★中古骨董疑似餌釣具★ DUMMY DOUBLE

オールド&ユーズドルアー ルアーフィッシングタックルの委託・買い取り・通信販売

ノスタルジックなルアーマン達のサンクチャリー♪レトロ昭和系耽美疑似餌秘密基地!!!

釣れちゃった! 2011

04月26日 亀山ダム


4月26日 亀山ダム
(SASA編)

美しい早朝の亀山ダム、期待が膨らみます♪
美しい早朝の亀山ダム、期待が膨らみます♪

東京では、大地震の余震も少なくなり、
我々の生活も、ずいぶん日常の気配を取り戻し始めてきました…。
それでも、テレビをつければ、相変わらずで原発やら放射能のニュースばかり…。
我々は、もちろん原発のおかげで豊かに暮らせて来た部分があり、
日頃の贅沢の一部分は、あの、原発のお陰だったのかと思うと、
何となく理不尽でモゴモゴとした感情に支配されてしまいます…。

我々の豊かさの裏返し的な大惨事…。
津波は天災で、ある種、避ける事の出来ない災害なのかもしれないけれど、
原発は全くの人災なのに『想定外』と言うキャッチコピーで、
全てを片付けようとされている気配…。
きっと『想定外』なんて都合の良い言葉を、
この後に及んで使う様な思考パーターンの関係者達が居る限り、
地球に平和は訪れないのかな?

そうそう「ただちに健康に被害を及ぼさない!」と言うけれど、
だったら、そんな数値の蓄積が、どのくらい辺りから被害が出るのか?
明確に教えて頂けるとありがたいです。

松本さん、ソースケのスマート艇、意気揚々と出航です!
松本さん、ソースケのスマート艇、意気揚々と出航です!

我々メタボ艇、KYOさんも気合いが入っておりますよ!
我々メタボ艇、KYOさんも気合いが入っておりますよ!

久しぶりの愛機エビンルード!快調な滑り出しです♪
久しぶりの愛機エビンルード!快調な滑り出しです♪

おっとっと!
ダミーダブルの、お気軽で、E加減な釣行記で、
こんな話も退屈ですね!

っと言う訳で、(どういう訳?)
今回は、ずいぶんと、アタタタタタタタタター!かくなって来たので、
「亀山ダムなんかに行っちゃったら、でっかいバスが釣れちゃうんじゃん♪」
「もしかしたら60UPが釣れちゃうかも?」
なぁ〜んて、極楽な、夢見がちモードで突入!
メンバーは『KYOルアー』の高橋教さん、
『グランド・ジョラス』の松本さん、
それから、ダミーダブルの河童のソースケ、
そして、せっかく痩せたのにあっという間でキックバックの、
シャスデリ〜な私、SASA。
はたして今回は、釣れ釣れなのかな?

暖かな日差しの中で、のんびりムードな雰囲気です♪
暖かな日差しの中で、のんびりムードな雰囲気です♪

地層が、まるでミルフィーユ!釣れそうジャ〜ン♪
地層が、まるでミルフィーユ!釣れそうジャ〜ン♪

何処かに巨大なバスが潜む気配…。
何処かに巨大なバスが潜む気配…。

いつもの様に松下ボートで船を出し、我々メタボ艇は、
取りあえず桟橋と鳥居の間のシャローをチェック!
朝一でバスがボイルしていた事もあり期待大!
先行のオカッパリお兄さんは「トップで1本とワームで2本釣れました♪」
との事なので、我々メタボ兄弟はミノーと、トップで攻めて行きます!
すると、岸際に小魚を追いつめたバスがやっている感じです♪
「しめしめ、釣れちゃったゼイ♪」投げる投げる投げるのメタボ兄弟!
しかしながらバスちゃんは見向きもせず…。
あれ?もしかして空回ってますか?

押切沢に入って行きます!SASAちょっとお気に入りのルアー♪
押切沢に入って行きます!SASAちょっとお気に入りのルアー♪

押切沢奥の滝のポイント!既に叩きヘラブナに支配されております。
押切沢奥の滝のポイント!既に叩きヘラブナに支配されております。

KYOさんダンディズム!
KYOさんダンディズム!

結局、シャローバスには相手にされず、押切沢へ向かいます、
要所要所、チェックを入れて行きますが、
いかんせんバスの反応が有りません…。
かなりのクリアーな感じなので、我々の投げるルアーが、
バスから、一切のシカト攻撃を受けているのもアカラサマです…。
なにしろ、KYO さんの投げるクランクベイトが、
マックスに潜っても楽勝に見えているので、
その孤独感たるや…。

う〜ん、仕方ない、
では私、早速ですが最近ワームと呼んでいる釣れ釣れルアーの『スレッジ』を、
恥ずかしながら投げちゃおうかな〜?

春の定番サスペンド・シャド!
ただ、今日の気配だと、もう一工夫必要な感じです。
取りあえず、立ち木にマメにコンタクトさせてリアクションを誘います…。

しばらくその攻撃を繰り返していると、
ジン・ジン・ジン・クリアーな水底で『スレッジ』がスタンプにぶつかり、
ヒラヒラっとヒラ打ちざまに、一匹のバスがモンドリ打って突撃!
リアフックを甘噛み!
「ノレッ!」
しかぁ〜し、ピロリ〜ンな感じで外れてしまったとです…。
浅い〜!
食い付きが浅いちゅ〜のぉ〜!
釣り開始から2時間程での出来事に、
今日のバスは何だかナーバスを感じます…。

一旦、ドッグに戻りエチケットタイムです♪
一旦、ドッグに戻りエチケットタイムです♪

本日SASAチョイスのルアー達♪
本日SASAチョイスのルアー達♪

プラノの下段です。
プラノの下段です。

その後、押切沢の奥へ行く途中『スマート艇』と遭遇…。
釣果を聞くと、完膚が全く無き状況との事…、
見えバスは居るけど反応してくれないと来たもんだ〜、
もしかして、坊主なんてあり得ないよね?

既に散々叩かれているであろう押切沢のドン付き、
滝壺ポイントに爆撃を開始するメタボ兄弟…。
ところが、見えバスどころか、滝壺的ポイントは、
スポーン前で荒振れる、眼が血走ってスワッピングする巨大ヘラの独壇場!
これじゃバスは、おん出されちゃうかな?

海原は遥かに広く…、そして深く…、
海原は遥かに広く…、そして深く…、

シェードのその辺に居ませんか〜?
シェードのその辺に居ませんか〜?

亀山だけに亀だらけ!ミシシッピー赤耳ガメです。
亀山だけに亀だらけ!ミシシッピー赤耳ガメです。

既に正午も過ぎ、何の成果も出ないまま笹川へ向かう我々…。
冴えない釣果の割に、船上では、諸々トークが絶えません♪
KYOさんと釣りをする時はいつもこんな感じです、
年不相応のエロくて、おバカな話オンリーで時間は過ぎて行きます…。
でも、せっかく亀山まで足を伸ばしたんだから一匹釣りたいですね!
KYOさんは自作ミノーで、
私は、手を替え品を替えバスに挑みます!

笹川を上る途中で、再びスマート艇に遭遇。
釣果を聞くと、なんと、ソースケ先生が一本とったとの事、
ルアーは『スレッジ』ですと?
おぬしも同じ事を考えて御座ったか?
やっぱり、あの反射のパターンでしか反応しないのかな?
よし、ここは一発恥を忍んで『スレッジ』で通すかな?
まねっこ作戦で、やっちゃうよ〜ん♪
ぶぉ〜ずうぅ〜〜は嫌なのさっ。

心のバッテリーを交換し、
ヤル気を絞り出して身体に鞭を打ちます…。
しかし、メタボ艇は、笹川のエンドまで行き、打ちのめされ…。
たちまちウナダレモード、って言うか身体が厳しくなって来ちゃった!

亀山全体からの完全シカト攻撃を、エロで、おバカな会話で凌ぎ…、
本湖側へと戻りしな、遂に私のロッドがしなりました!

尋常じゃない引き!
これは60UPかも!かも!かもっ!…、
遂にやったぜ!ったぜ!たぜっ!…、…、

…、と思えたのは、なんと巨大ヘラのスレ掛かり…。
あまりのデカさにKYOさんの笑いが止まりません…。
近くで釣りをしていたヘラ師さんに「俺がそれを狙ってるんだけどなぁ〜」の一言、
かなりお恥ずかしい雰囲気…、
巨べラの写真を撮ろうと頑張りましたが、
なんと鱗が取れてサヨ・オナラ〜!

何だかガッカリの上塗りだぜよぉ〜…。

老いた身体にムチを打ち、キャストしまくるKYO兄さん…。
老いた身体にムチを打ち、キャストしまくるKYO兄さん…。

意味不明なガッカリ感の余韻を踏まえつつ、
変にテンションが上がって、再度キャストを再開する無邪気な我々…。

今日は、立ち木絡みで、モサモサッとした感じの、美味しそうな部分は、
確実にヘラがラブラブ乱舞しており、岸際は、バスがほぼ居りません…。

たぶん、岸から少し離れて、単独な立ち木の根元付近に潜み、
乱交ヘラを「引き気味に〜…」眺めているバスが着いてるんじゃないか?
等という憶測を信じ、そんな感じの場所を見つけては攻撃です!

しめしめ、良い感じの目的にあった立ち木、発見♪

スワッピーなヘラの好まない、
孤独で素っ気ない立ち木の向こうに『スレッジ』をキャスト!
立ち木に絡める様にリーリングし、
まんまと立ち木にグリン♪
すると、ギラリ!
一匹目の遭遇と同じパターンでバスが飛び出ます!
「ヤッタ!喰ったぜ!ジンクリだから見えまくりひぃ〜♪」
ちょっと興奮気味の私♪
無理も無いよね〜、ここまで道のり長かったし…。
大興奮の坩堝の中、興奮には不釣り合いな30㎝程のバスちゃんを、
やっとの事でゲット!
「あ〜!こんな感じの一匹って、うれすぃ〜い〜♪」
これで、魔のボォ〜ドゥ〜は、ま逃れましたぞよ…。

やっとの思いで釣った一匹♪小さめだけど嬉しっすね♪
やっとの思いで釣った一匹♪小さめだけど嬉しっすね♪

その後、気合いを入れ直し頑張りましたが、残念ながら追加はならず…。
KYOさんもあんなに頑張ったのに!
成果が出ません…。

まったく…、亀山バス、どうかしてるぜ!

桟橋に帰ると、スマート兄弟は既に車で爆睡…。
二人の釣果を尋ねると『下記ソスーケコラム参照』だって…。

ボートハウスで、美人オカミにジュースを頂き、
「他の船はどうでしたか?」と尋ねたら、
スモラバとか、ちびワームで結構釣った人も居たとか居ないとか…?
「どうでも良いわ〜い!」
ワイらはハードボイルドなルアーで釣りたかったんだずうぇぃ!

へっ?
つまりは「お前らがヘタクソだったんだろ」って?
いつもの事で恐れ入りますが、それは言わないお約束でしょ〜ん♪
いつもの…、いつもの事だし…。

チクショ〜ウ!
次は下手っぴでも釣れるとこ行ってやるぅ♪

てな訳で、お粗末な亀山釣行もこの辺で…、
ちなみに、
この日の釣行記は『ソースケ編』も御座います、
合わせてお楽しみ下さい。

では、また♪

by SASA


02110514




4月26日 亀山ダム
(ソースケ編)
3月11の震災以降、
世間全体から、街灯が付いていなかったり、
お店が早くしまったりと、
平時ではない事を否応無く考えさせられる日々…。
何だか危機感を煽られる様な、
落ち着きの無い感じがしていましたが、
余震もいい加減に減って来て、
ひとまずは、一段落付いた感じです。

例年ならば、桜が終わりを迎えた辺りで、
本格的に釣りに行く様になるシーズンですが、
今年はそんなムードにもなかなかなり辛く、
春を感じ初めてから、尻上がりで膨らんで行く、
釣欲を抑えていて、ストレスが膨らみっぱなしです!

周りでは、自粛だ何だと言われている昨今ではありますが、
このままでは、そのうち頭がおかしくなってしまうは〜!!!と、
今年も今までどうりに、釣りに行く事を心に決めたとか何とか…。


…そんなこんなで、色々有って、
疲れた心を洗濯しに、亀山ダムに行って来ました。
ここ数年亀山ダムでの釣りをしていおらず、
以前に関しても、シーズンの終盤に来る事が殆どで、
これと言った釣果が有った訳ではないのですが、
暖かくなって来た時期であれば、
それなりの数が釣れて、あわよくば大型も釣れるかもしれないと、
希望的観測…というか、夢を見ながらの釣行です!

今回のメンバーは、『KYOルアー』高橋教さんと、
『グランデス』松本さん、そしてササさんと自分の4名で、
自分は松本さんと2人でボートに乗り込み、出船です!




毎度ボートをお借りしている、松屋ボートさんを離れ、
まずは手近な所に在る、桟橋周りのシャロー釣って、
そのままの流れで、ひとまず押切沢の方へ向かう予定です。

季節的に、ディープを釣らなくても、
シャローを探っていれば、そのうち釣れると思い、
はじめはスイムベイトで夢をみます♪
そのままスイムベイトで釣れるのが一番良いのですが、
口は使わなくても、バスが追って来る様なら、
それだけでも、判断材料になるかな?と言う面もあります。
自分的には、今年からスイムベイトを使い始めたので、
投げて巻いているだけでも楽しく、
釣り談義をしているだけでも満たされます♪

そんなこんなで、鳥居周りを無反応のまま撃ち終えて、
当初の予定どうり、押切沢へ舳先を向けつつ、
途中にあるシャローエリアの周辺を釣っていると…。
自分の巻いている『ジョインテッドクロー』の後ろの方に、
下からバスがフヨフヨ〜と、浮いて来て、追走してきます!
松本さんと二人で、興奮しながら動向を見守りますが、
少し追って来ただけで、反転して戻って行きます。

そう簡単には行かないかと思いつつも、
反応が有っただけでも行幸と行った所ですかね。
バイトまで行かなくても、チェイスが視認出来るだけで、
かなりの楽しさでした♪♪♪
一つ気にななるのは、魚がで出来たのも、帰って行ったのも、
シャローではなく、視認出来なくなる程のディープであった事です。
もしかしたら、予想しているよりもかなり深い所にバスが居るのかな???




その後は、お互いに何事も無いまま押切沢に突入!
まだ朝も早いうちで、先行者も居なく、
チャンスがあるかと思いましたが、
イマイチ生命感に乏しく、しまいには落ち葉が大量に浮いていて、
キャストの度に引っ掛かってくる為に、早々に退散を決定。
今度は一旦来た道を戻り、笹川に向かいます!

折り返している途中に、教さんとササさんの中年コンビと遭遇し、
状況を聞いてみると、ササさんの投げた『スレッジ』に、
掛からないまでも、1バイトあった報告をうけ、
あの手この手をして行けば、何とかなるのかな〜?なんて…。

とは言え、ササさんの話でも気になるのは、
反応が有ったのが、3m位の深さであった事…。
やっぱりバスが居るのは、少し深い所なのかな???

はてさて、それからそれから…。
我々は、一旦ボート屋さんで小休止をはさみ、
きっかり正午と言った所で、笹川に突入!
相も変わらず、スイムベイトを投げつつ遡上して行きましたが、
朝に一回反応が有ったのみで、お互いに反応を得られないままと言う事で、
ここからは、何でもやってサックと釣ってしまおう♪の方向にチェンジ!
流石に坊主で一日が終わるのは、キツいですしね…。
これまでにシャローに浮いているバスを何度か確認しているので、
まずはシャロークランクに変えて、点在している立木を重点的に狙います!


しばらくシャローを釣り上がって行ってみると、
あまりにもフナのはたきが多く、
しかも、はたきが行なわれているのが、
ここは釣れそうと思えるシャローカバー。
とうていバスが居るとはとても思えない空気…。

とは言え、シャロー近辺にバスは居ると思われるので、
ルアーを少し潜りめのクランクに交換して、
岸から数m離れた辺りをメインに、
グリグリと絨毯爆撃を敢行!っが、失敗。
何だかこれでは、アクションが強すぎる気がしてきます。
気分がノラ無いルアーだと、集中力が切れてしまいそうなので、
なるべくならば使いたくは無かった、でもそれに反して、
ある種の確信を持った、『スレッジ』に変更します。
アクションはただ巻きではなく、ジャーキングを行い、
サスペンドしているバスに反射で口を使わせるイメージです。

そしてルアーを交換してから、10投もしないうちに本日の初バイト!
ジャーク直後にゴツンッ!と勢いの良い喰い方で、
それなりのサイズかもと、興奮気味に寄せて来ると、
一丁前に引いてはいても、ジャストキーパー位のおちびさん。
でも、途方がくれていた中では最高の1尾です♪
これで精神的に余裕が出来ますし、
この時点で、まだまだ時間的余裕もあり、
同じ様なレンジを狙って行けば、
何本かは釣れちゃうかも知れません♪
気合いを入れて、数を伸ばして行きますよ〜!


…とか言ってはみたものの、
物の見事に撃沈をきしてしまい…。
自分は先の1尾のみ。
途中松本さんに2回程バイトが有ったのですが、
フックアップには至らず、気が付いたら、
ボート屋さんに戻って来ていました…。

桟橋でしばらくのんびりとしていると、
もう一で出船して、やったるゾ!と言う気にもなれず、
少し早い時間ではありますが、2人共疲れと眠気に負け、
マズメ時を残し、いそいそとお片づけ。
ササさん達が帰って来るまで、夢の中に釣りに行ってきます♪
何と言うか、優雅な感じですかね〜♪

はぁ、それにしても現実は厳しいですね〜。
釣行前のあの期待に満ちた感じは何処やら…。
それでも、このまま亀山ダムに凹まされたままと言うのも何なので、
今年の内にリベンジに訪れたい思いもあります。

今回の釣行は何ともお粗末な結果ですが、
次回こそはと闘志を燃やして居ますよ〜!

それではまた!


by ソースケ






.