DUMMY DOUBLE

オールドルアー&ユーズドルアーの委託、買い取り、通信販売

★中古骨董疑似餌釣具★マニアックなルアーマン達の隠れ家的な秘密基地!!!


釣れちゃった! 2014 


このコーナーは、
ダミーダブルのスタッフの釣行記です♪
バス釣りをメインに、トラウトのエリアフィッシングなど、
常連さんとのワイワイ楽しい釣行や、
華麗で突飛な必殺テクニック満載の釣りなどなどをご紹介致します。
一時の暇つぶしにどうぞ♪♪♪

エピソード 19


長雨の夏の終わりに…
秋の気配を先取りしつつ湖上の遊戯
9月2日 相模湖

皆様、ごきげんよう♪

若干の残暑と、突然の涼しい気温の、行ったり来たりの毎日、
いかがお過ごしでしょうか?

東京は、8月の中頃から、
まるで雨季にでも成ったかの様なレイニーな毎日…。

どうやら、30年に1度の異常気象とやらで、
ほんの数日間で、
ひと月分の降雨量を遥かに超える大量の雨が降っていると言うからビックリです!

各地で土砂崩れなどの災害が起きる「なんだこりゃ!」な迷惑千万の天気に、
ちょっとウンザリ気味の気分を吹き飛ばしに釣りでも行こうかな?
きっと気温が涼しく成って、
バスがガムシャラにルアーを『カヂカヂ』してくれるに違いない!

しめしめ、こりゃ軽く10匹くらいは釣れちゃうぞ♪
大チャンスの到来だな!

日頃溜まった釣れない鬱憤を、このさいバッチリ晴らしちゃうぜぇーぃ!
だって、30年に一度の異常気象でしょ?
だったら、異常な釣果もあり得るダショー!
云々カンヌン…。

そんな、いつもの自分勝手な都合の良い妄想にかられ、
憧れの釣れ釣れレイク♪相模湖へとレッツラゴーです!

今日の釣りのお供は、SASAブラザーズの末っ子の哲哉君♪
初秋の釣れ釣れ爆釣シーズン到来かも?
と言うことで、目標の釣果は二人で20匹!
プラス40アップを2本づつ!!!
そのくらいは軽く釣っちゃいたいね!

ほんだば、
アゲアゲモードで、
ぎゃむばるジェジェジェの、

じぇりーふじおぉー♪

美しい夜明け、このところ雨がずぅ~と続いた東京ですが、今日はお日様が出てくれそうです…。
美しい夜明け、このところ雨がずぅ~と続いた東京ですが、今日はお日様が出てくれそうです…。

哲哉君、久しぶりのバス釣りに気合満点!元気ハツラツオロナミンピピピィーでござる。
哲哉君、久しぶりのバス釣りに気合満点!元気ハツラツオロナミンピピピィーでござる。

いつもは小バスをゲット出来る桟橋脇、今日はポッパーで一回だけ出ましたが乗らにゃい…、残念のザムド…。
いつもは小バスをゲット出来る桟橋脇、今日はポッパーで一回だけ出ましたが乗らにゃい…、残念のザムド…。

哲哉君とは、
早朝4時半に柴田ボートでの待ち合わせ、
チェロキーもエルグランドも
ほぼ時間ぴったりに二人とも無事到着。

相模湖は、運良く今日に限って雨も降らず、
曇天を予想させる未明の空…。

「ツイテルね~♪」

早速、車からタックルをおろし、駐車場でしばし釣り談義♪

そろそろオヤジさんが出て来て門を開けてくれる頃なのだが、
オヤジさん、かなかなか来ないので、
長い階段を降りて、ボートのセッティングでもして待つことに…。

湖畔でボートのスタンバイ、
このセットアップの高揚感は釣り場で一番心拍数が高いかも知れません…。

10分、30分、1時間…。

オヤジさん、来ないね…。

あれ…?

今日休みかな…?

他にもお客さん沢山いるし…。

常連さん的な人も待ってるし…。

「テツ…、柴田ボートに電話してみ…」
「オッケー!電話して見るネェ♪」
「PURURURURURU…」

しばらくすると、オバハンが出て、
「えっ!まだ来てないのぅ?」だって…。

あ~あ、こりゃ完全に寝坊だなぁ…。
まぁ、ただ待ててもツンマラナイから、
いつもみたいに、桟橋の周りで小バスちゃんでも釣っちゃおーっと♪

必殺!レジェンダー★タックル!で、
チビチビなポッパーをキャストゥ→→→→!

「釣れろ!ポコン♪ ホレ、釣れろ! ポコン♪ ホレ、釣れろ!」とアクション、

「んでたっ!」

…乗らずぅ~…、

あれれぇ?

今日は釣れないじゃん…。

ちょっと濁ってるのが影響してるかな?
見えコバスも全然いないし…。

ま、仕方ない…。

しっかし…、オヤジさん来ないねぇ~!

常連さん達はさっさと出て行っちゃったよ…、

俺らも行っちゃおうかな~?



…しばらくして、オヤジさんの登場!

「ゴメンゴメ~ン…、夕べ飲み過ぎたぁ~…」だってさぁ~ん。

「ドボチョ~ン!!!」

静かな湖面にキャスト…、至福のひととき…。
静かな湖面にキャスト…、至福のひととき…。

気圧が安定し、全体的に穏やかな湖面は美しい景色を反射しています…。
気圧が安定し、全体的に穏やかな湖面は美しい景色を反射しています…。

相模湖畔ボート屋銀座は、今日も昭和感が全開です…。
相模湖畔ボート屋銀座は、今日も昭和感が全開です…。

6時半を回った頃にやっと出船…。
とりあえず上流は濁りがあると読み、
まずは、本湖側からトライ!
北岸つたいに流し打ち…。
最初のワンド辺りで一本位は獲りたいところですな!

久々の釣りにハッスル満点な哲也君、
バシバシとナイスキャストが決まります!
負けじと神キャストを決め込む私…。
この的確な攻撃力の感じなら、程なくバスも釣れる筈ですぞ。

ところが、今日の相模バスは手強く、
投げるルアーに反応が鈍く、なかなかルアーを追いません…。

それどころか、このところの雨の影響か、水温が低いのか、
いつもなら、見えコバスとかが山ほど居るはずののに、
「しれぇ~っ」としてやんの…。

べた凪的な雰囲氣じゃんけ、
こりゃ今日も手こずりそうですなぁ~…。

哲哉君、がんばっていますが、なかなか釣れません…。ベタに凪いだせいか?それとも水質のせいか?
哲哉君、がんばっていますが、なかなか釣れません…。ベタに凪いだせいか?それとも水質のせいか?

ワンドの奥奥の奥奥も、キッチリ攻めて行きますよ!なにせ相模のバスは、かなり手強いですからねぇ!
ワンドの奥奥の奥奥も、キッチリ攻めて行きますよ!なにせ相模のバスは、かなり手強いですからねぇ!

やった!やっと釣れたぜ!念願の一匹目だ!苦心惨憺絞り釣った感じなのは…?
やった!やっと釣れたぜ!念願の一匹目だ!苦心惨憺絞り釣った感じなのは…?

エンジン船の機動力を活かし、
あちこち本湖を駆けずり回る我々…、
水質の良さそうな所…、ロケーションの良い所を探してラン&ガン!
本湖でも、ダムサイトに近い方は若干水も綺麗ですが、
その分、アングラーも多く痛し痒し…。
私的には時刻も8時を回ったので、
そろそろファーストエンプティ…。
第一シエスタの感じでございます…。
ては哲哉君、健闘を祈る…、

『ZZZzzzzzzzzz…」

「ムニャムニャ~…すぴぴぃ~…………」





「でたっ!やったっ!!」
「お兄ちゃん、釣れたよ!」
「引くー、けっこうデッカイかも?」

興奮のルツボな雄叫びに、ぬぬぬと起き上ると、
何やら、哲哉君ヒットしてるもよう…。

「頑張るぇ~!バレるぬぁ~!」

…魚は、ぐいぐいロッドを絞りこんでます!

ナイスファイトの末『スポーン!』と抜き上げると!

「なぁんだよぉー、引くと思ったらニゴイだぁー…」
「でも初めて釣ったからチョット嬉しいなぁ♪」な哲哉君。

と、言うことで、今日の1匹目はニゴイちゃんです!

とりあえず、HPのニギヤカシ的にGOODなのでお手柄!

「良し!じゃ気を引き締め直して今度はバスを釣っちゃおうぜ!」

ジャジャーン!ナント、ペンシルベイトに喰って来たのはニゴイさん♪君を狙っていたんじゃ無いんだけどなぁ~…。
ジャジャーン!ナント、ペンシルベイトに喰って来たのはニゴイさん♪君を狙っていたんじゃ無いんだけどなぁ~…。

のどか…。のどか過ぎて、釣れない…。バスはどこ…?見えバスもあんまりいないし…。
のどか…。のどか過ぎて、釣れない…。バスはどこ…?見えバスもあんまりいないし…。

本湖が今ひとつなのでエンジンで上流に大移動!こちらは浚渫された砂を運ぶ台船です。水が濁ってます…。
本湖が今ひとつなのでエンジンで上流に大移動!こちらは浚渫された砂を運ぶ台船です。水が濁ってます…。

とりあえずニゴイちゃんを一本釣ったものの、
あまり芳しく無い状況を打開すべく大移動を決意。

一旦、本湖は諦めて「おそらく濁っているかも?」を覚悟の上で、
思い切って最上流まで大移動します。



エンジン全開で遡上する我々のボート、
快適なクルージングのすがら、
全体のポイントの様子を見つつ打開策を模索する感じです…。

エンジンで遡上する間、水質に注意していると、
かなりハッキリとエリアごとに水質が変化して行きます…。

まず、本湖のダムサイト側は、
比較的に抹茶クリアーな水質で、ややグリーン系のアオコが混じっている感じ…。

本湖側でも、勝瀬橋付近に寄って来ると、やや黒い水質に…、
赤黒いアオコ的プランクトンが混ざった水質に…。

勝瀬橋を越えると、吉野ワンド内で浚渫船がホジクリ返した相模の低に堆積した、
砂に紛れた赤茶色の泥の濁り濁りに…。

そこから、やや登ると、今度は秋山川の水質の影響が強いと思われる、
白茶色のササ濁りに…。

秋山川を越えた途端に、湖流がハッキリと線で分かれて、
そこから上はさらに白けが増した白濁り感がプラス。

表層には、秋山川からの流に押し留められ、流木や、ペットボトル諸々生活ゴミ、
あらゆる浮遊物がベッド状にひろがっており、
かなりの距離を遡上して、大曲を越えた頃にやっとこさ、
ややフレッシュな水域にたどり着きます…。

ま、フレッシュとは言っても、雨後のササ濁りに変わりは無いのですが、
それでも、良く行く利根川水系に比べれば、かなりフレッシュな印象…。

まるで今日の相模湖は色んな水質パァーラダイスゥ!

我々のボートは、折角なので行ける所まで行こうと、
上野原の桂川橋付近まで遡上しては見たものの、
案の定、濁りは強く「あ~、雨の後の濁りだなぁ~…」な水質…。

ですが、こんな水質の時程、ヒョンな所で、
ヒョンな感じで、ヒョンな特大なバスが、
ウッカリチャッカリ釣れちゃったりするのが、
極稀なバス釣りアルアルでも有りますので、
全く油断は出来ません…。

と、言うより、いまだ一本もバスが釣れてないので、
否応無しにの必死モードなのでは有るのですが…。
てか、心のBGMはルードビッヒの悲壮ソナタなのですが…。

さてさて、決死の大移動を好機に変えて、
ゴリ押し的に頑張って、
チャッカリと、奇跡的にバスをゲットしちゃいますよ!

勢い余って上野原付近まで来ちゃいました…、でも、やっぱり、ニんゴニんゴに濁ってますぞぞぞぞぉ…。
勢い余って上野原付近まで来ちゃいました…、でも、やっぱり、ニんゴニんゴに濁ってますぞぞぞぞぉ…。

釣り下って滝壺に到着、ここで、デカバスが釣れればハリウッド大作映画的なアゲアゲ展開ですなぁ~。
釣り下って滝壺に到着、ここで、デカバスが釣れればハリウッド大作映画的なアゲアゲ展開ですなぁ~。

行け!哲哉!山場ですぞ!50アップが潜んでいると信じよう!信じ込もう…ってね。
行け!哲哉!山場ですぞ!50アップが潜んでいると信じよう!信じ込もう…ってね。

上野原エリアの、アル意味ササ濁りに、にごにごフレッシュなエリアで、
鼻息荒く「キャスト男祭り!」を開催した我々…。

そんな暑苦しい努力も、無惨に、
大振りのド空振りに終わり、
やり場の無い徒労感を感じつつ、
今度は湖を釣り下ることにしました…。

てか、テッペンまで来てしまった以上、
釣り下る以外に選択肢が無いのが現状ですがねぇ…。

若干釣り下った所の、
大場所過ぎて「釣りキチ三平以外どうせ釣れねんだろ!」的な、
バサーの夢だけを無駄に煽る素晴らしいろカーションの滝壺での、
薄らほんのりハイテンションなキャスティング・イベントを無事終えててて…、
「やはり、上流部は、釣れ気がしない」と言う、
何と無く、かなり前にハッキリ感じていたフォースの助言に素直にしたがって、
結局また、エンジン船の機動力を駆使し、
今度こそはフレッシュなウォーターを求めて、
一級ポイントの秋山川エリアを目指します。

全力歯ぎしりレッツゴー!
エンジン全開レッツゴー!

秋山川の合流点まで来ましたよ、何か変化が欲しい所です…、てか、釣れてください…。
秋山川の合流点まで来ましたよ、何か変化が欲しい所です…、てか、釣れてください…。

それにつけても濁っていますなぁ~…、ま、最近ずっと雨だったし、仕方が無いですねん。
それにつけても濁っていますなぁ~…、ま、最近ずっと雨だったし、仕方が無いですねん。

カメハメハ~、カメハメハァ~、カメハメハメハメハァ~♪のどか!
カメハメハ~、カメハメハァ~、カメハメハメハメハァ~♪のどか!

秋山川入り口付近の、
どうぞ釣って下さい的なマングローブエリアでは、
可愛いカモちゃん達と、呑気なミシシッピー赤耳亀君達がお出迎え…。

「ここも、きっと、撃ち尽くされているんだろうなぁー」な弱音な本音はさておき、
「投げねば釣れぬ!釣りたくば投げねば!」な、
松岡シュウゾー的な、超空回りとも思える激烈ポジティブシンキングを胸に秘め、
健気に、ひたすら健気にキャストを繰り返す我々…。

そんな健気な努力もスルーされるばかりの、
釣れ気の無い雰囲気に引きづられててて…、
ワタクシ、ここで二度目のエンプチ~…、シエスタタイムに…。
では、哲哉君、またも、しばらく私の分まで頑張ってくれたまえ…、

「ZZZzzzzzzzzz…………」

「ムニャムニャ♪スピィピィ~~ーー………………♪」





「あー!喰わないー!!!!!」

と言う、

ジタンダ的に残念がる哲哉君の悲しげな嘆きに目覚めると、
どうやら見えコバスのカップルに攻撃中の感じ…。

ちんまぁ~いワームをソフトプレゼンテーション中…。

「どう?」と聞くと、

「厳しいよ~…、 せっかく見えバス見つけても、賢すぎるんだよねぇ~…」と哲哉君。

「そうね、きっとここのバスはルアーの名前すら知ってる感じだもんね…」

哲哉君は秋山川エリアでも、かなり頑張りましたが不発…。

当たり前田のクラッカーに、数多くのアングラーも居て、
それもタフな感じに拍車を掛けています…。

しばらく思案して「もっかい本湖行ぐべぇかぁ?」と提案し、

「そぅだねぇ~、結局本湖が一番水が良かったもんね…」

てことで、再度、大移動でございます…。

しかし、よく寝たにゃろすぅ…。

カメハメハ~、カモカモハァ~、カメカモカメカモハァ~♪のどか!
カメハメハ~、カモカモハァ~、カメカモカメカモハァ~♪のどか!

どこ?バスはどこ?どうすれば良いのか、わっかんなぁーい!の境地…。
どこ?バスはどこ?どうすれば良いのか、わっかんなぁーい!の境地…。

結局、秋山川も不発に終わり本湖へ戻って来ました…、気持ちを再度再度再度リセットして再チャレンジです。
結局、秋山川も不発に終わり本湖へ戻って来ました…、気持ちを再度再度再度リセットして再チャレンジです。

哲哉君は、ここまで、
ビックベイトを含めて、シシーなワームまで、
オールマイティーにルアーをチョイス。

私は、基本、いつも通りにミノー、スピナベイツ、ポッパーをメインに、
巻物でバスを誘き出すつもりでした…。
でもヤッパリ今日は、と言うか今日もタフすぎるので、
反射喰い狙いに絞り、虎の子のホプキンス爆撃に作戦を絞ります。

相模湖のようにフィネス・フィッシングの超強者達が、
多数集まるフィールドでは、
もはや、私の釣りの様な、80年代風な大雑把なやり方では、
バスが釣れる可能性は難しい雰囲気…。
こんな時には、結局ホプキンさんに限るのです。

今まで、数々のピンチを救ってくれたホプキンさん!
私には、もはや、あなたしかいないのですよぉ~!!!
神様、仏様、ハマーン様、ホプキン様~ん!!!!!!!!!!!!!!!!

てなわけで、
ホプキンさんを「ポイポイ」とピッチしては2~3mフォールし、

「シャクン!シャクン!」とさそっては、フォール…。

「頼む、釣れてくれ…、お願いします、釣れてください…」と祈りつつシャクリ…、

ピッチ&シャクリングロボな私…。

「どの道、なかなか釣れないなぁ~」な感じで釣り続けてしばし、
柴田ボートと、勝瀬橋の丁度真ん中付近の立木脇にポイしたホプキンさんを、
見事にバスちゃんがパクついて下さいました!

「ヤッピー!ラリホー♪」な気分です!

小バスとわかっていつつも慎重にやり取りし、
やっとゲットな相模バスちゃん♪

ここまで長かったでござるよ~。

今日の私の相模湖セット、相模湖的には今時時代錯誤なファンキーなルアー達です。
今日の私の相模湖セット、相模湖的には今時時代錯誤なファンキーなルアー達です。

レジェンダーなタックルで幻の60アップを追い詰めるぜぃ!
レジェンダーなタックルで幻の60アップを追い詰めるぜぃ!

ジャジャーン!「フィーッシュ!見事幻のモンスターサイズをゲット!」ハイ、チーズ!苦心惨憺の一本でごわす。
ジャジャーン!「フィーッシュ!見事幻のモンスターサイズをゲット!」ハイ、チーズ!苦心惨憺の一本でごわす。

ここまで、散々大移動をしたと言うのに、
結局のところ、
スタート地点から50mと言う場所でバスが釣れると言う事はさて置いて、
取り敢えず、なんとかかんとか一本釣れたのは有り難い!

この調子で、もう一本!出来ればデカいの一本!

釣ってみたいものですな~。

とは言え、
何と無く柴田ボート付近はバスちゃんが居そうな雰囲気が漂っているので、
この辺りを集中してやってみましょうかね!

おや?たまに小バスが浮いてるよ!

もしかして、もしかしちゃうかな?

再度やる気モードにスウィッチがオンな我々…、

ここらでデカバスが釣れたらなぁ~!

完全にハッピー気分に成っちゅんだけどな♪

柴田ボート付近、桟橋周りと果敢に攻めてみたものの、
結局の所徒労に終わり反応ゼロ!

そのまま、ヘラ釣りエリアへと流し釣り…。

そして、ヘラ釣りエリアにヘラ師がいないのを良いことに、
ヘラ釣りエリアで、何やらがライズした所へ、
ビッグスプーンを大遠投!

そしたらナント、フォール中に「コココン!」だって!

バイトだ!
「エイヤァー!」と合わせるも、
「プリプリパリーン…」て感じでばれちゃった!

「エイ!ヤケクソじゃ!も一回投げるから喰いやがれ!」

と同じ場所に投げたら、また喰ったじゃんけ!

「やった!まんまと喰ったもんねー!」

って、引きも良いじゃん!

やったね!

てか、

ニゴイちゃん、だ・け・ど・ね………………。

続いて怪魚ニゴイーナもゲット!ビッグスプーンの威力見たり!
続いて怪魚ニゴイーナもゲット!ビッグスプーンの威力見たり!

全力歯ぎしりレッツゴー!白鳥丸もレッツゴー!
全力歯ぎしりレッツゴー!白鳥丸もレッツゴー!

全力歯ぎしりレッツゴー!クジラ丸もレッツゴー!
全力歯ぎしりレッツゴー!クジラ丸もレッツゴー!

「ヤッタ!」と思えばニゴイちゃん♪

ニゴイちゃんは濁りとか関係無いのね、

いつでも元気なのね、

ワイルドだねぇ~…。



さて、そろそろ時間は17時を回って、
残す所あと一時間です。

じゃ、最後は、こないだ田辺っちが『ダイラッカ』で50UPを釣ったと言う、
旧、一二三前を爆撃して終わりとしますか…。

我々も、間違ってビッグバスを釣っちゃったりなんかしちゃったりしてね…。

なぁーんてね…、そんなに上手く行かないちゅうの!

夢 夢 夢 夢物語さ…。

結局…、
結構頑張っては見たものの、残念な結果に終わってしまいました…。
なぬ?寝てばっかのくせにって?
だって、たいりょくもたないんだもぉ~ん…。

釣果は、

小バスちゃんが一本に、

ニゴイさんが二本…。

で、やぁ~んす♪

嗚呼…、無情…、レレレのレェ~・みぜらぶるるるるるるぅ~…。さすが、関東屈指のタフレイク…、残念ながら今日も惨敗でごいした…。
嗚呼…、無情…、レレレのレェ~・みぜらぶるるるるるるぅ~…。さすが、関東屈指のタフレイク…、残念ながら今日も惨敗でごいした…。

そんなわけで、時刻も18時となり納竿のお時間です。

今日はチョッピリ残念な結果でしたが、
ボーズをくらわなかっただけ有り難かったかもしれましぇん。

下船後…、
他のアングラーさんの釣果も気になったので、
ボート屋のオヤジさんに聞いてみたところ…。
全体的にあまりつ釣れはていなかったようですが、
最多引数を釣った人は11本も釣り40upも一本出たそうです。
釣れたルアーは、海釣り用のアジ用のワームで、
最もたくさん釣れたポイントは柴田ボートの桟橋のキワだったそうです…。
その人は、柴田ボートでも一番上手いと言われている方らしく、
さすが相模湖のエキスパートアングラーはドスゴイと感じました…。

うーん、バス釣りって奥が深いですね…。

とは言っても、
我々的にはシシーなワーミングは性分的に向いていないので、
結局のところ、好きな釣り方で釣れなければ、
それまでなのかもしれませんが…。

また次回、ここ相模湖に来る時には、
今回の経験を活かして、
少しでも良い釣果を出したいものですにゃ!

今回も不甲斐ない釣果で悪しからずです。


では、また次回に…。

ごきげんよう、

さようなら…。


by SASA

20160915



.