DUMMY DOUBLE

オールドルアー&ユーズドルアーの委託、買い取り、通信販売

★中古骨董疑似餌釣具★マニアックなルアーマン達の隠れ家的な秘密基地!!!


釣れちゃった! 2012  

このコーナーは、
ダミーダブルのスタッフの釣行記や、
イベントなどのコラムをご紹介させて頂いております!
フローターや、カヌーなどでのバスフィッシングや、
管理釣り場でのマス釣り、バーベキューや飲み会など…、
様々な題材でお届けいたしま~す!

エピソード 12


6月18日 芦ノ湖
前回、粕谷さんとトライし、
私的にボーズと言う不甲斐無い結果に終わった芦ノ湖…。
またも懲りずにチャレンジです!
今回の釣行はグランド・ジョラスの松本氏と、
今回はトローリングにもチャレンジすると言う粕谷さん、
そしてダミーダブルの若き狩人ソースケ君、
そして最近かなり太った部分で安定期に入ってしまった私、
ファットバスターSASAの4人。

もう、この所、随分と芦ノ湖にもトライして来ましたが、
結果は皆様がご存知の通り、かなり不甲斐無い感じです。
ですが、今日は人海戦術で4人でのトライですし、
ハイテク、ビッグベイトを投入する松本さんも共に戦って下さるので心強い気分!
はたして、今日こそは、イケテル感じのドデカバスをゲットできるのでしょうか?

それでは、レッツラゴー!

朝一番!タックルのセッティング中、気合いが入っている松本さんとソースケ君。
朝一番!タックルのセッティング中、気合いが入っている松本さんとソースケ君。

湖面は若干凪いでいますが、巨大バスの気配がムンムンです♪
湖面は若干凪いでいますが、巨大バスの気配がムンムンです♪

早速、いつもの様に桃源台の桟橋付近からチェックをいたしましょう。
早速、いつもの様に桃源台の桟橋付近からチェックをいたしましょう。

我々がこんなにもクドクドと芦ノ湖にチャレンジするのも、
去年の5月に、KYOルアーの高橋教さんとの芦ノ湖釣行で、
スーパーにデカデカなバス達を何匹も目の当たりにしてしまったが故…。
美しく澄み切った芦ノ湖の水中に、悠々とたたずむ巨バスは、ゆうに55㎝はあり、
時には、明らかに60アップはあるだろうというバスを目の当たりにしたから…。
たかが一介の釣り師の我々です、あのデカブツを目の当たりにしたら、
頭に血が上って、ちょっと頭が変に成ってしまうのは当然の事、
あれ以来、デカバス釣りたさにアレやコレや、ナンやカンやとジタバタしつつ、
結果の程は、いまだ50アップですら仕留められません。

文字通り不甲斐無い我々で申し訳ないでございます。

ともあれ、
バス釣りはキャストしなければ始まりませんし、
一日終わってみない事には、結果なんて分るはずも無し。

トローリングで出航する粕谷さんを見送り、
我々3人はいつもの様に、桃源台の桟橋から、
キャンプ場沖、早川水門へと釣り流して行く予定です。

今日の私のタックルです。今日もこのバグリーDB-8を要所要所で投げ倒す所存でございます!
今日の私のタックルです。今日もこのバグリーDB-8を要所要所で投げ倒す所存でございます!

松本さん、ソースケ君、バッチリ気合いが入っております!神経集中ちゅうちゅちゅ~♪
松本さん、ソースケ君、バッチリ気合いが入っております!神経集中ちゅうちゅちゅ~♪

松本さんは『トゥルータングステンのトゥルーライフ5inスウィムベイト』を投げています。良い動きですね♪
松本さんは『トゥルータングステンのトゥルーライフ5inスウィムベイト』を投げています。良い動きですね♪

ソースケ君は得意の『モデル-A』を
私は、しばらく前から「このルアーで60アップを釣ってみたい♪」と夢見ている、
『バグリーDB-8』を大遠投!
(ソースケ君には、やせ我慢と言われていますが、正しくはデブ我慢です…。)
松本さんはアメリカで評価が高いと言う
『トゥルータングステン』の『トゥルーライフ5inスウィムベイト』を投入!
松本さんがオールピンクに塗装を施したスペシャルカラーです。

3人が、各々のルアーに適した、良さ気な感じの所にキャストしていると、
松本さんの桟橋際に投げた『トゥルタン』のスウィムベイトを、
大きめのバスが手元まで追って来ました!

「くえっ!くえっ!」

一同大興奮!!

ところが、
残念ながらバスは我々に気が付いてしまった様子で、
そのまま『すぅー…』と言ってしまいました…。

うぅ~残念、

ですが、このイベントで3人のエナジーも爆発モードに突入です。

ピンクに塗った『トゥルーライフ5inスウィムベイト』にバスの反応が有った為、気合いが増しております!
ピンクに塗った『トゥルーライフ5inスウィムベイト』にバスの反応が有った為、気合いが増しております!

キャンプ場前で、ソースケさん、ディープクランクでヒット!しかしバラし!気合いを更に注入!早川水門付近へ…、
キャンプ場前で、ソースケさん、ディープクランクでヒット!しかしバラし!気合いを更に注入!早川水門付近へ…、

芦ノ湖には、分厚い雲が掛かり涼しい感じ…、今日もマイナスイオンが満ち満ちております♪
芦ノ湖には、分厚い雲が掛かり涼しい感じ…、今日もマイナスイオンが満ち満ちております♪

しばらく、桃源台の桟橋を攻めた後、
キャンプ場前の、広く、なだらかな、ウィード&ロックエリアを攻める我々、
岸際から、概ね5~6mラインぐらいまでを、
ミノー、スピナーベイト、バイブレーション、ディープクランクを駆使し、
出来る限り効率良く、広いエリアを探って行く雰囲気。
ディプスファインダーに映るベイトの群れの泳層や、
単体で映る大きめの魚の泳層を加味し、攻撃の手は止む事を知りません!
しばらく強烈な波状攻撃の攻めが続く中、遂にソースケ君のロッドがしなりました!

「フィッシュです!」

ファイトを見る限りなかなかのロッドのしなり具合、
久しぶりの貴重な芦ノ湖のバスに、緊張が走ります!

ファイトの雰囲気から「コイツは45㎝はあるな?」と思いネットを探す私、
ところが、ボートに乗っていたはずのネットが見当たらない…、
しかも、ハンドランディングするには変な感じでフッキングしていてヤバい感じ、
アタフタしている感じの、
束の間!
バスが力一杯『バシャクレ!』て、
「バシャバシャーン!」悲しくもバレてしまいました…。
「あぁ~!結構良いサイズだったのにぃ~…。」
正に結構良型のバスだっただけに残念です。

バレてしまったとは言え、クランクでヒットしたのは気分がアガる現実!
一匹掛かれば何気にオボロゲなヒントは得られますし、
3人の士気も否応無しに上がると言うもの!
まだまだ頑張って釣りまっせぇー!

でも、道具を積んでる時にあったはずのネット、何で無いんだ…?

難攻不落の早川水門、デカバスが見える事が多いのですが、叩かれやすいせいか、なかなか釣れません…。
難攻不落の早川水門、デカバスが見える事が多いのですが、叩かれやすいせいか、なかなか釣れません…。

深良水門は先行者が居るので一旦引き返します。
深良水門は先行者が居るので一旦引き返します。

空模様はますます雲が厚くなってきました、釣りには好条件の感じです。
空模様はますます雲が厚くなってきました、釣りには好条件の感じです。

そのまま早川水門周りをチェックし、深良水門へと向かうと先行者が…。
とりあえず、また釣れちゃって、ネットが無くてバラすのもなんなので、
一旦おおばボートへ帰ってネットを乗せる事に…。
いつもの釣りなら、持参のラバーネットを乗せるのですが、
芦ノ湖の場合、巨鯉や、ビッグなトラウトも釣れちゃう可能性が有るので、
おおばさんに大きめのネットを借りているのです。

平田さんに諸々の報告をし再出発!
まだまだ時間はたっぷりあるぜよ!

ソースケ君のタックル、メインはやはりミノー系となりますが、ディープクランキングや、ビッグスプーンも織り交ぜて釣りをします。
ソースケ君のタックル、メインはやはりミノー系となりますが、ディープクランキングや、ビッグスプーンも織り交ぜて釣りをします。

二人は、ハング下に潜むであろう大物を狙い果敢にルアーをキャストして行きます。
二人は、ハング下に潜むであろう大物を狙い果敢にルアーをキャストして行きます。

あの手この手で攻めますが、やはり芦ノ湖のバス、いつもの様に手強い感じです。
あの手この手で攻めますが、やはり芦ノ湖のバス、いつもの様に手強い感じです。

優雅な遊覧船、たまには釣り以外で芦ノ湖を訪れるのも良いかも?やっぱ釣りが我慢出来ないかなぁ~…。
優雅な遊覧船、たまには釣り以外で芦ノ湖を訪れるのも良いかも?やっぱ釣りが我慢出来ないかなぁ~…。

風光明美、ここまで美しい湖で釣りが出来るというのは、正に極楽浄土の心持ちです♪
風光明美、ここまで美しい湖で釣りが出来るというのは、正に極楽浄土の心持ちです♪

水面に溺れていたヒラタクワガタをレスキュー!助けてあげたにもかかわらず、凶暴に威嚇をする勇ましさ!
水面に溺れていたヒラタクワガタをレスキュー!助けてあげたにもかかわらず、凶暴に威嚇をする勇ましさ!

おおばボートを再出航し、今度は芦ノ湖の東岸のハング下を攻める我々、
ハング下を攻めるのも、芦ノ湖では常とう手段。
去年の11月7日の釣行では、ソースケ君がハング下から、
数匹のブラウンや、バスがチェイスして来た経緯もあり、
我々3人の集中も高まる感じです。

三者が、ハング下を三様に攻めながら、
時に若干深めを攻めてみたりしてボートは進んで行きます。
しかし、日が昇って来たせいか、それとも我々のアプローチが悪いのか、
たまに小バスが手元まで追って来るぐらいで、然したる成果が出ない感じ、
ソウコウしているうちに、いつものプリンス前までたどりついてしまいました…。

プリンス前の桟橋に到着、なだらかなウィードエリアは実績があるので期待が持てます。
プリンス前の桟橋に到着、なだらかなウィードエリアは実績があるので期待が持てます。

桟橋周りも良いですが、広範囲でバスが散っている感じなので、広く探ってみるのが良いかもです。
桟橋周りも良いですが、広範囲でバスが散っている感じなので、広く探ってみるのが良いかもです。

ポイントを変えつつ、根気よくキャストを繰り返す我々「なかなか釣れませんねぇ~…」な感じ。
ポイントを変えつつ、根気よくキャストを繰り返す我々「なかなか釣れませんねぇ~…」な感じ。

プリンスホテル前は、我々的には実績があるポイントなので、
かなり粘って探って行きます。
正午近くなって来て、そろそろ、もう一本ぐらいは出しておきたい感じです。
ですが、芦ノ湖バスは、いつもの様に硬く口を閉ざしたまんま、
我々を完璧にシカトしちゃってくれています。

何となく重たい雰囲気になって来たので大移動でもしますかね?
じゃ、トリカブトぐらいまでイッチョ、ブッ飛ばしますか?

私の芦ノ湖用ボックスは、大きめのミノーがドッサリ!これで釣れれば言う事なしです♪んが、そうは問屋が卸しを断固拒否!泣き、泣き、泣き、
私の芦ノ湖用ボックスは、大きめのミノーがドッサリ!これで釣れれば言う事なしです♪んが、そうは問屋が卸しを断固拒否!泣き、泣き、泣き、

私の60アップ対応ボックス、夢ばかりがギッシリ!
私の60アップ対応ボックス、夢ばかりがギッシリ!

私の場合は、マジメモードの時には、ロッドをフェニックスで統一します、一番信頼出来るロッドだからです。
私の場合は、マジメモードの時には、ロッドをフェニックスで統一します、一番信頼出来るロッドだからです。

トリカブト付近から白浜へと、
芦ノ湖南岸付近の目に付くポイントをチェックして行きますが、
ほぼ反応は皆無…。むしろ、全く釣れる気がしません…。
時刻も2時を回ったので、後半戦は、必ずバスが視認出来る深良水門と、
ソースケ君がバスの存在を確認した、キャンプ場沖をチェックし、
最後に桟橋エリアを探ろうと言う事に…、
この所いつも、この作戦で後半戦を締めています。
その為もう一度大移動!
残り少ない時間、何とか釣らなくっちゃね!

芦ノ湖特有のヨダレポイント♪シャローにバスが居て、果敢にルアーを追って、バンバン釣れてくれれば言う事無いですよねぇ~…。
芦ノ湖特有のヨダレポイント♪シャローにバスが居て、果敢にルアーを追って、バンバン釣れてくれれば言う事無いですよねぇ~…。

芦ノ湖の様々なポイントを巡り、後半3時頃、深良水門に到着、バスマンションにバスは居るのか?
芦ノ湖の様々なポイントを巡り、後半3時頃、深良水門に到着、バスマンションにバスは居るのか?

さすがバスマンション!今日もたくさんのバスをホールド!でも、全然ルアーを相手にしてくれましぇ~~~ん…。
さすがバスマンション!今日もたくさんのバスをホールド!でも、全然ルアーを相手にしてくれましぇ~~~ん…。

いつもの様に、深良水門ではバスを現認するのですが、
なかなかルアーは喰ってくれません。
桟橋下に沈む『バスマンション』(←我々が勝手に呼んでるだけ)も、
大量のバスが居るのに知らん降り…。
少し離れた場所では、どうやら大きめのブラウンの群れがベイトを追っていたり、
たまには、バスがベイトを追う光景を見られますが、
バスの活性は上がっていようとも、ルアーは完全に無視…。

ちょっとぉ~、芦ノ湖のバス冷た過ぎなんじゃないのぉ~!!!!!!!!

三時代後半、男達の背中にはズッシリと疲労感が…。空も晴れて来てタフさが身に染みる感じです…。
三時代後半、男達の背中にはズッシリと疲労感が…。空も晴れて来てタフさが身に染みる感じです…。

優雅に遊覧船に揺られ、地中海まで連れてってくれたら良いのにぃ~、こうなったらイビサ島でハジケちゃうぜぇ~♪的な気分。
優雅に遊覧船に揺られ、地中海まで連れてってくれたら良いのにぃ~、こうなったらイビサ島でハジケちゃうぜぇ~♪的な気分。

朝一で、ソースケ君がナイスなバスをバラしたキャンプ場前、必ずバスは居るはずなのですが、中々にルアーを喰ってくれません。それが芦ノ湖というモノか…。
朝一で、ソースケ君がナイスなバスをバラしたキャンプ場前、必ずバスは居るはずなのですが、中々にルアーを喰ってくれません。それが芦ノ湖というモノか…。

深良水門を諦めて、早川付近に流れ着く我々…、
もはや、釣り人と言うより漂流者の気分…。
芦ノ湖は、ロングキャストが多くなるので、じわっと疲労がにじみます…。
ですが、ここが踏ん張り時と言うもの、
17時頃にはボートを返却しなければなりませんが、
今はまだ16時になったばかり、
しかもキャンプ場沖は、今日唯一の実績がある訳なので、
後は頑張るしかないでしょう…。

でも、釣りに来て、
ノーフィッシュのままエンディングを迎えつつある感じって、
かぁ~なり重いんですよねぇ~。

松本さんエンプティー間近…、若干トロケ始めております…。朝の気合いは何処へ…?
松本さんエンプティー間近…、若干トロケ始めております…。朝の気合いは何処へ…?

日も傾きかけて、そろそろタイムアップが見えてきました…、憔悴しきった三人…。黄昏れ感がつのります…。
日も傾きかけて、そろそろタイムアップが見えてきました…、憔悴しきった三人…。黄昏れ感がつのります…。

遠くに、スーパーアルミ艇で釣りをしていた粕谷さんが…、はたしてお魚釣れているかな?
遠くに、スーパーアルミ艇で釣りをしていた粕谷さんが…、はたしてお魚釣れているかな?

期待していた、キャンプ場沖も成果が出ず、
時刻は16時代後半です。

もっぱら諦めが98%な我々…。
残すは、おおばボートさん周りのシャーローのみ、
ここでタイムアップまでネバネバ~っと粘るのみ、
しかし、いつもおおばボートの桟橋下には結構なバスがストックされているので、
その辺のバスが、フィーディングで回遊に出ていればチャンスはあるかも?です。

ここで、ミヨシで釣っていたソースケ君が、
我々おじさん二人に気を遣ってか、単に疲れちゃったのか?
投げるのをヤメてしまいます。
残された松本さんと私は最後の力を振り絞り、
取り敢えずのロングキャスト!

とにかく、投げるだけの事です。

すると私のロッドが『ググン!』と持って行かれます!
なんと、終了5分前に奇跡のヒット!
すかさず、ソースケ君がネットサポートしてくれて、
ゲットしたバスは40UP♪

最後の最後に救いの一匹です。
ありがたやぁ~、ありがたやぁ~♪

タイムアップ間近、おおばボート近くで、係留されたモーターボート付近を広く探ると待望のヒット!最後の最後に42㎝の良型!あぁ~、ここまで本当に辛かったぁ~…。
タイムアップ間近、おおばボート近くで、係留されたモーターボート付近を広く探ると待望のヒット!最後の最後に42㎝の良型!あぁ~、ここまで本当に辛かったぁ~…。

トローリングをまじえて、トラウトとバスを狙った粕谷さんは残念ながら不発です。長年のキャリアも通用しなかったもようです。
トローリングをまじえて、トラウトとバスを狙った粕谷さんは残念ながら不発です。長年のキャリアも通用しなかったもようです。

不発に終わったものの、とっても楽しい爽やかな釣りがで来たとの事。そこが正に芦ノ湖の魅力なのです。
不発に終わったものの、とっても楽しい爽やかな釣りがで来たとの事。そこが正に芦ノ湖の魅力なのです。

一日が終わり、美しい湖面に後ろ髪を引かれつつ、芦ノ湖にサヨヲナラ…。今度こそ60アップ釣ってやるでぇー!
一日が終わり、美しい湖面に後ろ髪を引かれつつ、芦ノ湖にサヨヲナラ…。今度こそ60アップ釣ってやるでぇー!

の後、10分程釣りをしましたが残念ながら釣る事は出来ませんでした。
下船し、片付けをしていると粕谷さんがお帰りです。
釣果を伺うと「全然ダメだったぁ~、芦ノ湖は難しいねぇ~」との事、
どうやら、トローリングも上手くハマらなかったようです。

それにしても芦ノ湖は、最高のロケーションと、
最高のバスやトラウトをストックしていて、
まるで極楽浄土の様なレイクなのに、
釣りをする立場でトライすると、
時に針のムシロを着た様な気分を味わわせてくれる地獄のレイク!
なんて言うか、極端にツンデレ・チックな、サドマゾ・レイクと言える感じです。

だけど、ここで60アップが釣りたぁ~い!

『魅力』というより『魔力』

芦ノ湖、恐るべし…。


by SASA

20120722





.