★中古骨董疑似餌釣具★ DUMMY DOUBLE

オールド&ユーズドルアー ルアーフィッシングタックルの委託・買い取り・通信販売

ノスタルジックなルアーマン達のサンクチャリー♪レトロ昭和系耽美疑似餌秘密基地!!!


釣れちゃった! 2012  

このコーナーは、
ダミーダブルのスタッフの釣行記や、
イベントなどのコラムをご紹介させて頂いております!
フローターや、カヌーなどでのバスフィッシングや、
管理釣り場でのマス釣り、バーベキューや飲み会など…、
様々な題材でお届けいたしま〜す!

エピソード 13

7月4日〜5日
一泊二日、
芦ノ湖釣行

早朝の芦ノ湖、水面は凪いで神秘な雰囲気を醸し出しています。
早朝の芦ノ湖、水面は凪いで神秘な雰囲気を醸し出しています。

意気揚々とソースケさん、レンジャーボートのキャップがちょ〜素敵♪
意気揚々とソースケさん、レンジャーボートのキャップがちょ〜素敵♪

『でーだらぼっち』が出て来そう…、桟橋の下には美しいバス達がたたずんでいますよ♪
『でーだらぼっち』が出て来そう…、桟橋の下には美しいバス達がたたずんでいますよ♪

さてさて、去年からトライし始めた、
我々ダミーダブルの芦ノ湖釣行も、既に7回目となります。
「だったら、そろそろ結果を出しなさい!」って?
あのですねぇ〜、出せるなら、とっくのとうに出してますとも…。
芦ノ湖はそう簡単にデカバスを釣らせてもらえる程甘く無いんですって…。
行ってみれば分りますって、案外行ってみたらサックと釣れちゃったりして…。

我々も、最初は夢ばかりを追っかけて、
『ワクワクモード♪』全開でトライしていた芦ノ湖も、
何度となく、過酷な現実に押しつぶされる経験をし、ここまで来ました。
皆さんに何か芦ノ湖の事が分ったのかと聞かれれば、
分った様な気もするし…、実際は殆ど分っていない様な気もするし…。
真っ向からオボロゲな返事のみしか返せないのが現状でございやす。

ですが、我々も見た目程にアホではありません、(たぶん)
ですので、一回一回の釣行ごとに、いくらかの進歩はしているはずです。(微細に)
てか、そうであると信じたい…。(希望・切望)

つまり、何が言いたいかというと『いまだにチョット確信が持てない』
これが本音と言った感じ…。

あぁ〜あ、のっけから、なんだか自信の無いトーク…。
これじゃ、今回のコラムも言わずもがななのかな〜?

桟橋の先端からおおばボートを臨みます。この桟橋にも普通に50UPが居たりするのです。
桟橋の先端からおおばボートを臨みます。この桟橋にも普通に50UPが居たりするのです。

ソースケさん、この角度で見るとカッコ良いかも?狙うは桟橋周りをうろつく60UP!
ソースケさん、この角度で見るとカッコ良いかも?狙うは桟橋周りをうろつく60UP!

この桟橋は、必ずバスが着いているのはわかっているのですが、なにぶんバスがオリコウサン。なかなか釣る事が出来ません。
この桟橋は、必ずバスが着いているのはわかっているのですが、なにぶんバスがオリコウサン。なかなか釣る事が出来ません。

今回も今日とて、おおばボートさんにお世話になり、
我々の器には到底似つかわしく無い『すーぱーアルミ艇』をチャーターした我々。
ソースケ君と二人「今日こそは60アーップ!!」の意気込みで、
いつもの様に元気と釣る気満載で出航です。

冒頭で、自信なさげな雰囲気を醸し出しましたが、
そんな中でもオボロゲには我々的釣り方での、
「これが釣果に結び付くパターンだろうな?」的ビジョンを見つけつつある雰囲気。
今日はそのビジョンをもとに、釣りの精度を上げつつ、
後は運を天に120%任せる感じ…。(何だか消極的に聞こえるぞ…)
60UP!釣れるも八卦、釣れぬも八卦!(すでに完全に運頼みじゃな!)

ソースケさんのタックル、メインロッドはフェニックス!リールはカルカッタが増殖中!
ソースケさんのタックル、メインロッドはフェニックス!リールはカルカッタが増殖中!

おっと!ソースケさん、得意の、ニール&リール・テクニックですね!ルアーはマッドペッパーマグナム!デカバス釣れるか!
おっと!ソースケさん、得意の、ニール&リール・テクニックですね!ルアーはマッドペッパーマグナム!デカバス釣れるか!

アルミ艇は快適です!素早い移動と、釣り易い立ち位置、一度経験すると病み付きです。
アルミ艇は快適です!素早い移動と、釣り易い立ち位置、一度経験すると病み付きです。

てなわけで、いつもの芦ノ湖パターンとなっている様に、
桃源台からキャンプ場前、早川へと釣りすすむ二人。
いつもの様に、水深別ルアーセレクトで、
概ねボトムからウィードのトップを広範囲で探る二人です。
芦ノ湖での釣りも、回を重ねているせいか、
二人のコンビネーションや所作はスムーズな感じ、むしろ流れ作業風です。
以前に比べて、ある種の確信に基づき、
ポイントにエントリー出来ているのは進歩と言えるかも知れません。
二人ともお互いが、この目の前のポイントをシッカリと攻め、
死角無しの攻撃を仕掛けてまいります…。
なんてカッコ良く『我々の釣り』的なモノを展開してたつもりなのですが、
お察しの通り、言わずもがなで、
前回の釣行の様には上手い感じでのバスのヒットはありません…。

見た所、今日は深良水門に先客のバスマンが居ないようなので、
そちらへと移動してみます。

白い石塚風な私、芦ノ湖の美しい水面を前に、頭の中では美味しい物をもぐもぐ…「まいうぅ〜♪」
白い石塚風な私、芦ノ湖の美しい水面を前に、頭の中では美味しい物をもぐもぐ…「まいうぅ〜♪」

デカバスを必ずストックしている深良水門、ここは人気のスポットだけにエキスパート達の出入りが頻繁です。
デカバスを必ずストックしている深良水門、ここは人気のスポットだけにエキスパート達の出入りが頻繁です。

この桟橋の下にはバスマンション(枕船)が!小バスからデカバスまで在住。釣るのは一工夫が必要みたいです。
この桟橋の下にはバスマンション(枕船)が!小バスからデカバスまで在住。釣るのは一工夫が必要みたいです。

深良水門のエリアは前回の釣行より魚の活性が高い雰囲気、
トラウトのチェイスや、バスのチェイスも見られます。
ソースケ君は、ザラやポップ-Rでバスを誘っています。
私は深めの水深をDB-8でアタック!
しかし、芦ノ湖バス、そう簡単には口を使ってはくれません。
『バスマンション』もバスのストックは多く、一匹ぐらい釣れて欲しい感じ、
ですが、ここのバスは、日頃から散々叩かれて居るのでしょう、
我々の釣りを、ただただあざ笑う様な雰囲気です。

今日は岬の先端にビッグなブラウンが付いて居ます♪
今日は岬の先端にビッグなブラウンが付いて居ます♪

ブラウンも含めて、ミノーで狙うソースケビン・バンダム!!キャストが冴え渡ります!!
ブラウンも含めて、ミノーで狙うソースケビン・バンダム!!キャストが冴え渡ります!!

遠方に雲が降りて来ました。マイナスイオン満載ミスト到来的瞬間です。
遠方に雲が降りて来ました。マイナスイオン満載ミスト到来的瞬間です。

今日は、いつもよりバス釣りのアングラーが少ないため、
深良水門から亀ケ崎へとシャローを撃ち流して行く事にします。
というのも、シャローで若干バスの気配がするのと、
ドシャローにブラウンが見えるからです。
巨鯉もシャローに沢山いますが、今日の鯉は殺気が無く、
鯉に混じってバスも混泳しているのが見えるのです。

しばらく、シャローをミノー等で撃っていると、
岬の先端に50〜60㎝クラスのブラウンの群れを発見!
すかさずソースケ君がキャストすると、一匹が反応してルアーを追って来ました!
ミノーめがけて一直線!
ですが、残念ながら途中でUターン、どうやら我々のボートに警戒した感じです。
我々にとって、岬の先端にブラウンが群れをなす光景は、
ある種意表を突かれた感じです。
芦ノ湖でこのような経験は初めてだったので、
岬の先端に、安易に近づき過ぎたのは反省な感じ、
次回の釣行の課題となりました。

タックルを選ぶソビン!キャップがチェンジしてるのは飛ばされてビチョビチョだからです…。
タックルを選ぶソビン!キャップがチェンジしてるのは飛ばされてビチョビチョだからです…。

マイナスイオン的ミスト到来!幻想的な湖面に浮かぶ遊覧船は異次元へ誘ってくれそうです。
マイナスイオン的ミスト到来!幻想的な湖面に浮かぶ遊覧船は異次元へ誘ってくれそうです。

ソビン・バンダムさん、魚探をチェックしながら何を思う…。
ソビン・バンダムさん、魚探をチェックしながら何を思う…。

芦ノ湖に通っていると痛切に感じる事があります。
それは芦ノ湖のバスは、霞水系や他のレイクに比べて、
確実にルアーを見切る能力が高いと言う事。
正直、実感として痛切に感じる部分です。
これは、ほぼジンクリアーな環境が原因ではありますが、
それでもバスを釣らなければ仕方の無い事です。
きっと、バスがルアーに喰らい付くには、複合的要因が不可欠なのでしょうが、
その複合的要因も都合良く散在している訳もありません。
したがって、バスの居る場所にキャストし、
適切なルアーを適切な速度で通して行き、後は複合的要素待ちって感じがします。
芦ノ湖のエキスパートの方なら、
バスのスウィッチを入れる方法をご存知かも知れませんし、
最近のハイテクルアーや、スモラバ的なルアーなら、
そのスウィッチを入れてしまう力もあるかも知れません。
しかし、我々はまだまだ芦ノ湖ビギナーですし、
ほぼハイテクルアーやスモラバ系も使わず、
’70〜’90的な雰囲気のルアーをメインで使っているので、
後は意地で釣るのみと言った感じ…。
ともかく、いつかは良い感じのルアーで、でっかいバスを釣ってみせますよ!
我々の60UPの夢は、ある種の釣り美学が伴ってナンボなのです!
(カッコ良い事言ってもさ、釣れなきゃダメなんですけどね〜)

ここは、以前ソビンさんがナイスブラウンを釣ったポイントです。見えバスも多いポイントなので期待が高まります。
ここは、以前ソビンさんがナイスブラウンを釣ったポイントです。見えバスも多いポイントなので期待が高まります。

プリンス前の桟橋。このポイントは若干の実績が有る為粘る価値有りです。
プリンス前の桟橋。このポイントは若干の実績が有る為粘る価値有りです。

私の様なヘタッピには、広いウィードエリアを漫然と探るのはお気楽な感じ「たくさん釣れたらい〜のになぁ〜♪」
私の様なヘタッピには、広いウィードエリアを漫然と探るのはお気楽な感じ「たくさん釣れたらい〜のになぁ〜♪」

我々なりの芦ノ湖パターンで『いつもの様に』頑張ってみていますが、
またまた『いつもの様に』未だ釣れない始末…。
コダワリとか美学が聞いて呆れちゃうっての!
時刻も14時を回ったので、そろそろ締めのパターンで北へ向かいますかね…。

うぉ〜!ぜったい釣ってやるぜー!」

ウソです…。

「お願いだから、何とか釣れて下さいぃ〜…」です。

ソビンさんも集中集中!二人で、プリンス前を耕し中です!しかし、今日も芦ノ湖バスはなかなか釣れませんなぁ〜…。
ソビンさんも集中集中!二人で、プリンス前を耕し中です!しかし、今日も芦ノ湖バスはなかなか釣れませんなぁ〜…。

ジャジャ〜ン!16時過ぎ、やっとの事でナイスバスをゲット!ヒットルアーはラトリンラップ♪ポイントはキャンプ場前です♪
ジャジャ〜ン!16時過ぎ、やっとの事でナイスバスをゲット!ヒットルアーはラトリンラップ♪ポイントはキャンプ場前です♪

40アップだったら持って来て下さいと、おおばさんのスタッフさんに言われていたのでライブウェルにインです♪
40アップだったら持って来て下さいと、おおばさんのスタッフさんに言われていたのでライブウェルにインです♪

いつもの様に、締めのパターンである深良水門から早川水門、
そしてキャンプ場沖へと釣り流して来ました…。

ソースケ君は、実績のあるマッドペッパーマグナムをチョイス。
私は、広いウィードエリアを広範囲にチェックする為に、
ラトリンラップをチョイスします。
ラトリンラップは、私的に、芦ノ湖で最も釣果を出しているルアーですが、
特に後半戦に差し掛かると、って言うより、ボーズの恐怖が迫り来ると、
「神様!仏様!ラウリ様!」と呪文を唱えながら投げ続けてしまう最後の手段です。

黙々と信じるルアーを投げている二人…。

すると、突然私のロッドを引き絞る何かが?

どうやらバスのようです。

「バラしてなるモノか!」

ガムシャラ風にバスとファイトする私!

上手くランディングに成功すると、40アップのナイスなバスです♪

たぶん、夕方近くになり、
フィーディング関係で回遊を始めていたバスなんじゃないかなぁ〜?

「こんなオイラのルアーに喰っ来てくれてありがとねぇ〜」

いつも芦ノ湖の釣りに関しては言える事ですが、
「ここまで長かったぁ〜」な心情…。

てか、今日はタイムアップまで、まだ一時間はありますぞよ!
バスの活性が上がっているのなら、まだまだチャンスはあるはず!
頑張って、もイッチョ釣ったれぇ〜!

初日終了…。ソビンさん残念な雰囲気…。「一泊してもう一日釣りしちゃう?」「はい」
初日終了…。ソビンさん残念な雰囲気…。「一泊してもう一日釣りしちゃう?」「はい」

…その後、
二人で頑張って投げまくるも、
芦ノ湖バスは相変わらず冷たぁ〜い感じ…。

ソースケ君も、
痛恨のボーズでげんなりモード…。
「ねえ、ソースケ、一泊して明日も釣りしちゃう?」

「…………はい…。」

そんなノリで、明日も釣りです!

「明日こそは、ビッグなバス釣っちゃうぜぇ〜!」

片付けを済まして下船し、平田さんに釣果報告、
明日も釣ると言うと優しく微笑んでくれます。(同情感満載)
そして素泊まりで宿泊出来るホテルを紹介してもらい、
箱根小涌園にある『パンシオン箱根』へ…。
二人でゆっくり温泉につかりながら反省会。
途中のコンビニで買った、カップラーメンと缶チューハイ的なお酒をいただき、

就寝…。

明日は、どんな一日に成るのかな?







明けて、7月5日
思いのほか寝易いベッドでグッスリと睡眠をとり、
早朝3時30分に起床!
なんか夢を見た様な見なかったような…、
二人は支度を済ませ、ホテルを後にします。

小涌谷のファミリーマートで食料等を補給しようと寄ると、
なんと!まだオープンしてましぇ〜ん…。
そうか、24時間営業じゃないんだ…。
仕方なく仙石原方向を目指し、新しく開店したローソンで諸々を補給。

4時45分頃おおばボートへ到着。
「おはようございます、良く眠れましたか?」
平田さんの温かい笑顔が迎えてくれます。
「おはようございまぁ〜す。もう、ぐっすりです」

さて、準備をして出航しますか?
二日目の釣行、考えてみれば、このシュチエーション初めてだな?
てか、二日連続芦ノ湖で釣りって、なんて幸せなんだぁー、なんだぁー、なんだぁー!
思わず、歓喜がコダマしますぜぇー!

二日目早朝、一泊しての芦ノ湖は初めてですが、二日目の景色はなんだか違って感じます。
二日目早朝、一泊しての芦ノ湖は初めてですが、二日目の景色はなんだか違って感じます。

朝の早川チェック後、昨日とは逆に、今日は芦ノ湖東岸をチェックしながら進行します。
朝の早川チェック後、昨日とは逆に、今日は芦ノ湖東岸をチェックしながら進行します。

昨日一日釣りをしているので、釣りをする心持ちがどこか落ち着いた気分、なんか既に癒されています。
昨日一日釣りをしているので、釣りをする心持ちがどこか落ち着いた気分、なんか既に癒されています。

芦ノ湖の天気は、今日も晴れなのか、曇りなのか?
どちらかと言えば雲っていて、風もあまり無く、釣りには良さげな感じ。
相変わらずで美しい芦ノ湖には、昨日の今日でもウットリな我が心。
これで、デカバスが釣れれば言う事なしですが、
そこは、ツンデレ!ドS!魔性の湖の芦ノ湖です。
甘く見れるはずもありません。
当たって砕けろ!下ってアタけろ!
何の事やら分りません…。

実質、我々のテンションはと言うと、
前日一日釣りをしているせいか、
若干気分の高揚も低く、
落ち着いた気分でキャストが出来る心持ち。
この心境も二日目の釣行特有のテンションです。

この達観した感じは、きっと釣果に結び付きますぞ!

ソビンさん、凛々しい表情でバスを探しています。その表情はまるでオスプレイ!墜落注意ですぞ!
ソビンさん、凛々しい表情でバスを探しています。その表情はまるでオスプレイ!墜落注意ですぞ!

九頭竜神社の遠景、何処も彼処もバスがいるはずなのに、なかなか釣れない、芦ノ湖は修行の場なのだろうか?
九頭竜神社の遠景、何処も彼処もバスがいるはずなのに、なかなか釣れない、芦ノ湖は修行の場なのだろうか?

ソビンさんは、ミノーとポップーRが得意技!お昼におおばさんの桟橋でポップ-Rでチビバスをゲットです!
ソビンさんは、ミノーとポップーRが得意技!お昼におおばさんの桟橋でポップ-Rでチビバスをゲットです!

朝一から、またまたいつもの様に桃源台〜早川水門、
そして、深良水門〜亀ケ崎と釣り流す我々…。
今日の釣りも、朝一でのフィッシュはありません。
昨日と比べると、若干湖のテンションが低く感じます。
シャローの見えバスも少なく感じますし、
今日は、シャローでのブラウンのチェイスも見れません。
釣り場の雰囲気が、一日で一変してしまうのは良くある事ですが、
残念ながら今日の芦ノ湖は、
釣れ気な気配が昨日よりワントーン落ちた感じが有ります…。
とは言え、投げてみなければ結果はわかりません、
なんと言っても、我々は芦ノ湖についてはビギナーな感じですし、
あんまり釣れそうも無い日ほど、デカバスが釣れるってことも良くある事です。

私は懲りずにDB-8を装着、この釣りは差し詰め土木作業な感じです。
私は懲りずにDB-8を装着、この釣りは差し詰め土木作業な感じです。

ソビンさん、大きな移動中に爆睡…。フラットデッキは寝易いなり♪
ソビンさん、大きな移動中に爆睡…。フラットデッキは寝易いなり♪

この疾走感!爽快!痛快!この感じも芦ノ湖の魅力の一つですね♪
この疾走感!爽快!痛快!この感じも芦ノ湖の魅力の一つですね♪

お昼前頃、
気分転換に軽い休憩を兼ねておおばボートに戻ります。
ボートに残り、桟橋周りを狙うソースケさん…。
15分程経った頃でしょうか、私がボートに戻ると、
「釣れましたよー♪」と、ソースケさん、
ニコニコ笑っております。
「桟橋周りで釣れちゃいました♪ 小さいですけどね〜♪ ポップ-Rで〜す♪」
バスは、一応ライブウェルに入っているとの事なので、
拝見させていただくと、何とも可愛い、大膳池サイズのチビバスちゃんが一人、
ポツンとライブウェエルにたたずんでおります。
「お手柄!」
何とか一本!
チビッコとは言え一匹は一匹です!

何度訪れてもコンスタントにバスを釣る事が出来ない芦ノ湖は難し過ぎて面白い!
何度訪れてもコンスタントにバスを釣る事が出来ない芦ノ湖は難し過ぎて面白い!

魚探前のABUキラーとコーモのフォルテミノーはどちらもトゥイッチで素晴らしいアクション!これで釣れれば言う事無しなのになぁ〜…。
魚探前のABUキラーとコーモのフォルテミノーはどちらもトゥイッチで素晴らしいアクション!これで釣れれば言う事無しなのになぁ〜…。

修学旅行の学生達が手を振ってくれています。手を振り返すと、もの凄い数の学生がバイバイ返し。何だか我々は観光地の風景に成っちゃっています。
修学旅行の学生達が手を振ってくれています。手を振り返すと、もの凄い数の学生がバイバイ返し。何だか我々は観光地の風景に成っちゃっています。

取り敢えず、桟橋周りでバスが反応する情報を加味し、
いつもの様に我々流の釣りを展開してまいります。
とは言え、我々的にはいつもの攻撃しか打つ手は無く、
概ね、スタンダードに、オーソドックスにバスを釣るまでです。
私的には、奇策として、いくつかのチューンドルアーを作って来ておりますが、
ピンポイント的な状況で「ここだぁ!」的、
閃きのもとに使うアイテムが殆どなので、今のところあまり活躍の場はありません。

二日目の今日は、我々二人のテンションも何やら落ち着いた感じで、
淡々と、黙々と、適切であろう作業を繰り返し、
芦ノ湖の、東南西北白發中
、良さそうなポイントを探って行きます。

ところが、やはり芦ノ湖は芦ノ湖、難しく、中々デカバスは釣れません。
結局、午後3時を回り、これ又、いつもの様に早川から桃源台のパターンに、
今日は、一応、桃源台の桟橋も何時もより念入りにチェックします。

わりかしシビアな雰囲気で、バスを狙う我々…、
取り敢えず、今のところ今日はまだ私に釣果もありません。
「このままだと二日目はボーズの可能性がビッグだな〜」な心境…。
すると、海賊船風の遊覧船に、もの凄い数の中学生であろうか?
学生達が修学旅行風のテンションで続々乗船して行きます。
ナチュラル・ボーン・ハイテンションな彼らから見れば、
我々は優雅に釣りを楽しむオジサン的な風景、
まさか、我々が釣り苦しんでる状況を理解してはいないでしょう。
何人かが、楽しげにこちらに手を振っています。
このままシカトもムゲなので、シブシブながらキャラに合わないバイバイな私…、
ソースケさんもシブシブなバイバ〜イ♪
なにしろ、彼らの楽しい雰囲気を踏みにじっては大人としてコクと言うもの。
するとあろう事か、何百人かの遊覧船のほぼ全員が「バイバァ〜イ♪♪♪」
「うぉー、ある意味壮観な景色だねー、ここで、おもむろにチャックを下げて、
『じゃばぁー!』って、立ちションしたら事件かなぁー…」と私。
「ヤバいですねー、事件ですし、彼らのトラウマになると思いますよ…」と、
ソースケさん。
「だって釣れてないのに、あんなテンションで大衆に手を振られたら、
そう言う気分に成っちゃうんじゃない?普通は…」「したいなぁー…」と私、
「分る気もしますが、今は取り敢えず我慢しましょう」とソースケさん。
「いつもながら冷静だね〜。」
そんな会話を知る由もない学生達…。
そんなこんなな、まるで大人じゃない我々…。


終了間近、おおばさんの桟橋、ソビンさんがポップ-Rでチビバスを追加ゲット!
終了間近、おおばさんの桟橋、ソビンさんがポップ-Rでチビバスを追加ゲット!

すかさず私もペンシルパップを結びキャスト、同じポイントで一発でヒット!してやったり♪
すかさず私もペンシルパップを結びキャスト、同じポイントで一発でヒット!してやったり♪

平田さんに本日の獲物を撮影していただきました♪嬉し、恥ずかし、不甲斐無し…。
平田さんに本日の獲物を撮影していただきました♪嬉し、恥ずかし、不甲斐無し…。

さてさて、アブノーマルな話も程々に、
二日目の釣行も終盤、16時を過ぎ…。
例のごとくおおばさんの桟橋で締めくくろうと目論む我々。
私はデカバスを狙おうと、これも相も変わらずラトリンラップの大遠投!
方や、ソースケさんは、お昼のヒットのイメージで、
桟橋周りをポップ-Rで丁寧に攻めます。

すると束の間、ソースケさんがフィッシュ!

「でました!ササさん!ちっちゃいけど!」

ソースケさん、本日2匹めをゲットです♪

すかさずルアーをチェンジする私。
ペンシルパップを、ソースケさんが釣ったポイントそのまんまへキャスト!
チビバスならスクールしているだろうとの思惑…。
若干のポーズの後、軽く『ポコン♪』すると『チャバチョ!』とバイト!
マルチアングルを切り替えて、で、違うアングルの別音声で見ると…。
私「まじー!ポップ-Rで釣れちゃった!オレもなーげよっ♪」
私「ソースケさんが釣ったとこ投げちゃうもんねぇー!」
ソ「………」(バスちゃんのルアーのフックを外し中)
私「キシシ♪同じとこ投げちゃった。ポーズして…、と、出た!乗った!」
ソ「マジですか?」
私「うぅ〜〜〜ぜんぜん引かねぇ〜〜〜〜〜!バスがサーフィンだよぉ〜!」
ソ「………」(見守ってくれてます)
私「ゲットォー!チビバース!」

んな、感じで、またも終了寸前の駆け込みゲット!
ソースケ君が釣った、お昼の桟橋周りで釣ったバスも、
全く同じポイントで釣ったらしいので、
もしかしたら3人とも兄弟かもね?

おおばさんの倉庫の前に鎮座しているエビンルードのモーター。トテツも無くカッコ良いです♪まだ動くんですって♪
おおばさんの倉庫の前に鎮座しているエビンルードのモーター。トテツも無くカッコ良いです♪まだ動くんですって♪

帰り道、グランドオープンのローソンにポンタ君を発見♪かわい〜♪突き飛ばしたくなるぅ〜♪記念撮影♪
帰り道、グランドオープンのローソンにポンタ君を発見♪かわい〜♪突き飛ばしたくなるぅ〜♪記念撮影♪

ポンタ君のシッポ♪とっても可愛いキャラですね♪後ろからドツいたら楽しそぉ〜♪シッポ持って振り回したぁ〜い♪♪♪
ポンタ君のシッポ♪とっても可愛いキャラですね♪後ろからドツいたら楽しそぉ〜♪シッポ持って振り回したぁ〜い♪♪♪

桟橋に下船の手伝いに来て下さった平田さんに、
「今日はデッカいの3匹釣りました!」と嘘ぶき、
ライブウェルから取り出した3匹を笑ってもらい、
チャライ感じで記念撮影♪

ともあれ、取り敢えずは二人とも釣れてメデタシメデタシ!

…メデタシ?

怒濤の一泊釣行、
ある種、我々的なオチも付き、終了です。

それにしても、マンキツですなぁ〜♪
二日続けて釣りが出来て幸せ幸せ♪
足りなかったのはデカバスの釣果だけ…。

へっ?「それが釣りの目的だろう」って?

まあまあ、それは言わないで下さいって、
いつもの、イ・ツ・モ・ノ事じゃないですか…。

てな感じで、まだまだ芦ノ湖は諦めませんよ!
絶対、60UP!
釣ってみせますって!

では、今回の釣行記もこの辺で…。


by SASA

20120727

じゃ〜ね〜♪またねぇ〜♪
じゃ〜ね〜♪またねぇ〜♪

気合いを入れての一泊二日の釣行!結局、芦ノ湖らしいバスは43㎝この一匹だけでした、尾ヒレがピンシャンだったら45㎝はあったかも?お粗末…。何となく上のポンタにポーズが似てる私。体型も?
気合いを入れての一泊二日の釣行!結局、芦ノ湖らしいバスは43㎝この一匹だけでした、尾ヒレがピンシャンだったら45㎝はあったかも?お粗末…。何となく上のポンタにポーズが似てる私。体型も?


.