DUMMY DOUBLE

オールドルアー&ユーズドルアーの委託、買い取り、通信販売

★中古骨董疑似餌釣具★マニアックなルアーマン達の隠れ家的な秘密基地!!!


釣れちゃった! 2012  

このコーナーは、
ダミーダブルのスタッフの釣行記や、
イベントなどのコラムをご紹介させて頂いております!
フローターや、カヌーなどでのバスフィッシングや、
管理釣り場でのマス釣り、バーベキューや飲み会など…、
様々な題材でお届けいたしま~す!

エピソード 20


深まりつつある秋♪
新利根川
のんびり気分で釣行です。

ここに来て早朝に冷え込む事のあるこの頃、
秋も本格的になって来た雰囲気を醸します。

ちまたでは夏の疲れからか、風邪がはやって来ており、
気を付けないといけない感じです。

今回の釣行は、寒くなって来ると調子が上がる釣り場、
新利根川へとまいりました。

といっても、我々の、ここ数回の新利根釣行はあまり成績も良く無く、
新利根川の魚が減ったのか?
釣れないダメな日に来ちゃっているのか?
それとも単純に我々がヘタッピなだけなのか?
マンジリともしない感じ。

はたして今回の釣行は爆釣なるか?
はたまた、又も不甲斐無い感じなのか?
んま、やってみなきゃわかんないよね~!

てな事で、釣りのパートナーは上野毛の貴公子粕谷さん。
粕谷さんはどんな釣り場も無難に釣りをこなし結果を残すベテランさん。

まさかのノーフィッシュは無いと思います。

ヘタッピな私(SASA)も安心気味です。

ちょっぴりネガティブなトーンでの釣行記の始まりですが、
頑張って釣りますぞよよん!

では、レッツラ・フィッシーン♪


久しぶりの新利根川は、無風ベタ凪。湖面からは湯気が立ちこめています。
久しぶりの新利根川は、無風ベタ凪。湖面からは湯気が立ちこめています。

気温は、この時期にしてはちょっと低くて16℃、水温は20℃です。
気温は、この時期にしてはちょっと低くて16℃、水温は20℃です。

準備を済ませて出航です!頑張って釣ってみましょう!
準備を済ませて出航です!頑張って釣ってみましょう!

早朝3時半、
上野毛駅前の粕谷さん宅に到着し、
用賀インターから首都高へ…。

車内では成人病や、尿漏れ等、この年頃に有りがちな渋い会話等を経て、
いつもの、新利根川の青い導水管のエントリーポイントへ付きました、
現地の気温は16℃、思ったより寒くバイオ脂肪防寒着装着の私も、
フリースが必要な状況です。

水面には湯気が立ちこめ、水温の方が高いのがわかります。
水温はと言うと20℃あり、この水温なら爆釣の可能性も有りそうです。

二人は老体にむち打ち、カヌーを下し、セッティングを済ませ出航!
あまり風もなく釣り易そうな雰囲気です。

もしかして秋のアラ食い的な感じで、今日は本当に爆釣かもです♪

魚探もバッチリ!私のタックルはバンタムセットです!
魚探もバッチリ!私のタックルはバンタムセットです!

美しい朝焼け。静寂の中、新利根川の一日が始まって行きます。
美しい朝焼け。静寂の中、新利根川の一日が始まって行きます。

神経を集中して、ナイスキャストが決まりまくる粕谷さんです。
神経を集中して、ナイスキャストが決まりまくる粕谷さんです。

カヌーはエントリーから対岸に渡ります、
途中の橋脚をチェックし、対岸霞ヶ浦本湖側へ船主を向け、
実績の高いササエリアを攻めます。

明け方より、ほぼ無風なので操船もし易く、
潮位の変化の助けを借り、ほぼエレキも回す事無く、
ナチュラルなドラックで攻める事の出来る最高の雰囲気です。

私は、まずはスーパーログで、
シャローに出そうなバスが居ないか探ります…。

しばらくログ投げるも無反応…。

どうやら、ミノーはダメみたいです。

次は、新利根の定番、クランクベイトを試します。
粕谷さんはバグリー『DB-1』を、
私は『ラトリン・トット』をキャストします。
じっくり、ゆっくり誘いますがバスは簡単には反応してくれません。

朝マズメの良い時間、この辺で一匹釣れても良い頃です…。

そんな停滞が続き…、

沈黙の束の間…、

「SASA君、ヒットだよー!」

やりました!

粕谷さんにヒットです!

お見事!何となくタフな感じの新利根川で一本目を取りました!
お見事!何となくタフな感じの新利根川で一本目を取りました!

6時35分、ヒットルアーはバグリーの『DB-1』です。
6時35分、ヒットルアーはバグリーの『DB-1』です。

キャリアの長いアングラーらしいヒットルアーですね♪やっぱり、バグリーは素晴らしい♪
キャリアの長いアングラーらしいヒットルアーですね♪やっぱり、バグリーは素晴らしい♪

5時に釣りを初めて、一時間半、
「何だか釣れないなー…」と思っていたら、
さすが粕谷さんです。
見事、バグリーで釣りましたよ!
お見事です!

バスのサイズは31㎝、新利根のレギュラーサイズです。

これで、何とかクランクで行けるのがわかりました。
後は投げまくるのみですね!

岸辺がササのエリアはボトムが硬く実績が高いので丁寧に探りましょう。
岸辺がササのエリアはボトムが硬く実績が高いので丁寧に探りましょう。

あれ?釣っちゃいましたよ!最近あんまり釣れない私が…。
あれ?釣っちゃいましたよ!最近あんまり釣れない私が…。

7時45分、ヒットルアーは『ディープリトル-N』バスは36㎝です♪
7時45分、ヒットルアーは『ディープリトル-N』バスは36㎝です♪

粕谷さんの一匹に触発されて、俄然テンションの上がった私、
ここらで一本取りたい所です。

ですが、昨今の釣果不振に「もしかして釣れないかも?」的不安もありつつ、
とりあえず投げまくる私…。
ですが、相変わらずバス反応は無く、中々釣れません。

やはりベタ凪がいけないのか?

若干風が吹くのを期待している感じです。

かれこれ,粕谷さんの一匹から一時間以上が経過してしまいました。

カヌーは一つ下の橋まで下りバイク屋さん前のポイントです。
ここは乱杭や枕船、ドッグもあり、杭の外側にドロップオフもあり、
実績の高いポイントです。

私は、ルアーを、新利根川で一番実績のある『ディープ・リトルーN』に変えて、
岸際から杭回り、ドロップオフから、ボトムをたる~くトレースする作戦に…。

この作戦、ほぼ釣れてしまうので自信満々の投入ですが、
案の定、杭エリアを抜けたドロップオフの始まり付近でバイト!
やっとの事で一本ゲットです♪

「ヤッピー♪」

9時20分、粕谷さんが2本目ゲット!今度はカキプロミノーで、お魚はちょこっと可愛いサイズです♪
9時20分、粕谷さんが2本目ゲット!今度はカキプロミノーで、お魚はちょこっと可愛いサイズです♪

今日は、シャローのシェイドにベッタリのバスも居そうなのですが…。
今日は、シャローのシェイドにベッタリのバスも居そうなのですが…。

曇天で、肌寒く、釣れそうな天気ですが、いかんせん無風状態が続きます…。
曇天で、肌寒く、釣れそうな天気ですが、いかんせん無風状態が続きます…。

さて、私も一本釣れて一安心、このペースで釣って行きたい感じです。

ですが、
なにしろ湖面が凪ぎ過ぎていて何だかいまいちな雰囲気、
スピナーベイトや、チビクランク的なウィーグルワート等も試します。
サスペンドのシャドも試しますが反応無し…。

「今日って、釣れる日なの?釣れない日なの?」
マンジリともしません。

すると「ヒットだよー!あー小ちゃいや、あれ?バレたかな?」と粕谷さん。

「粕谷さん!付いてます!可愛い奴が♪」

てな感じで釣れたのは可愛いバス君。

カキプロのミノーでゲット!

釣れない感じの時に釣っちゃうのは、やはりキャリアの差でしょうか?
お見事です。

正午頃、一旦岸に上がって腰を伸ばします。四十路と五十路は息抜きが必要なのですよ…。
正午頃、一旦岸に上がって腰を伸ばします。四十路と五十路は息抜きが必要なのですよ…。

工場の自販機で、粕谷さんがリボンシトロンを買って来てくれました♪懐かしい味でスッキリ美味しす♪
工場の自販機で、粕谷さんがリボンシトロンを買って来てくれました♪懐かしい味でスッキリ美味しす♪

さあ!後半戦も頑張りますよ!でも、ベタナギなんだよね~…。
さあ!後半戦も頑張りますよ!でも、ベタナギなんだよね~…。

粕谷さんの釣った可愛いバスの追加後、
我々オジサンなコンビ、健気に頑張っております。
ところが、中々釣れません。
少し風でも吹けば状況は良くなりそうですが、
この後に及んで無風状態…。

本来、新利根川は、日が登ると風が吹くのがいつもの事です。
ですが、台風が接近している影響と、
午後から雨が降る予報の関係上からか、無風で曇り空…。

一時、雲が途切れ日が出ると、かなり暑くなって夏の暑さが戻ります。
暑さもあって「風よ吹けー!」と思いますが、
太陽は2時間程で雲に隠れてしまい、残念ながら風も吹かずです…。
水温は21度に上がりました。

う~ん、もっと何か変化が欲しい感じです。


みて下さい、たいてい風に悩まされる新利根が無風…。
みて下さい、たいてい風に悩まされる新利根が無風…。

おまけに、雨が降って来ちゃった!これで活性が上がってくれると良いが…。
おまけに、雨が降って来ちゃった!これで活性が上がってくれると良いが…。

15時過ぎに降り出した雨、気象庁の天気予報は当たりました。
15時過ぎに降り出した雨、気象庁の天気予報は当たりました。

淡々と、ひたすらにキャストする我々、
いつもの様にちょい古系の巻き物メインの釣りですが、
新利根川なら、芦ノ湖とは違って無理無く釣れるはず。

何となくバイト的なコツンや、
明らかにレンギョの背掛かり的なゴツンはあるものの、
老体の二人での努力も虚しく、
午後はバスが釣れてくれません…。

時間ばかりが過ぎて行き、三時を回ると、
天気予報が当たり、ポツポツと雨が降って来ました。
「この雨でバスの活性が上がりますように…。」
祈りは届くのでしょうか?

時刻も16時を過ぎ、そろそろ夕マズメで、バスの喰いが立って来ても良い時間です。
時刻も16時を過ぎ、そろそろ夕マズメで、バスの喰いが立って来ても良い時間です。

夕マズメの大物に期待を掛ける粕谷さん。集中力は衰えません。
夕マズメの大物に期待を掛ける粕谷さん。集中力は衰えません。

エントリーの青い導水管が見えて来ました…。楽しかった一日もそろそろ納竿です。
エントリーの青い導水管が見えて来ました…。楽しかった一日もそろそろ納竿です。

結局の所、雨は状況を好転させず、
夕マズメは雨の中粘った甲斐もなく、
残念ながらバスは釣れませんでした…。

後半戦、全く釣れない感じになってしまいしたが、
久しぶりの新利根川は、カヌーで優雅に釣りな感じで、
大人の釣りを楽しめました。

とりあえずノーフィッシュでもなく良かったです。

その後、粕谷さんと恒例『やまとの湯』で温まり、
帰路に…。

今年もあと少しです。
あと何回バス釣りに行けるでしょうか?
今年はまだ50UPも釣っていないので,
印象に残る良いバスが釣りたい感じです。

皆さんも良い釣りをして下さいね!

では、この辺で…。


by SASA

20121020




.