★中古骨董疑似餌釣具★ DUMMY DOUBLE

オールド&ユーズドルアー ルアーフィッシングタックルの委託・買い取り・通信販売

ノスタルジックなルアーマン達のサンクチャリー♪レトロ昭和系耽美疑似餌秘密基地!!!


釣れちゃった! 2014 


このコーナーは、
ダミーダブルのスタッフの釣行記です♪
バス釣りをメインに、トラウトのエリアフィッシングなど、
常連さんとのワイワイ楽しい釣行や、
華麗で突飛な必殺テクニック満載の釣りなどなどをご紹介致します。
一時の暇つぶしにどうぞ♪♪♪

エピソード 08


5月21日
清涼感満載!
ノーザンラージマウスバスの聖地芦ノ湖へ…、
今日は昼からウェーディングでトライだぜ!!!


皆様、ごきげんよう!

今回の釣行は、
いっつもアブレてばかりの芦ノ湖に、
またも懲りずに来ましたぞよ〜!

なにせ、この所、どこに行っても全然釣れないから、
釣欲のパルピテーションが抑えきれなくなって、
私の副業でやっているタクシーの業務中の、
明け方の4時頃に弟の直人君に電話して、
思いつきで芦ノ湖に誘ったしだいです…。
直人君も今年に入ってバスが一匹も釣れてない8タコ状態なので、
早朝の突然の誘いにも関わらず、二つ返事のレッツラゴーです…。

とは言え、
私はタクシーの仕事を、あと2時間位(6時まで)は流す感じなので、
釣行は、馬込に11時の待ち合わせで直人君に迎えに来てもらい、
芦ノ湖での釣り始めは13時頃からと言う半ちゃん釣行ですがな…。
っても、最近は19時過ぎても明るいので、
釣りする時間はたっぷりありまするるる…。
いつも指を加えてスルーしちゃっている夕マズメを、
バッチリ釣ってハッピー気分さ!

行く東名の道すがら、
不眠での、うつろな眼での車中の釣り談義が、
睡眠不足のハイテンションで逆に盛り上がり、
箱根裏の峠を越えて、アッと言う間の芦ノ湖到着!
おおばボートで平田さんから釣り券を買い、
最近の芦ノ湖の状況を教えてもらいます…、
有り難い情報を蓄えて、
とりあえず、キャンプ場前からエントリーです…。

コピット頑張るずらよ!

えへん!今日は絶対に釣っちゃうよ!デカバスゲットだぜ!
えへん!今日は絶対に釣っちゃうよ!デカバスゲットだぜ!

そぼ降る雨の中、幻想的な芦ノ湖のキャンプ場前ポイントです。
そぼ降る雨の中、幻想的な芦ノ湖のキャンプ場前ポイントです。

雰囲気満点!どこかに必ずデカバスは居ます!ただ、簡単には釣れません…。
雰囲気満点!どこかに必ずデカバスは居ます!ただ、簡単には釣れません…。

直人君、初めてのウェーディングにアゲアゲぽよぽよ!このテンションで釣っちゃおうぜ!
直人君、初めてのウェーディングにアゲアゲぽよぽよ!このテンションで釣っちゃおうぜ!

そそくさとウェダーを着込み、
タックルの準備をチャッチャと済ませて意気揚々と入水!
芦ノ湖の美しい景色の中、
美しく澄み渡る湖水へとジャブジャブ入って行くと、
もう、それだけでエクスタシーのエキスが、
脳内をオーバーフローします…。

そぼ降る雨が、釣り気を誘い、
もう、直ぐにでもデカバスが釣れてしまいそうな、
そんな錯覚に溺れて、釣り人は溶けてしまうのです…。

束の間…、
キャストを思い出して…、全力でキャスティング!
名刀フェニックスの風を切る音…、
続いて、軽快な、アムバサダー3500Cのスプールの回転音…、
遥か遠くに着水するコーモラン、フォルテミノー…、
「カチッ!」っとクラッチが上がり…、
雨具に雨が下たる「ポツポツ」と言う音をBGMに…、
3500Cを巻き上げる時の、独特な『シャリシャリ…』音のハーモニー…、
おやおや、このまま行くと俺、快楽死しちゃうな…、
自己陶酔の泥沼に沈み込んで行く感覚…、
ほんと釣りやってて良かったよ〜♪

3500Cとフェニックス60L、ルアーはコーモランのフォルテミノー!このセットを振ってるだけでシアワセ♪
3500Cとフェニックス60L、ルアーはコーモランのフォルテミノー!このセットを振ってるだけでシアワセ♪

久々の水中撮影、キャンプ場前のシャローは大きな石が一杯!
久々の水中撮影、キャンプ場前のシャローは大きな石が一杯!

しっとり降り続ける雨が釣れ釣れを予感させますが、簡単には釣れてくれません…。空気はおいしいんだけどなぁ〜…。
しっとり降り続ける雨が釣れ釣れを予感させますが、簡単には釣れてくれません…。空気はおいしいんだけどなぁ〜…。

早川水門側に先行する直人君も、
無言でキャストを繰り返しています…。
美しい景色の中、水辺でロッドを振る兄弟…、
あれ?これって『リバー・ランズ・スルーイット』
否否、そんなカッコイイもんじゃゴザンセン…。
なんせ、コッチは釣れませんからぁー!
ザンネーン!

しかし、結構頑張ってますぞよ!
なのに釣れませんね…、
そぼ降る雨の、絶好の釣り日和…。
なのに、バスや、トラウトのライズすら有りません…。
ましてや、スポーニング時期で、
シャローに見えバスが居てもおかしくないのですが…。
あれぁ〜、なんか変だなぁ〜、
一向に釣れない!
どんだけー!

遊覧船をボ〜〜〜〜〜〜〜ッと眺めて、リールをシャリシャリ巻いて…、釣れない時に思うのは「俺ってなにしてんだろう?」そんな芦ノ湖…。
遊覧船をボ〜〜〜〜〜〜〜ッと眺めて、リールをシャリシャリ巻いて…、釣れない時に思うのは「俺ってなにしてんだろう?」そんな芦ノ湖…。

リアル・ホグワーツ!「アラホモアラ!」釣れる呪文を教えてたもれ〜!
リアル・ホグワーツ!「アラホモアラ!」釣れる呪文を教えてたもれ〜!

釣れないと、こう言う写真でもとろうかな?って感じになるよね〜、ダミーの釣行記アルアル…。
釣れないと、こう言う写真でもとろうかな?って感じになるよね〜、ダミーの釣行記アルアル…。

キャンプ場前で15時過ぎまで頑張っては見たものの、
ドウニモコウニモ結果が出ず…、
我々がヘタすぎるのかな?
もしくは、ここに、魚が上がって来ていないのかな?
いずれにしても、キャンプ場前は、
あんまり釣れる気がしない雰囲気に成ってしまったので、
とりあえず、一旦上がって、元箱根前のポイントへ移動してみます…。

所変われば、釣果も変わるかも?
とりあえず、行ってみるっきゃ無いっしょ!






所変わって元箱根!天気もよくなってカラッと晴れちゃった!わお!これじゃ釣れる気しねぇ〜…。
所変わって元箱根!天気もよくなってカラッと晴れちゃった!わお!これじゃ釣れる気しねぇ〜…。

アッチから、濃い霧が流れて来ました!幻想的♪ディメンターが出て来そう♪こんな風景が芦ノ湖の魅力!
アッチから、濃い霧が流れて来ました!幻想的♪ディメンターが出て来そう♪こんな風景が芦ノ湖の魅力!

ここは、北欧か?フィンランドか?ノルウェーか?美しい…、美しい…美しい…。
ここは、北欧か?フィンランドか?ノルウェーか?美しい…、美しい…美しい…。

元箱根に着くと、
ありゃりゃ?
パキンパッキンに晴れちゃった!
あぁー!もう釣れる気しない!
風が無いから、ベッドのバスやら、小魚までが丸見え!
むしろ、こんなにお魚居るんすか?
バスもいっぱい居るじゃん!
なんだよぉ!雨よ降れ〜!風よ吹けぇ〜!
じゃなきゃ釣れる訳が無いじゃんかぁー!
バスが狂う位、変な天気に成っちゃえぇー!

な〜んて悪口ばかり言っていても始まりません、
ともあれ、投げるしかないよねぇ〜…、

とか何とか行っていたら、
やってくれました直人君!
芦ノ湖でまさかのダブルヒット!

45センチと38センチのバス!
おってがらぁー♪♪♪
ルアーはなんとスーパースプーク!
奇跡は起きちゃうもんですなぁ〜♪♪♪

お!やりました!直人君、釣れない状況を一気に打開!45アップと35㎝のバスをダブルヒットだ!ヤッピー!
お!やりました!直人君、釣れない状況を一気に打開!45アップと35㎝のバスをダブルヒットだ!ヤッピー!





















てっ!ガチョーン!げげ!ジェジェジェ!なんじゃぐぉりゃー!こんな状態見た事無い!驚き桃の木山椒の木!ブリキにタヌキに洗濯機!正にビックリどっきりネタじゃ!
てっ!ガチョーン!げげ!ジェジェジェ!なんじゃぐぉりゃー!こんな状態見た事無い!驚き桃の木山椒の木!ブリキにタヌキに洗濯機!正にビックリどっきりネタじゃ!

とは言わないでぇー!

実はダブルヒットは、うっそピョーン!

てか、ダブルヒットなんかよりレアで奇怪な状況に遭遇したのでござるよ!

説明申し上げますと、

遠い昔、遥か彼方の銀河系…、

じゃ無くって、

二人して「釣れないねぇ〜…」って、ぼやきながら釣りしてたら、
何か、鯉的なモノが直人君の前に浮いて来て、
「あ〜あ、釣れないどころか、死魚が流れて来ちゃったよ…」
なぁ〜んて水面に浮かんで来た魚を見て思ってたら、
直人君が「お兄ちゃ〜ん!なんか変な物が浮いて来たぁ〜!」
って、呼ぶから行ってみたら、ナントこれが浮いてたの…、

正に『ガチョーン!』でしょ!

なぁーんと、ややデカのバスが、ソコソコのバスを飲み来んで、
って言うより、
飲み込みきれなくって浮いて来たってわけ…。

ありえへーん!
ですよね…、
私も長年バス釣りやって来ましたが、
こんな奇怪な状況にお目にかかるとは思っても見ませんでした!

誰かの悪戯か?
そんな分けないよね、
だって、バスってそんなに簡単に釣れないっしょ…。
だいいち、こんな不毛な悪戯をする意味ないもんね!

一体、水中で何が起きたというのでしょうか?
どんなドラマが有ったのか?
餌と思って、反射的にカブリついたらデカ過ぎた?
もしくは、ベッドを守っていたバスが、威嚇で噛んだ?←(無理が有るかなぁ…)
「ギョギョギョ!」過ぎて、笑っちゃいます!
てか、かなりホラー…。

もしかしたら、
直人君の投げたバイブレーションにパニックを起こしたバスを、
反射的にデカバスが餌と勘違いして食い付いた!
でも、思いのほかデカ過ぎた?
わけわっかんないですね!

神秘、神秘、神秘の現象〜♪

いやぁ〜、世の中(水の中)何が起こるか分りませんね!



ともあれ、この状況、ちゃんと風に説明しますと、
本当に、突如、直人君の5mくらい先に、ポカーンと浮いて来た訳です…。
それを、バイブレーションで引っ掛けて(ある意味ダブルヒット)
引き寄せたら、この状態…。

二人で、助けようと思ってシッポを持って引っ張りあうも、
ヌルヌルにヌメルし…、
バスの歯がウロコにカエシ状に引っ掛かりビクともしません…!
「取れんとやんけぇー!」
です…。

そんなこんなで、右往左往しつつ、
「そうだ、お兄ちゃん、車からタオル持って来るからそれで引っ張ろ!」
と、直人君が車に走り出した時、
デカバスの方が、断末魔的な『ビタビタァ〜ン!』と跳ねたら、
あら不思議、あれほど箱根秘密箱的にビクともしなかった二匹が、

『ぽろっ!』

って、とれましたとさ…。

もうダメかな…って思ってましたが、
どうやら、二匹ともエラをパクパクさせ生きていたので、
水に戻し、尾ビレを持ち、エラに水を送って前後させていると、
元気が戻って来て、無事、バス達は泳いで帰って行きました…。

良い事したね…♪

芦ノ湖の竜宮城的場所に招待されるかな?

てか、恩返しで、デカバス釣らせてくんろぉ〜!







キラキラと、美しい光の中で釣りをする…。こんな素晴らしい釣りと出会えて私は幸せ♪
キラキラと、美しい光の中で釣りをする…。こんな素晴らしい釣りと出会えて私は幸せ♪

一体どの位の水量を蓄えているのだろうか?そして、芦ノ湖には、どれほど魚が生息しているのだろうか?そして、この水中で、どんなドラマが起きているのだろうか…?
一体どの位の水量を蓄えているのだろうか?そして、芦ノ湖には、どれほど魚が生息しているのだろうか?そして、この水中で、どんなドラマが起きているのだろうか…?

湖岸のワインディングを湖尻へと戻ります!もう一度、キャンプ場前から、早川水門を攻めるつもりです!デカバスゲットなるか?
湖岸のワインディングを湖尻へと戻ります!もう一度、キャンプ場前から、早川水門を攻めるつもりです!デカバスゲットなるか?

ちょっと一服、湖尻港の猫ちゃん達…、営業部長と、営業課長…。
ちょっと一服、湖尻港の猫ちゃん達…、営業部長と、営業課長…。

日向ぼっこが僕らのお仕事ニャ〜ゴ♪
日向ぼっこが僕らのお仕事ニャ〜ゴ♪

キャンプ場前での第3ラウンド!日没まで頑張りますよ!
キャンプ場前での第3ラウンド!日没まで頑張りますよ!

キテレツなドラマを巻き起こした、元箱根を後にし、
夕マズメは、もう一度キャンプ場前に移動…。

道すがら湖尻のニャンコをかまい、
平田さんに、ホラーなバスの写真を見せ笑ってもらい…、
再度、キャンプ場前から入水です…。

何処までも美しい芦ノ湖…。神秘の湖は限りなく、どこまでも、どこまでも神秘的で…、神懸かり的に……釣れなぁ〜〜〜〜〜〜〜い!
何処までも美しい芦ノ湖…。神秘の湖は限りなく、どこまでも、どこまでも神秘的で…、神懸かり的に……釣れなぁ〜〜〜〜〜〜〜い!

と言う訳で、

最後に、
期待していた、キャンプ場前から早川水門までの夕暮れウェーディングは、
キャンプ場に泊まっていた学生のスクール達が、
「キャッキャ!」良いながら沖に向かって飛び石遊びを謳歌していたため、
フハァーツ!

あーあ、結局今日も釣れなかった…、

直人君は9連敗…、

兄弟揃って

「 と ほ ほ … 」


今回も、不甲斐無い釣行紀で悪しからずです…。

次回こそは!
次回こそは!
釣ってやるからねぇー!

ってことで、この辺で…、

ごきげんよう…、

また次回…。

by SASA


20140616



今日の、サービスショット♪みたけ温泉にて…「いやぁ〜〜ん♪♪」
今日の、サービスショット♪みたけ温泉にて…「いやぁ〜〜ん♪♪」


.