DUMMY DOUBLE

オールドルアー&ユーズドルアーの委託、買い取り、通信販売

★中古骨董疑似餌釣具★マニアックなルアーマン達の隠れ家的な秘密基地!!!


釣れちゃった! 2014 


このコーナーは、
ダミーダブルのスタッフの釣行記です♪
バス釣りをメインに、トラウトのエリアフィッシングなど、
常連さんとのワイワイ楽しい釣行や、
華麗で突飛な必殺テクニック満載の釣りなどなどをご紹介致します。
一時の暇つぶしにどうぞ♪♪♪

エピソード 22


秋深し…、
冬の始まりを感じるこの頃…、
秋のアラ食いを期待してカヌーフィッシング♪
10月30日 長門川

東京に木枯らし一号が吹き、
秋から冬へと移り行く今日この頃…。
冬の準備をむ迎え食欲の高まる頃のバスを釣るために、
釣り場へと向かいます。

今日の目的地は、春先や、秋口に大物が良く釣れる長門川です。

釣りのお供は、お馴染み上野毛の貴公子、
ワールド・フィッシング・アングラーのプリンス粕谷さん。
そして私、ハイパー・メタボリック・アングラーのSASAの二人…。
初老中年のヨボヨボ系の、良く言えばベテランなアングラーの二人ですが、
無理の無いペースで頑張って釣っちゃいますぞよ!
今回は将監川のボート屋さんからカヌーを降ろしま~す。

美しい朝焼けのなかで、手際良く準備を済ませ出航!
吐く息は白く、明け方の気温の低さに冬の訪れを感じる雰囲気です…。
将監川の湖上には、朝靄も立ちこめて、雰囲気も満点…、
他にも7~8名のアングラーさんが、ローボートにエレキ等をセッティングしています。
手早く準備を済ませた我々は、長門川に向かいカヌーを進めて行きます…。
表水温は13度、放射冷却で、夜から明け方の気温が低かったのでしょう、
ちょっと低めの水温にも感じますが、釣り的には何とかなるでしょう…。
今日の長門川は、緩やかな流れが有り、風はほぼ無風状態で、
何となく釣れそうな気配の、良い雰囲気を醸し出しています…。

「プルルルルルル…♪」
エレキの振動を感じつつ湖上を滑る様に進むカヌー、
穏やかな湖上は、カヌーイングを楽しむにはとても良い雰囲気♪
既に、リラックス系ヒーリングモードで、マッタリな気分の二人です…。
今日はユッタリと大人の釣りを楽しめそうですね♪

私の今日の作戦としては、
いつもの様に、岸から程よい距離で岸際のストラクチャーのエッジを撃ち、
ミノーやシャロークランク、スピナベイト等でシャローバスを狙う事と、
水深の深いポイントでは、若干沖目にカヌーポジションを取って、
カケアガリに有る竹串等に着くビッグバスをディープランナーで獲ると言う感じです。
概ねこの2ウェイの方法で、いつもの様な雰囲気で、
何となぁ~くバスが釣れれば良いかなぁ~って感じです…。

「ホノボ~ノ♪」と気分良く釣りを続ける我々…、
8時頃、まず始めに、
粕谷さんの投げていた『カキプロの9㎝ミノー』のオイカワカラーに、
「ガツーン!」とバスがヒットしましたよ!
良く引く元気なバス君です!
釣れたサイズは36㎝のナイスバス!
とても綺麗で、筋肉質で、コンディションの良いバス君です。
サスガに秋のバスは元気が良く、
これから冬に向けてますます太って行く感じを醸し出す魚体ですにゃ♪
「うらやますぃ~…」頑張って私も釣らネバダです!

粕谷さんの華麗(もしくは加齢?)なるヒットで、
シャローのストラクチャーにもバスがついている事が分ったので、
岸辺にタイトにキャストする事を心がけて釣っていると、
今度は、9時半頃に、
私の投げていたスピナーベイトにバスが食らい付きましたよ!
またしても、岸際の障害物の脇でのバイトです!
このバスも元気いっぱいファイトします!
釣り上げると、こちらもわりと良いコンディションの33㎝のバスちゃん♪
粕谷さんのバスには及びませんが、綺麗なバスちゃんです♪
ヒットルアーは『バイブラシャフト』のダブルウィロー、
ブレードはどちらも金で、スカートはパンプキン、
エビのつもりで投げていたルアーです。
やっとこさ、私も一本釣れて一安心…。
このぶんだと、今日は、この後二人とも2~3本は釣れそうな感じですね!
さらに頑張ってみましょうぞなぁ~!

二人してノーフィッシュをま逃れて「花の子ルンルン♪」な気分で釣りする雰囲気♪
そんなとき…、
私がサイドキャストしようとしたら、何かが「ぽちゃーん♪」と水中に落下しました…、
「あれ?なんか引っ掛けちゃったかな?」と探すと、
なんと!カヌーのミヨシの雑貨入れに入れておいたデジカメだけが見当たりません!!
「まっ、まさか!……うわぁー!やちゃったよぉー!」な私、
デジカメのストラップにでも引っ掛けたのか、
綺麗に、奇跡的に、デジカメのみが、シッカリ無くなっております…。
せっかく、このコラムの為に、
美しい河辺の景色や、やっと釣ったバス、ヒットルアー、
二人のタックルや、
粕谷さんの釣り姿等を沢山収めた物が水泡に帰してしまいました…。
デジカメは、お金さえ出せば買い替える事が出来ますが、
せっかく撮り貯めたデータが丸ごと無くなったのはショック!
大ショックです…。

あーあ…、馬鹿な私…。

そんな訳で、このコラムはいつもと違って極端に写真が少ないです。
(アシカラズ)
何せ、その後は、粕谷さんのスマホの撮影写真のみですので…。

落ち込むなぁ~…。

若干落ち込んだ気分を引きずりながらも釣りを続ける我々…。
なんだか、心にポカ~ンと穴が空いた感じです…。
さっきまでハシャイで居たのにドンヨリ~ナ~…。
ま、落ち込んでても仕方が無いので釣りしよーっと!

しばらく淡々と釣りを続けていると、
10時30分頃、私の投げたチビクランクにヒット!!!
今度は34㎝のバスちゃん♪
このバスも良い感じのコンディション♪

ヒットルアーはビルノーマンの『ディープ・タイニーN』です♪
粕谷さんのスマホで「ハイ、チ~ズ!」



昼頃になって気温が上がって、暖かくなって来ました♪
少し暑いなって来たので、お互いにジャンパーを脱いで釣りに挑みます。
表水温も17度まで上がりました♪
このぶんだと更に活性が上がるかも知れませんね♪

さて、更に集中して、サイズアップをゲットしましょう!



ところが、
水温も上がって活性も上がると思っていたのですが、
ここに来て、長門川の緩やかな流れがピタリと止まってしまいました…。
長門川はタイダルの影響を受けているので、
海での潮止まりの数時間後に、川の流れに影響が出始めます…。
さっきまで、あれほどワラワラと水面で活性高く蠢いた居た、
ボラやレンギョも静かになりました。
「ヤバイ!」バスの活性も下がるかも…。
てか、活性が下がるなぁ~、たぶん…。

とは言え、ネガティブ思考に成っていても仕方が有りません…、
キャストを続けていれば、思いがけずデカバスがヒットするのも、
釣れげの無くなったこんな時って感じが、
デカいバスが、ひょっこり釣れ無いとも限らない気もしないでは、
無いという部分も可能性として有るかも知れません…。(←???)


昼下がり、突然、私のルアーに巨大な何かがヒットしました!
まさに大魚の一撃です!!!
「なに者ぞ!!」…ってか、
「また、いつものハクレンだよね~…?」
なぁ~んて考えながらも、ウィグルワートを持ってかれちゃうのも嫌なので、
それなりに慎重に寄せてみると、なんか、青緑色の変な巨体…。
ファイトの感じも、
ハクレンの様な「ドキュン!」とピーキーな引き込みではない、
トルクのあるユックリとした「グネ~ングネ~ン」な引きなので、
ハクレンとは違う鯉科かも?のようです…。
何とか近くまで寄せてみると「あれ?これ青魚じゃないかな?」と粕谷さん…。
私も、初めて見る巨大魚でしたので上手く取り込んで撮影したかったのですが、
「プツン!」と背掛かりが外れて、怪魚は行ってしまいました…。
んぁ~残念…。

「しかし、あいつ、何者だったんだろう…?」

「ただの、ひっくり返ったハクレンかな?」

私が、変な魚を背掛かりした切っ掛けで、
「パチーン!!!」と変なスウィッチの入った粕谷さん!
「僕も、変なの引っ掛けたいなー♪」なーんて言って、
バイブレーションの早引にチェーンジ!
「そのメソッドはハクレンの背掛かり狙い丸出しぢゃないですかぁー…。」
「ビュンビューン!」と投げては「ゴリゴリー!」と引きまくる粕谷さん!!
ちょっと、何か変な物に取り付かれた感じです…。
ほどなく、上手い事に、
可愛いボラッコちゃんを引っ掛けて「ニッコリ♪」な粕谷さんです♪
どうやら、ヘンテコな溜飲も下がって、正気を取り戻しましたとさ…。

ウィグルワートにスレ掛かりした正体不明の巨大魚!! アンタダレ?
ウィグルワートにスレ掛かりした正体不明の巨大魚!! アンタダレ?

ベタナギで釣れないからか?デジカメ無くした放心からか?ポカ~ンな私…。
ベタナギで釣れないからか?デジカメ無くした放心からか?ポカ~ンな私…。

粕谷さんがバスをヒットさせたカキプロのミノーです。(この写真の撮影は芦ノ湖です)
粕谷さんがバスをヒットさせたカキプロのミノーです。(この写真の撮影は芦ノ湖です)

二本目に釣ったバス♪ヒットルアーはタイニーディープ-Nです。
二本目に釣ったバス♪ヒットルアーはタイニーディープ-Nです。

粕谷さんがゲットしたコボラちゃん♪
粕谷さんがゲットしたコボラちゃん♪

スバシコそうなお魚ですが、長門川のバスはこの子達も補食しているのでしょうか?
スバシコそうなお魚ですが、長門川のバスはこの子達も補食しているのでしょうか?


その後も、初老コンビなりには頑張って、
頑張って~、頑張って~、釣りをしましたがぁ~♪(←頑張りが伝わらない)
まっ…たりとした雰囲気は好転せず、
追加のバスは釣る事が出来ませんでした…。

「そろそろ日も暮れ始めたので納竿ですかね…。」

残念ながら、追加のバスは無かったものの、
とりあえず二人で3本のバスは釣れましたし、
寒過ぎてシンドイという事も無く、
わりかし良い釣りがで来た一日だと思います…。
感謝、感謝です。(←年を取って来ると何にでも感謝したがります)

贅沢を言えば、
後2~3本追加したかったですが、それは贅沢という物でしょう…。

今日は、の~んびりと釣りの良さを味わった一日と言えます…。
(デジカメの事をハブけばですけどねぇ…涙…、思い出したくないじょ!)

水上の帰路、なんかエビンルードの振動が増えたので、
ピックアップのピンを押して確認したところ、
「ポリ~ン」と何かが水中に落ちました…。
「あれ?なんじゃ?」
すると、続いて、ピックアプピンの押す部分のピンも落下…、
「ナヌ?何が起きた!!!」
「もんげ~!」なんとエレキの角度を固定するピンが全て緩んで落ちちゃったずらー!
このままだと、エレキを回すと、シャフトがグイーンて浮上しちゃうので、
イヤァ~ンな感じ…。
仕方が無いので手で押さえつつ進行ずらー…。
「うぬぬ~手が疲れるずら~」
ボート屋さんまで15分程エレキと格闘してやっと到着…。
「エビンは、もう修理出来ないからお釈迦だな…、
魚探の振動子のクランプに改造しよ~っと」な~んて考えつつ、
なんとか無事に帰着が出来て本当に良かったね…♪

…と、

思うや否や…、

先に桟橋に上がろうとした粕谷さんが、
カヌーのエッジに置いておいたロッドに足の甲を引っ掛けて
「ポッチャ~ン♪」
なんと、粕谷さんの宝物のアーキストリアルのロッドとABU2500Cのセットが沈没!

2度ある事は3度あるってこの事かな?

幸い、水深1.5m位の場所なので、
もう一本のタックルにホプキンスを結んで、無事釣り上げに成功♪
何だか、ドタバタなエンディングと成りましたとさぁ~…。



その後『大和の湯』で素敵な黒湯に「とっぷり♪」と浸かり、
身体の疲れをしっかり癒しまして、
帰路、湾岸線から首都高で、美しい東京の夜景を眺めつつ、
釣り談義や、えっぐぅ~いエロ話で盛り上がりつつ、
本日の釣行はお開きです…。

なにかと色々と変なハプニングの多かった釣行では有りましたが、
とりあえず、命だけは無事で良かったかな…。

さて、今年も残すところ2ヶ月!
出来る限り釣りに行くぞーぅ♪

人生は一回キリです!
ガッツイていこぉーう!!!

では皆様、また次回に、

ばいなら、ごきげんよう♪


by SASA


20141031


今回は写真が少なくて申し訳ないにゃ!
今回は写真が少なくて申し訳ないにゃ!


.