釣れたっぺ~…。

懲りずに『スーパー・ジョージ』を投げたら、今度はまぎれもなくバスでした♪
懲りずに『スーパー・ジョージ』を投げたら、今度はまぎれもなくバスでした♪

国松さん、狙い通りバズベイトで一本!「うれすぃ~♪」(国松さんの写真の後ろ、必ず背後霊有り)
国松さん、狙い通りバズベイトで一本!「うれすぃ~♪」(国松さんの写真の後ろ、必ず背後霊有り)

バズで釣れたので大好きな『ウバンジ』を投げました!「つれたよ~ん♪」(背後に…)
バズで釣れたので大好きな『ウバンジ』を投げました!「つれたよ~ん♪」(背後に…)

ソースケさん、ケジュンのスピナーベイトでゲット!
ソースケさん、ケジュンのスピナーベイトでゲット!

私も便乗、大好きなフィネス・スピナーベイト!
私も便乗、大好きなフィネス・スピナーベイト!

途中、ギルの応酬を受けたりもいたしましたが、
テンポ良く釣れるので、カヌー上は楽しい会話も絶えません♪
釣れない釣りも考え抜く部分が楽しかったりしますが、
やっぱり釣れるに越した事はありませんね!
もう、誰が何匹釣ったかなんて分からない感じになって来ています。
ですが、ここらで一発!大きめの魚が釣りたい所です。

連続して釣れちゃいましたよ♪
連続して釣れちゃいましたよ♪

国松さんがバイト!
国松さんがバイト!

暴れるバス君!(バレろ!バレろ!)
暴れるバス君!(バレろ!バレろ!)

国松さんも、便乗スピナーベイトでゲットです♪グッジョブ!
国松さんも、便乗スピナーベイトでゲットです♪グッジョブ!

ソースケさん、念願の『バンブルビー』の『オキチョビ・スペシャル』でゲット!
ソースケさん、念願の『バンブルビー』の『オキチョビ・スペシャル』でゲット!

おっと!我が輩、スタンディングでキャストですか?
おっと!我が輩、スタンディングでキャストですか?

っと言う訳で、チビチビ的な見えバスをポイ~ン♪
っと言う訳で、チビチビ的な見えバスをポイ~ン♪

なぜこのサイズばかり…。父母は何処ぞ…。
なぜこのサイズばかり…。父母は何処ぞ…。

ソースケさん『ボーイハウディー』で釣ってにんまりんこ♪
ソースケさん『ボーイハウディー』で釣ってにんまりんこ♪

国松さんもトップでフィッシュ!
国松さんもトップでフィッシュ!

ベビトーで釣れましたよ♪
ベビトーで釣れましたよ♪

大膳池は、この季節、程よく生えたヒシモのお陰で、
沖目でもバスが釣れてくれます。
三人でキャストしていても苦にならず、それぞれが程よく釣れてくれます。
もちろん、いつでも良く釣れるという訳ではありませんが、
この日の大膳池は当たり日だった様です。
三者三様の釣りで程よく釣れるのは有り難いです。
三人が、十分に釣って、当初の予定より三時間程遅れて、
午後三時過ぎに一旦引き上げ、新利根川へと向かいます。


突然現れた311大震災の爪痕が行く手を阻みます!
突然現れた311大震災の爪痕が行く手を阻みます!

こんなにまでも凄い事になっていたとは…。平衡感覚を失ってしまいます。
こんなにまでも凄い事になっていたとは…。平衡感覚を失ってしまいます。

地割れなんて、マンガの世界の中だけの話だけだと思っておりました…。
地割れなんて、マンガの世界の中だけの話だけだと思っておりました…。

正に安全第一ですぞ!東京電力さん…。
正に安全第一ですぞ!東京電力さん…。

大膳池を離れて、新利根川に向かう道すがら、目の前に異様な光景が…。
テレビのニュースでは見ておりましたが、震災で液状化した道路が!
地割れを起こしている場所に出くわしたのです…。
この様な光景を見ると、きっと東北の被災地は、
さぞかし大変な事になっているんだろうと、あらためて感じてしまいます。
早く、原発の事故がおさまり、復興の日が訪れて欲しいと願うばかりです…。



再度、新利根川に向かう途中、雨が本降りになってきました!
このまま激しくなる様なら後半戦の釣りは中止です。
ですが、取りあえず現地まで行って、後はその時に決める感じで…。
まだまだ釣れそうな気配はするんですよね…。

ボートを降ろすスロープ近くの牛小屋、人なつっこい牛さん達です♪
ボートを降ろすスロープ近くの牛小屋、人なつっこい牛さん達です♪

橋脚をじっくりと狙います…。
橋脚をじっくりと狙います…。

橋の上から、見えている杭の脇を狙っているのです。
橋の上から、見えている杭の脇を狙っているのです。

ところ変わって新利根川、まだ雨は降っております、
そりゃそうです、午後の降水確率80%以上だもの…。
しかし、噂には聞いておりましたが、
新利根川の護岸沿いの道も地震の被害がでておりました…。
橋も通行止めになっていたり、今までカヌーを降ろしていた一帯も立ち入り禁止!
地震の爪痕はソコカシコに点在しているのです…。
ひとまず、次回来た時の為に、カヌーのエントリー出来そうな場所を探しながら、
目的の場所へ向かいます。
程よく雨も小雨になったので、イッチョ、オカッパリますか?

狙い通り!杭の脇から『スーパー・ラトリンログ』に、40upのナイスバスが飛び出ました!
狙い通り!杭の脇から『スーパー・ラトリンログ』に、40upのナイスバスが飛び出ました!

車を停めて、三々五々に散って釣りをする我々…。
我が輩は、初老の体力不足につき、車の近くの橋の上から釣りをします…。
ソースケ君は橋の下へ…。国松さんもキャストを始めます。
橋の上からの釣りでは、真上から杭が見えるのでその脇にキャスト!
「何だか、昔、デカトップでこんな釣りかたばっかしやっていたな~」とか、
「今日は10lbのストレーンだから抜きは上げキツいな…」
なんて考えながらアクションをさせていたら、
ルアーの下から、大きめのバスがモンドリ打って!
スーパーログを、かっさらいました!
グウィーンとアワセると完全に乗っています!
これは抜き上げは厳しいと判断し、
すかさず、ソースケ先生に橋の下まで行ってもらいランディング成功♪
大膳池で、小バスに目が慣れていたせいか、かなりビックに見えちゃうバスです。

この一撃で、一同ヤル気が俄然上がります!
みんなのエンジンは勝手にマックス回転!
さあ、もっと釣ちゃうぜ!

雨が強くなると、橋脚の下で雨をしのぎます…。
雨が強くなると、橋脚の下で雨をしのぎます…。

国松さんは、レインウェアを着込み、果敢にオカッパリを続けています。
国松さんは、レインウェアを着込み、果敢にオカッパリを続けています。

雨の中も集中力は途切れません。あと一匹釣りたい所です。
雨の中も集中力は途切れません。あと一匹釣りたい所です。

時折、雨は止んだりしますが…。
時折、雨は止んだりしますが…。

バスの反応は無い様です…。
バスの反応は無い様です…。

その後、頑張る三人を尻目に、
残念ながら、追加のバスを釣る事は出来ませんでした…。
ソースケ先生が幻の巨大ハクレンに背掛かりしてビッグファイトが有った他、
我が輩のルアーに一度バスが出ただけ…。
新利根川は、また次回じっくりやるとして、今日は納竿いたしましょう。

今日の釣りは、新利根は残念だったものの、大膳池は爆釣な感じでした!
トータルすれば、良い一日だった気がします。

さて…、
恒例『大和の湯』で温泉につかって、
今日の疲れを癒すとしますか…。

では、皆さん、今回はこの辺で…。

by SASA


110521





.