★中古骨董疑似餌釣具★ DUMMY DOUBLE

オールド&ユーズドルアー ルアーフィッシングタックルの委託・買い取り・通信販売

ノスタルジックなルアーマン達のサンクチャリー♪レトロ昭和系耽美疑似餌秘密基地!!!


釣れちゃった! 2014 


このコーナーは、
ダミーダブルのスタッフの釣行記です♪
バス釣りをメインに、トラウトのエリアフィッシングなど、
常連さんとのワイワイ楽しい釣行や、
華麗で突飛な必殺テクニック満載の釣りなどなどをご紹介致します。
一時の暇つぶしにどうぞ♪♪♪

エピソード 24


秋も深まってまいり
紅葉を楽しみつつのバス・フィッシング!
11月18日 
聖地 芦ノ湖へ

コ〜デル コ〜デル コ〜デル コ〜デル!
毎回釣れんと寝られんけん♪
コ〜デル コ〜デル コ〜デル コ〜デル!
毎回釣れんと寝られんけん♪
ろ〜いれ ろ〜いれ ライブウェルろ〜いれ 釣果は大事!
釣果〜い 釣果〜い 釣果〜い ウォチッチ♪

みなすわ〜〜ん!
ごきげんやぅ♪♪
SASAどぅえ〜すっ!
美しい紅葉が真っ盛りの秋になりましたね〜♪
街路樹の銀杏もまっ黄っ黄!
目の覚める様に真っ赤な楓や、
美味しそうな柿の実なんかもチラホラ…。
すっかり秋もエキストラディープな部分まで来ちゃっていますが、
皆さんは、芸術の秋、音楽の秋、食欲の秋、
睡眠欲、怠惰欲、釣欲の秋は楽しんでいますかにゃーん?

出航は6時半から…、ちょっと早めに着いたので、ボートハウスで読書な粕谷さん。
出航は6時半から…、ちょっと早めに着いたので、ボートハウスで読書な粕谷さん。

桟橋付近の水温は13.5度、外気温は6.4度、気温は低いですが、水温的にはまだ何とかなりそうです。
桟橋付近の水温は13.5度、外気温は6.4度、気温は低いですが、水温的にはまだ何とかなりそうです。

澄み渡る空、静かな湖上に海賊船、これぞ芦ノ湖って言うフォト・ジェニックなランドスケープ♪
澄み渡る空、静かな湖上に海賊船、これぞ芦ノ湖って言うフォト・ジェニックなランドスケープ♪

私的に今年の秋は11月の頭に、
愛妻のかおりさんと二人、7年目の結婚記念日のお祝い的な感じで、
青森に温泉旅行に行ってまいりましたよよよーん♪

新幹線で十和田七戸で降り、レンタカーを借りて、
『十和田美術館』で現代芸術の鑑賞…、十和田の街並をぶら〜り散歩し…、
岡本太郎さんの作品で有名な『星のリゾート奥入瀬渓流ホテル』に一泊…。

二日目は、奥入瀬渓谷をドライブ&散策で楽しみ…、
十和田湖で遊覧船に乗って…、
八甲田山の山腹にある『酸ヶ湯温泉』に宿泊♪
ここの温泉は泉質がド級にスゴくて、

強い酸性硫黄泉で、舐めると酸っぱいくらいのビビットな泉質!
アッと言う間に身体の芯から、疲れや痛みを吸い出してくれる様な、
素晴らしい泉質でしたよ♪
酸ヶ湯温泉は、奥日光の温泉寺、新潟県の松之山温泉と並び、
私のお気に入り温泉ベスト3にランクインです!

三日目は『青森県立美術館』を鑑賞し、『あおもり犬』と御対面した後、
青森の市街地を散策し…、
お昼ご飯に『アウガの鮮魚市場』で、美味しい海鮮丼を食らい♪
青森駅前で、青森工業高校の子達が披露する素敵な『ねぶた』に偶然出会い♪
『アスパム』の展望台から、
キラキラと美しい青森湾と青森の市街地の眺望を楽しみ♪
トドメに『青函連絡船メモリアルシップ八甲田丸』を見学したりなんかして、
お腹いっぱい♪ 夢一杯♪ 幸せ一杯♪ の、2泊3日の旅行を楽しみました♪

東京に帰ってからも、
11月の24日には『世田谷美術館』で、
カッチョ良い『ロシアン・アバンギャルド展』も堪能して来たし♪
今年の秋はすっかり充実!
目一杯、楽しんでる感じですにゃ♪♪♪

「人生は一度きりです、ガッツイて行きましょーうぃ!!!」

さて、長々とした前置きもこの辺にいたしまして、
本題の、釣りのお話とまいりましょうねー!

秋の薄雲が、朝焼けに照らせれて美しく輝きます…、自然の美しさに酔いしれる瞬間です…。
秋の薄雲が、朝焼けに照らせれて美しく輝きます…、自然の美しさに酔いしれる瞬間です…。

湖上でご機嫌な粕谷さん、水を前にしては、釣りキチのワクワクは止められません♪
湖上でご機嫌な粕谷さん、水を前にしては、釣りキチのワクワクは止められません♪

きれいな空気を胸一杯に吸い込めば、都会のアレコレは全て吹き飛んでしまいます♪
きれいな空気を胸一杯に吸い込めば、都会のアレコレは全て吹き飛んでしまいます♪

今回の釣りのメンバーは、
お馴染み、上野毛の貴公子の粕谷さん、世界を股にかける釣り人です!
今回は、ダミーのバスプロフェッサーのソースケさんも参加の予定でしたが、
体調不良につき、お家で養生という事で欠場…。
その為、私SASAと、粕谷さんのヨボヨボ初老コンビでレッツラゴーでやんす!
要介護高齢者同士の釣行ですので、ちょっと頼りない感じですが、
果たして、無事にバスは釣れるのでしょうか?
レーッツ!フィッシーング!

雄大な芦ノ湖の湖上の贅沢さは、表現するのが難しい程です…。これ程美しい湖で釣りが出来て感謝!
雄大な芦ノ湖の湖上の贅沢さは、表現するのが難しい程です…。これ程美しい湖で釣りが出来て感謝!

船溜まり、いつもなら魚影が濃いポイントですが、今日は一匹のバスも視認出来ません。ムムム…です。
船溜まり、いつもなら魚影が濃いポイントですが、今日は一匹のバスも視認出来ません。ムムム…です。

赤から山吹、そして緑へとグラデーションしている美しい紅葉♪この時期の芦ノ湖の釣りの楽しみの一つですね♪
赤から山吹、そして緑へとグラデーションしている美しい紅葉♪この時期の芦ノ湖の釣りの楽しみの一つですね♪

今回釣りにやって来た、ここ、芦ノ湖は、標高が724m!
東京と比べて気温はかなり低く、早朝の外気温は6.4度…、
やっぱりちょっと、肌寒〜い感じです…。
ただし、桟橋付近の表水温は13.5度有り、
前回の長門川での釣行が、朝一での表水温が7度弱でしたので、
それに比べたら水温自体はまずまずと行った感じです。
やはり、ファームポンドの浅い釣り場より、
ボディーウォーターが豊富な自然湖の芦ノ湖は、
水温は、ゆっくりと下がって行くのでしょう…。
この水温なら、まだ何とか釣果の期待も持てそうです…。

早速『おおばボート』のスタッフの平田さんに、
近頃の芦ノ湖のバスの動きや、
この時期のバスの主要餌となる最近のワカサギの状況お聞きすると、
「バスはだいぶ散っており、深くなって来ていて、
シャローに居ても数は少なく、桟橋の奥に潜んでいる感じで、
ワカサギは12〜15m付近に居るけど、あまり大きな群れではない」と言います。
きっと秋のバスですから、とりとめも無く散ってしまっているのでしょう、
今回も毎度毎度の様に、辛くて、苦々しい戦いが予想されそうです…。

湖の広大な芦ノ湖のどこかに、必ずデカバスが潜んで居るはずです!
湖の広大な芦ノ湖のどこかに、必ずデカバスが潜んで居るはずです!

芦ノ湖の釣りの面白いところは、機動性の高いエンジンボートを駆使出来る事です。アクセル全開レッツゴー♪
芦ノ湖の釣りの面白いところは、機動性の高いエンジンボートを駆使出来る事です。アクセル全開レッツゴー♪

観光客の皆様は、きっと芦ノ湖の美しさに癒されているんでしょうね♪マイナスイオン満載な芦ノ湖です♪
観光客の皆様は、きっと芦ノ湖の美しさに癒されているんでしょうね♪マイナスイオン満載な芦ノ湖です♪

凍った桟橋で、滑ってコケない様に慎重にわたり、
馴染みのステイサージャビルの上でセッティングを済ませ、
釣りの開始!

今日は、特にこれと言った特別な作戦や、
新たに仕入れたウェポンも無いので、
私的には前回の10月15日の芦ノ湖釣行の釣りの延長線上の雰囲気で挑むつもりです。
おそらくバスは、劇的な変化をしたというより、
前回よりスローに、タイトになっているんだと考えて良いと思っています。

まずは前回と同様に『おおばボート』の桟橋付近から、
桃源台の海賊船桟橋へ向かいながら、
6mライン上をエレキでじっくり流しながら、
3〜6mのウィードエリアに着いたバスが居ないかをチェック!
大遠投で、出来る限り広いエリアをトレースします。

魚探を眺めながらボートを進めてみると、
前回よりもウィードが減っていると感じます…。
引いているスピナーベイトに掛かって来るウィードも、
やや枯れ気味の物も多く、青いウィードもハリがありません…。

魚探には、極稀に、ウィードエッジにバスサイズの魚体らしき物も移りますが、
今のところは、バスなのか、ヘラなのか、鯉なのか、確信が無い雰囲気です…。

ベタナギなので、水中のゴンドラが丸見え!バスがいない!バスがいなぁ〜い!バスはドコじゃ〜?
ベタナギなので、水中のゴンドラが丸見え!バスがいない!バスがいなぁ〜い!バスはドコじゃ〜?

深良水門にマウンテンバイクでの観光者が到来!芦ノ湖は多様な楽しみ方が有りますね♪
深良水門にマウンテンバイクでの観光者が到来!芦ノ湖は多様な楽しみ方が有りますね♪

かぁー!深良水門もダメだったかー!きっついねぇー!大移動じゃー!バキューン!!!
かぁー!深良水門もダメだったかー!きっついねぇー!大移動じゃー!バキューン!!!

慎重に、丁寧に釣りをしながらボートを進めて、
桃源台の観光船桟橋まで来ました、
ここもかなり実績が高いポイントなので丹念に攻めてみます…。

しかし、丁寧にキャストを繰り返すも、残念ながらバスの反応はありません…。
見えバスも無く、やはり今日の芦ノ湖は手強い感じがにじみ出て来ています…。

折り返しおおばボート桟橋方向へ釣り戻る事にします…。

前回の芦ノ湖釣行では、幸先良く湖尻でバスを釣る事が出来ましたが、
この雰囲気だと、今回は最初のバスまで長い道程になりそうです…。

我々は、湖尻観光船桟橋、船溜まり、神宮へと、順々に釣り流します…。

ミノーから、シャッド、クランクベイト、スピナーベイトと、
あらゆるルアーを投げてみますが、
今のところ全くチェイスも無く不穏な雰囲気…。

神宮では、レイダウンの際に、
ホプキンスやビッグスプーンも爆撃しますが、
バスはぜんぜん顔を出してくれません…。

「やっぱり、もう冬が始まっちゃっているのかなぁ〜?」

思っていたよりもバスはタイトで、スローな様子です…。
てか、考えてみれば、芦ノ湖って、いっつもこんな感じで、
大抵スーパータフなんですけどねねねぇ〜ん…。

さて、気分を入れ変えて、
エンジンを始動して、大きく移動してみましょう!
今度は、亀ケ崎から深良水門に移動してみましょうかな…。

パキーン!ベタナギ…、こう言う時って、なっかなか釣れないですよね…。
パキーン!ベタナギ…、こう言う時って、なっかなか釣れないですよね…。

ワールド・ワイド・フィッシャーマン、Mr.粕谷のブルジョワ・タックル!ソルトタックルをバスにつかっているのが粕谷流です…。
ワールド・ワイド・フィッシャーマン、Mr.粕谷のブルジョワ・タックル!ソルトタックルをバスにつかっているのが粕谷流です…。

私はいつものフェニックスとABUなタックル♪
私はいつものフェニックスとABUなタックル♪

かなり沖目までせり出している亀ケ崎の岬を、
遠巻きからジックリと攻めてみますが、反応はゼロ…。
ここは大場所なので、バスが出れば、
きっと大物が出そうな雰囲気が満点なのですが、
我々的には、ここでは全く釣れた事が有りません…。
やはりこの様な大場所は朝一で来なくちゃダメなのでしょうか?
ですが、こう言った一級ポイントは、
ひょんな時に、ひょんな感じで、デカバスが釣れる事も有りますので一応チェック!
残念ながら今日も反応が無かったので、
このまま深良水門に釣り流して行きます…。


深良水門に着くと、湖上はベタナギ…。
湖畔の美しい紅葉を、水面がパキーンと綺麗に映し込んでいます…。
水中の様子もマルマルに丸見えで、残念ながらバスは全く見えません…。
深良水門も、ひとしきり攻めては見ましたが、全く手応えは有りませんでした…。
とりあえずエンジンをかけて、また、大きく動いてみる事にします…。

紅葉を見に行こうよー♪君と二人で行こうよー♪君の飼っているジバニャンも釣れて行こうよ♪by 狩野ニャイコウ
紅葉を見に行こうよー♪君と二人で行こうよー♪君の飼っているジバニャンも釣れて行こうよ♪by 狩野ニャイコウ

セクシーシャッドカラー♪しぇくしですかぁ〜?
セクシーシャッドカラー♪しぇくしですかぁ〜?

赤いロワイヤル号!釣れない時は、自ずと風景写真ばかりになりますなぁ〜…。
赤いロワイヤル号!釣れない時は、自ずと風景写真ばかりになりますなぁ〜…。

その後の我々は、
過去に実績の有っためぼしいポイントをチェックしながら進みます…。
まだノーフィッシュとは言え、
美しい景色と、きれいな空気…、
素晴らしい環境で釣りがで来ているテンションで、
粕谷さんとの会話も弾みます♪

根を詰めて必至に釣りを続ける初老な我々…、
そろそろ釣りの神様も同情してくれても良さそうなものですが…。
プリンスホテル前の桟橋付近で、
「そろそろ13時くらいかな?」と思い時計を見ると、
ナ〜ントまだ11時!
黙々とマジメに釣りをしていたので、あまりにもバスの反応が無いのも相まって、
もっと、すでに時間が過ぎていると感じていました…。

ですが、まだ、この時間ってことは、
バスが釣れるチャンスも、そのぶん多いって事ですね!
ガンバネェ〜バダァ〜!

成蹊、サロンドテロサージュ、箱根神社前、ノザキボート前と丹念に釣り進むも、
相変わらず無反応な我々…。
なにをやっても無反応な感じに前半戦でノリノリだった会話も、
徐々に少なくなって行き、いつの間にか二人とも、ほぼ無言に…。

時間も13時を回ったので、
そろそろ、元箱根湾のおおばボートさんで『ニャンコ休憩♪』を入れて、
一旦、気分をリセット致しましょう…。

移動しても、移動しても、手応え無し…。美しい空の清々しさが救いです…。
移動しても、移動しても、手応え無し…。美しい空の清々しさが救いです…。

元箱根『おおばボート』在住のポン太ちゃん♪今日はぐっすりと睡眠中…、ムニャムニャ〜ゴ…。
元箱根『おおばボート』在住のポン太ちゃん♪今日はぐっすりと睡眠中…、ムニャムニャ〜ゴ…。

かわいーね♪この子はポン太ちゃんの子供のポニョちゃんですニャ♪
かわいーね♪この子はポン太ちゃんの子供のポニョちゃんですニャ♪

まだちょっとチビッコだけどたくましい感じです♪
まだちょっとチビッコだけどたくましい感じです♪

ニャー♪お日様が気持ちいいニャー♪
ニャー♪お日様が気持ちいいニャー♪

ニャンコチャージ完了!さて、後半戦!頑張るじょ!
ニャンコチャージ完了!さて、後半戦!頑張るじょ!

元箱根の『おおばボート』さんで、恒例のニャンコ休憩♪

今日はポン太ちゃんはぐっすりとお昼寝…。

代わりに、ポン太ちゃんの子猫の白トラのポニョちゃんが遊んでくれました♪♪♪

「きゃわゆぅ〜い!」
プリチ〜族のポニョちゃんに癒してもらい、気分もバッチリ!
リフレッーシュ!!!

ここまで、釣りあぐねいている関係上、
『おおばボート』さんの若大将にワカサギの情報をお聞きすると、
「ワカサギは、観光船の航路と、ドシャローにヘロヘロなヤツが居る」
と言います…。
「バスは結構散っていて、つかみ所は無く、白鳥にはあまり入っていない」との事、
貴重な情報を有り難うございます!

いつも良くして下さる『おおばボート』の大旦那さんに、
「ここ見てみな♪」と言われて、桟橋の脇を覗くと、
なぁ〜んと!
ベイトフィッシュがい〜っぱい!!!
どうやら、ベイトフィッシュはウグイだそうで、
その中に、小バスではありますが、
今日、全く見なかったバスちゃんが、
悠々と泳いでいらっしゃるではあ〜りませんかっ!!!
うぅ〜ん、条件さえ揃えば、
こんな時期であっても、
まだまだバスはシャローに居るって証拠ですな…。
勉強になります…。

船溜まりのブイにバスが居ないか視認中…、どうやら見えバスはドコにもいましぇーん!僕は死にましぇーん!あだだのごどがずぎだだだぁー!
船溜まりのブイにバスが居ないか視認中…、どうやら見えバスはドコにもいましぇーん!僕は死にましぇーん!あだだのごどがずぎだだだぁー!

粕谷さんの背中に、薄らと疲れが見えて来ました…、背中からふわぁ〜っと魂が抜け出て来ています…、何とか頑張りたいところです…。
粕谷さんの背中に、薄らと疲れが見えて来ました…、背中からふわぁ〜っと魂が抜け出て来ています…、何とか頑張りたいところです…。

景色はいいんだけどねぇ〜…。
景色はいいんだけどねぇ〜…。

プリチ〜ニャンコな小休止で、気分を入れ替えた我々は、
再度、湖上へ出ます…。

とりあえず、白鳥ワンドの船溜まりのブイや、
ロープや、アンカーにバスが居ないかをチェック!

このワンドは、
今までも良くバスが釣れているので、
ちょっと粘ってみたいところです…。

『おおばボート』の若大将の
「ワンド内にはバスがあまり入っていない」と言う情報が、
若干気になりはしますが、過去の実績にとらわれて、
一応チェックしてみたいのが釣り人の性なのかもしれません…。

二人して、ブイや、ロープに沿ってホプキンスの絨毯爆撃!
アーケードゲームの『スクランブル』バリのミサイル投下です!

「釣れろ!釣れろ!釣れろ!」とシャクりまくるクレイジーな我々…。

懲りずに、何個も、何個も、
ホプキンスやビッグスプーンを無くしつつも粘る我々…。

だって、ここら辺で釣れてくれないと、
「心がポッキリと折れちゃいそうなんだもぉ〜ん…」な我々…。

どうやら若大将の助言通り、バスはあまり入っていない感じ…、
魚探の反応も乏しい感じです…。

約1時間の沈黙…。

「あちゃちゃ〜…、ここもダメだったかぁ〜…」

無念…。

時刻は14時30分、
今日は16時で終わりなので、残すところあと一時間半なりよ〜…。

どうするぅー? どうするぅぅーー? どうするぅぅぅーーー?


こうなったら、私に残された最後の手段と言えば、
キャンプ場前から、桃源台付近、おおばボートの桟橋へとトレースする、
必殺『大遠投・マキマキ攻撃!』しか残っていません!

さっき、元箱根のおおばさんの前のドシャローに居た小バスを踏まえると、
きっと湖尻エリアの何処かにもバスは必ず居るはずだ!(と信じたい…)
そこを、いつものラトリンラップ様か、マッドペッパー・マグナム様あたりで、
巻き物大遠投!で、百列肉球!の、カメハメハー!!!!

なのだー!

「スリ抜けながらかっさらえー!」

だぜぇー!!!!!!!

二子山、いずれヤシマ作戦の舞台に…、ポジトロンライフル発射!アナタは死なないわ、私が守るから…。
二子山、いずれヤシマ作戦の舞台に…、ポジトロンライフル発射!アナタは死なないわ、私が守るから…。

ダイイドーウ!桃源台に戻って来ました!最後の一時間は湖尻で勝負だぜ!
ダイイドーウ!桃源台に戻って来ました!最後の一時間は湖尻で勝負だぜ!

どこかに、どこかに、どこかに、必ずバスは居るはずです!頼む、釣れてくれ…、頼む…、
どこかに、どこかに、どこかに、必ずバスは居るはずです!頼む、釣れてくれ…、頼む…、

元箱根湾からエンジン全開でキャンプ場前に到着!

最後の望みの作戦は、ボートを6〜8m付近でキープし、
岸に向かって巻き物を大遠投!

私は過去の実績に頼りラトリンラップのシャドカラーをチョイス!

ウィードの面をゆっくり巻いて、デカバスゲットだぜぇ!!

これで釣れなきゃどうにでもなれだにゃぁー=====!!!

たらーん♪やった!クランクにチェンジして三等目位で結果がでました!41㎝の美しいバス君!
たらーん♪やった!クランクにチェンジして三等目位で結果がでました!41㎝の美しいバス君!

もんげー!ヒットルアーはこの子ずらぁー♪ウィスパーは逆さで驚いています♪「ウィッスー!!」
もんげー!ヒットルアーはこの子ずらぁー♪ウィスパーは逆さで驚いています♪「ウィッスー!!」

とぼー…、ドンヨリーヌな感じの粕谷さんじゅばぁ〜ん…。若干放心状態中…。分りますよ、その気持ち…、
とぼー…、ドンヨリーヌな感じの粕谷さんじゅばぁ〜ん…。若干放心状態中…。分りますよ、その気持ち…、

ほぼ、破れかぶれな心境と、
最後の瞬間まで釣りを諦めたくないの気持ちのアンサンブルとで、
大大大遠投の百列肉球ニャー!

魚探を見ながら釣り進むと、どうやら午前中と同じく、
ウィードエッジのキワキワに、バス風な魚影が映っています…。

「たぶんバスなんだと思うんだよなぁ〜…」
(バスであってくれぇ〜…)

絶対にバスが居てくれると頑なに信じて、
大遠投をしては慎重にリーリングする私…。

ちょいちょい引っ掛かって来るウィードをまめに取り払ってはキャスト!

隣では、粕谷さんが得意のミノーを遠投中…。

ところが、やっぱり、バスは沈黙して反応してくれません…。

時刻は3時半を回りました…。

「あと30分かぁ〜…、」
「もうダメかなぁ〜…」
「ちょっとバイブレーションじゃルアーが強過ぎるかなぁ〜?」
「もっとゆっくりヘロヘロ引きたい感じだなぁ〜…」
「ウィードに突っ込んでも良いからマッドペッパーマグナムにしてみよっかなぁ〜?」

自問自答…。

「よし、ウィードの絡みは多くなるけどマッドペッパーに変えよう!」
「カラーは、赤金?…今日はこれじゃ強いかな…、派手過ぎっぽいな…」
「ウィードエッジを釣るなら、チャートシャッドの方がナチュラルに見えそうだな…」

さらに自問自答なマイハート…。

…決定!

「出てこいオレの友達ー!! マッドペッパーマグナム、チャートシャーッド!!!」

『クランクぅ〜しょうか〜ん♪』

行けー!
マッドペッパーマグナム、チャートシャッド!
霊ガーーーーン!!!(突然
の浦飯幽助?)

「このバカちんがー!」ってな感じで大遠投!

すると、にゃ、にゃ、んにゃぁ〜んと!
3投目にして待望の「ガッツーン!」

「ヤッタか?ヒットか?」

「あれ?違うかな?」

グングン、グングングン!強烈な引き!

「うぉ!やっぱバスだ!」

しかも、ハイパーロングキャストのヒットなので、
ファイトが超たのすぃ〜♪♪♪

グイグイ、グイグイ、引っきやがるぜぃー♪

とは言え、やっとこさ掛けた貴重な一本!

バラす訳には行きません…、慎重に、慎重に…、

「ニャットイーン!」(ネットイン!)

「やったー!待望のバスちゃん、ゲットだずぇー!」

「うれすぃ〜♪♪♪」

取り込んだバスは、
強烈な引きの割には若干小振りに感じましたが41㎝ありました!

「これならギリギリおおばボートのHPの写真撮影サイズでしょ♪」

「うぉー!充実の一本!ダテにあの世は見てないぜー!」

苦労して、苦心して、我慢して、我慢して、
努力して、努力して、諦めずに釣った一本!
格別の満足をもたらしてくれます!

もう、アドレナリンが出っぱなしじゃにゃーん♪

と言う感じで、めでたく終了間際に貴重なバスを一本ゲットする事が出来ました!

あ〜りがたやぁ〜♪ あいがたやぁ〜♪

まるで馬頭星雲な夕暮れ時、バスが釣れた時には、美しい景色に酔いしれる余裕が生まれますね♪
まるで馬頭星雲な夕暮れ時、バスが釣れた時には、美しい景色に酔いしれる余裕が生まれますね♪

帰着時の温度計、気温も水温も、若干上昇していました。
帰着時の温度計、気温も水温も、若干上昇していました。

この季節は日が沈むのが早いので、海賊船もナイトクルーズ風です…。ロマチックにゃん♪
この季節は日が沈むのが早いので、海賊船もナイトクルーズ風です…。ロマチックにゃん♪

と言う感じで、イタチの最後っ屁的にラストで一本の釣果!

最後の最後…、ギリギリセーフの滑り込みの一本でした…。

それにしても、芦ノ湖はいつ来ても超手強いザンス…。

ほ〜んと、毎回ボーズの恐怖との戦いでございます…。

ですが、
そんなスリリングな釣りも芦ノ湖の魅力の一つですね♪

苦心してバスが釣れれば、喜びはひとしお♪
これまた、芦ノ湖ならではの、とっても美しいバスが釣れてくれますし♪
しかも、バスの引きは強烈に力強く、たくましい!
本当に芦ノ湖のバスのコンディションは素晴らしい限りです!

ハッキリ言って、かなり釣るのが難しいレイクとは言えますが、
その分、釣れた時の喜びは、とっても大きなモノとなります!

是非皆さんも、日本のブラックバス釣り発祥の地、
神聖なる芦ノ湖で釣りをしてみては如何でしょうか?
ちなみに芦ノ湖はワーム禁止ですよ!お忘れなく。

また、芦ノ湖にバス釣りに来る時は、
『おおばボート』さんでボートを借りて下さいね!
スタッフの平田さんに的確なアドバイスをしてもらえば、
デカバスゲットの可能性も上がるはず!
美し過ぎる芦ノ湖の50アップ!
モンスターバスを目指してトライしてみて下さいね♪

さてと、
今日もまた『みたけ』の硫黄成分満載の温泉にゆっくりつかって、
勝利の喜びに酔いしれるとしますかね♪♪♪

ねぇ〜、か・す・や・すわぁ〜ん…。



では、みなさま、また次回…、

ごきげんよう♪


by SASA


20141129

平田さんにお願いして二人のツーショット!明暗が分かれちゃいましたね!これが実力ってモノですよ!か・す・や・すわぁ〜ん♪♪♪
平田さんにお願いして二人のツーショット!明暗が分かれちゃいましたね!これが実力ってモノですよ!か・す・や・すわぁ〜ん♪♪♪


.