DUMMY DOUBLE

オールドルアー&ユーズドルアーの委託、買い取り、通信販売

★中古骨董疑似餌釣具★マニアックなルアーマン達の隠れ家的な秘密基地!!!


釣れちゃった! 2016 ダミーダブル釣行紀


このコーナーは、
ダミーダブルのスタッフの釣行記です♪
常連さんとのワイワイ楽しい釣行や、
華麗で突飛な必殺テクニック満載の釣りなど、
良い加減で、脱力気味で、お間抜けな釣りなどを、
赤裸々に暴露しているコーナーです♪


エピソード 14 ★ 07月04日(月)FO 王禅寺


夏のはじまり♪

少しの癒しを求めてトラウトのちょい釣り
都会のオアシス
『 フィッシュ オン 王禅寺 』

梅雨の合間の一瞬…、
上野毛のプリンス粕谷さんと共に、
東京都心から最も近い、
都会人のオアシス『 FO 王禅寺』へと
「ぷらっ♪」と釣りに出かけて来ました♪

シーズンも、トラウトにはキビシイ夏という事も有って、
1号池があまり釣れていない事や、
その分、3号池、5号池に魚が集中している事を踏まえた上で、
あえて、1号池で釣りをする、おじさん2人…。

王禅寺は、順次、ポンドのメンテナンスを兼ねて
釣り禁止の池が有り、今は2号池が釣り禁止です。
今後夏に向けて2号池はラジコンボートのレンタル池となる予定らしいです。

キビシイとは言え、
少しは楽しませてくれるでしょう?
と信じ、トライです!

はたして釣果は如何にぃ~?

あまり釣れていないという事で、ホトンド人気の無いイチロー池…。
あまり釣れていないという事で、ホトンド人気の無いイチロー池…。

セッティングをしていると、
ドコからとも無く、可愛いニャンコが現れました♪
どうやら、まだ若い女の子みたいです♪
人なつっこく近づいて来る、あまりの可愛らしさに、
私はセッティングの手を置き、
手持ちのベビースターをニャンコちゃんにあげました…、
「カリッ…、カリッ…、カリッ…、カリッ…♪」
美味しそうに食べています…。

そう言えば、会津の田舎のお婆ちゃん家のニャンコは
ベビースターが大好きだったな~、
なぁ~んて考えながら
かわいいニャンコを眺めつつ、
タックルをセッティング…。

ニャンコはそのまま、
エスケープの下でくつろいじゃった♪

ぢゃ…、
いっちょ釣ってみっぺがなぁ?

ドコからとも無く可愛いニャンコが現れました♪癒される瞬間です♪
ドコからとも無く可愛いニャンコが現れました♪癒される瞬間です♪

カワイコちゃんは、美味しそうにベビースターを「カリッ!カリッ!カリッ!」
カワイコちゃんは、美味しそうにベビースターを「カリッ!カリッ!カリッ!」

そのままエスケープの下にゴロリ…、お魚が釣れるのを待っているのかな?
そのままエスケープの下にゴロリ…、お魚が釣れるのを待っているのかな?

では、まずは、クランク系から投げてみますか?

どうせ、シビアと分っているので、最初っから最終兵器『ココニョロ』で!

遠投し、慎重に、慎重に…、
デッドスローで巻いて来ると、
なんと一投目から『バイト!』

でも『ポリ~ン…』と弾かれ、惜しくも乗らず…。

その後5投ほど投げては、
アンフェアー、
ツブアン、
等々…、
とローテして行きますが、
どれでも、一回はバイトしますが、
やっとこさ乗ってもバレちゃいます…。

もちろん、
ショートバイトという事も有りますが、
なにしろ、
入っている魚が小さ過ぎてノリ切らないって感じが
どうしても否めません…。

釣り座の直ぐ後ろに車が有るととても便利♪エスケープはデザインがイイネ♪
釣り座の直ぐ後ろに車が有るととても便利♪エスケープはデザインがイイネ♪

今日は、半日の、ちょい釣りなので、珍しくロッド一本でシンプルな粕谷さんです。
今日は、半日の、ちょい釣りなので、珍しくロッド一本でシンプルな粕谷さんです。

私の左手には「何じゃこりゃ!」の、醜いネットが…、川鵜や、鷺の対策だとしても見た目がおぞまし過ぎます…。
私の左手には「何じゃこりゃ!」の、醜いネットが…、川鵜や、鷺の対策だとしても見た目がおぞまし過ぎます…。

クランクから、スプーンへとチェンジ…、
今度は、しばらくナシのツブテ…。
仕方が無い、もう『りんぽん』で良いや…、
とリアル最終兵器『りんぽん』にチェンジするも、
せっかく乗ってもバラシばっかり…、
やっぱり、チョ~~~ット苦戦しちゃうかなぁ~…。



それにしても、
話しは逸れてしまうのですが、
最近の王禅寺は、チョット心配になってしまいます…。

と言うのは、
来るたんびに『?』と思う事が有るからです…。
たとえば、今回なら、
私の左手の巨大なネット!

魚をドロボーする、川鵜や、鷺の対策だとは理解出来ますが、
こんなインパクトの有る見た目に見難いモノを、
美しいフィールドのど真ん中に設置するセンスに理解が出来ません…。

強引に例えるなら、
『六本木ヒルズのセンター広場に人糞が落ちてる…』
様な、トンデモナイ違和感です…。

ちなみに、
王禅寺のシャレオツなレストラン『カーティスレイク』で
優雅な時間を過ごそうと思っている『ゼンジネーゼ』達は、
こんなオゾマシイ、鳥避けネットを見ながら、
素敵な昼食を食べたいと思うのでしょうか?

ハッキリ言って、レストランのお客様を遠ざける最低な物体…。

このインスタントなアイディアで、
小魚(王禅寺のマス、鵜に喰われるちょうど良いサイズ)を守って、
大事なお客様を遠のかせているとイメージは出来ないのか?
このアイディアにゴーサインを出した人のセンスを疑ってしまいます…。

本末転倒!
ダメダメ中の、
ダメダメです…。

今のシーズンは、ドロボー鳥達もかなり少ないし、
面倒でも、撤去するのが一流の環境を提供する為の努力というもの…、
せめて、夏の、アングラーの少なくなった時期に
レストランのお客様を増やす為にも、
カーティスレイクからのロケーションを
美しくする努力をするのが良いかと思いますが…。
いかがでしょうか?

残念なことに、
『王禅寺のステータスが落ちて来ている』と言う噂は、
見た目からも直ぐに分る感じです…。

勘違いしないで下さい。
むやみにクレームを付けている訳では有りません…。
本当はこんな事言いたく有りません…。
てか、言わせないで下さい…。
こんな厳しい苦言をあえて言うのは、
私がこのポンドを好きだからですよ!
何年も通って、思い入れが有るからです…。
きっと、アングラーの立場から見たり、
レストランのお客様の立場から見たら、
私と同じ意見の人は少なくないはずです…。

例えば、

鵜に魚が喰われたくなければ、
『魚を大きくすれば良い!』
それだけの事!!!

コストが掛かるというのなら、
『イチロー池』の『エントリーフィーを高くすれば良い!!!』
それだけの事!!!

そうなるとお客様が減ると思ってる?

逆です、お客様は増えますよ!

今のショボ~~~~~~~イお魚相手に誰が楽しめますか?

楽しむのは、シロートさんですか?
子供達ですか?

圧倒的多数のベテランアングラーにナメられる用なポンドで生き残れますか?

都心のアングラーは、お金を払ってでも、良い魚が釣りたいはずです!

ナニせその為に、
休日には、
北関東や山梨や、長野、北海道…、方々へと、
時間と、コストを掛けて、
良い魚、良いロケーション、良い雰囲気、
そこで釣った満足感や、
良い思い出を得る為に遠征するんです!

そして、そんな思い出に残る釣りをする為に日々努力しているのです!!!!

今の王禅寺で「また来たい!」って、
心から思っているアングラーがどれだけ居るのでしょうか?

今の王禅寺で、しばらくニンマリ出来る良い思い出が作れるでしょうか?

よく考えてみるべきだと思います…。

ディズニーランドとは言わないまでも、
そう言う『非現実感』が得られる
『ハレ』の『アミューズメントパーク』を目指すべきです…。
町の遊園地や、ビルの屋上クラスの遊園地の様な『ケ』の『遊技場』では、
いずれツブレてしまうのは見えています…。

王禅寺のロケーションは、
管釣り界で銀座四丁目の位置に有ると思います!

今の王禅寺は、
狙ってる客層…、
やってる努力の方向性が間違ってると思うのは私だけでしょうか?

場末の商店街の地元センスの普段着な管釣りではなく、
銀座、麻布、青山的なハイセンスな管釣りを目指した方が、
立地条件的にも、今有る施設を活かす上でも分があると思うのですが…。

例えば、
1号ポンド、2号ポンドは高級思考の大モノポンドにし、
3号、5号ポンドは、小物、数釣り一般ポンドとし、
エントリーフィーを、
ハイエンドとリーズナブルの2パターンに分けて、
差別化を図るのも良いかと思います。

3号、5号ポンドでは、
トラキン思考の、
数釣りテクニックを身につけたいアングラーさんには
トラキンサイズのトラウトをたくさん入れて釣らせてあげる…。
素人さんや、家族連れの方にも、たくさん釣って貰えるはずです…。

逆に、
1号ポンド、2号ポンドでは
お金を払ってもクオリティーの高い良い釣りがしたい…。
優雅に、ガチャガチャしていない場所でゆっくりフライが振りたい…。
たくさん釣るよりも、一日数本の大モノ釣りがしたい…。
と言う、大人の世代のアングラーさんを満足させてあげれば良い…。
土日休日等の混雑が予想される日は1ポンドにつき
50人限定の予約制!
オールリリース!!
持ち帰り無し!!!

私は、
そのくらい大胆に営業するのが、
王禅寺の立地条件に相応しいかと思います…。

今の状況じゃ、せっかく4つ有るポンド、
「ドコ入っても一緒じゃん!」
「しかも、ドコもショボイんじゃ飽きるよね…」
って、正直な所でしょう?

今の王禅寺って、ハッキリ言うと、
夢とか、ワクワクとか、ドキドキとか、ホトンド無いよね…。

かつて、ここは、
オシャレな『アーバンフィッシングリゾート』だったよ!
今や、川崎の奥地の『鄙びた鱒釣り堀』って感じです…。

私個人的には、
王禅寺が、ちゃんと良い魚が釣れる素晴らしいポンドなら、
半日6000円でもゼェ~ンゼン文句は無いかな?
むしろ、それが適正なエントリーフィーでしょ?
考えてみても、良い釣りがしたくって、
裾パーや東山湖まで、交通費で一万円近くかけて行ってるんですよ!
王禅寺で一日券で1万円払ったとしても、
東山湖や裾パまで行って一日釣るより安いって言うの!
しかも、近くて、疲れないし、安全快適♪
コレって、最高だと思います♪

ハッキリ言ってしまえば、
今の王禅寺は『ショボイ!』
寂しいよね…。

あ~あ、無駄に吠えちゃった…。
嫌われちゃうかな?
悪気は無いんです…。
全ては王禅寺に対する愛情なんです…。
すいません…。

だって、昨今、王禅寺のイメージ落ちまくってて
ホント寂しいんだもん…。

念のために申しますが、
王禅寺のスタッフが努力していないとは思っていません…。
きっと、大変な思いをしながら努力して運営をしているのだと思います。
それも、一応は伝わって来ています…。
でも、少し…、
努力の方向性が間違っている気がするのです…。

一つだけ、
東電時代と比べて格別に良くなった部分も有りますよ!
それは、スタッフのスマイルです♪
サービスと言うか、接客の質が暖かくなりました♪
昔の、ツッケンドンで、上から目線で、高飛車な雰囲気が無くなりました…。
そこは、天下のタックルベリーの接客の良い所だと思います♪

ほんと、
生意気言って申し訳ない…、
ゴメンナサイね…、
重ねてお詫びいたします…。

粕谷さん、苦心惨憺の一本…、嬉しくないのですか? (釣り座の前は、アオミドロの分厚い城壁…)
粕谷さん、苦心惨憺の一本…、嬉しくないのですか? (釣り座の前は、アオミドロの分厚い城壁…)

おっと!今度は少しサイズアップですね!全然引かないって…、それは言わない約束ですよ…。
おっと!今度は少しサイズアップですね!全然引かないって…、それは言わない約束ですよ…。

このサイズの魚がメインのトラウトフィールド、気分上がりますか?有る意味、自ずから鵜に餌やってる様なもんだよね…。
このサイズの魚がメインのトラウトフィールド、気分上がりますか?有る意味、自ずから鵜に餌やってる様なもんだよね…。


失敬失敬…、
お話が、思わぬ方向に流れてしまいました、アシカラズ…。

とは言え、
昔から通っている釣り場が、
だんだんと、廃れた雰囲気になって来ていると感じてしまって、
こんなに、良い立地条件の場所を、
あえて、ハードルを下げてヤレさせてしまうのは
見ていて忍びないのですよぉ~…。

イチロー池でヤットコさ釣れたトラウト♪嬉し恥ずかし、魚小さ過ぎ…。嬉し笑いというより苦笑い…。
イチロー池でヤットコさ釣れたトラウト♪嬉し恥ずかし、魚小さ過ぎ…。嬉し笑いというより苦笑い…。

私の管釣りボックス♪ルアーが沢山あっても活躍出来ません…。
私の管釣りボックス♪ルアーが沢山あっても活躍出来ません…。

私の管釣りタックル♪もう、ナイロンなら2lbでも太いと感じます…。1lbで充分ですよ…。
私の管釣りタックル♪もう、ナイロンなら2lbでも太いと感じます…。1lbで充分ですよ…。

さて、釣りの方に話を戻そっと…。

てか、釣りの方も、
その後もずぅ~っと沈黙に近い状況…。
たまに激ショートバイト…、
バラシ…、バラシ…、バラシ…。

粕谷さんは、感極まって「放浪しま~す♪」

そして1時間後「結果を出さずに帰って来ましたぁ~♪」

粕谷さん、観念して座す…。

集中して釣っていると、なんと粕谷さんのロッドがホノカにシナってます…。
「SASAくぅ~ん、釣れたよぉ~♪」
「わかった!ルアー動かしちゃダメだよ!ずぅ~っと置きっぱなし♪」
なんて言いながらヘアージグでヘラ師みたいな粕谷さん…、
その後、そのパターンで数匹追加です…。
本当だ、正解だ…。

私も、真似して『りんぽん・すぅ~もぉ』の放っとけで、
やっと一本!
そこまで、なぁ~んと3時間半…
「なんじゃこりゃー!」
ですなぁ~…。

釣りをしながら、
周りのアングラーさんを観察してても
トラキン君的なアングラーさんがタマには釣れてて、
他のアングラーさんは殆どロッドがしなりませんでした…。

「粕谷さん、オイラ暑くなったのでショップで身体冷やして来まぁ~す♪」
と休憩な私…、放尿を兼ねてショップを散策…。
ショップでお店番をしていた、
笑顔の素晴らしい、眼鏡の素敵な、
美しいお姉さまに、
「今日は、今まで来た王禅寺の中で一番釣れません…」と、ツブヤクと、
キラキラとした慈悲に満ちたスマイルで
「是非、サブロー池か、ゴロー池で釣ってみて下さい…釣れてますので…」
と有り難くも優しくアドバイスして下さいました…。
美しいお姉さまの助言には、無条件で素直に反射する私は、
直ぐさま移動を決意!

釣り座に戻って、
粕谷さんに「サブローに行きましょう!」と言うと
「………………… いいや ………。」だって…、
粕谷さんは、すっかり戦意喪失中…。
あまりの暑さに放心状態のご様子です…。
「頑張ってネぇ~♪」と、
笑顔でお見送りです…。

★ ★ ★

ただ今、』メンテナンス休業中のジロー池の風景…
ただ今、』メンテナンス休業中のジロー池の風景…

時刻は10時をスッカリ回ってしまっています…。

今日は、
朝一の6時からの6時間のチケットでのエントリーなので
12時までの勝負です!

残り時間は『 サブロー池 』でエントリー!!!
頑張るぞー!!!!!!!
(その気もないのに…)

っても、
自信無いよなぁ~…、

… あれ? 

水、良いじゃん!

岸際がとろろ昆布で、
ネットを使うと海苔取り漁でもしている様な
ヘドロ・ロドリゲスな『イチロー池』と比べて、
なぁ~んか良い感じです♪
お姉様の言われたとおりでしたわ♪
もしかして?
釣れちゃうんじゃなぁ~い?

じゃなぁ~い、じゃなぁ~い、じゃなぁ~い…、

あれに見えるは『 ゴロー池 』釣れると思っても、オール護岸の暑い照り返しが恐いので近寄り難いです…。
あれに見えるは『 ゴロー池 』釣れると思っても、オール護岸の暑い照り返しが恐いので近寄り難いです…。

なので、コッチの『サブロー池』で釣りをします♪
なので、コッチの『サブロー池』で釣りをします♪

釣れた!ちゃんと釣れた!『すぅ~もぉ』のタダ巻きであっさり釣れたよ♪
釣れた!ちゃんと釣れた!『すぅ~もぉ』のタダ巻きであっさり釣れたよ♪

8㎜『りんぽん』ハマりました♪またまた、ちゃんと釣れました♪
8㎜『りんぽん』ハマりました♪またまた、ちゃんと釣れました♪

今度は8㎜『すず・りんぽん』普通な感じで♪ちゃ~んと釣れましたよ♪
今度は8㎜『すず・りんぽん』普通な感じで♪ちゃ~んと釣れましたよ♪

サブロー池に着くとすぐに結果は出ました!
ソコソコのバイトが有ります…。

ですが、
やっぱり、クランク系はハジカレますし、
トドメの『りんぽん』も、
10㎜では、上手く乗ら無い感じ…。

軽めのスプーンにしようかとも思いましたが、
『りんぽん』のテストも兼ねているので、
『りんぽん』シバリで貫きます…。

10㎜は、あんまりにもバラしてしまうので、
日頃、このサイズは封印している8㎜の『りんぽん』にチェンジ!

すると、ウソみたいに乗るじゃんかぁ!

てか、あと30分じゃんかぁぁ?

正解が見つかるの遅過ぎじゃんかぁぁぁぁ~!!!

てな感じで、
終わりシナにポロポロっと釣れて終了です…。

タックルをしまい、粕谷さんを迎えに行くと、
粕谷さんは激沈…。

あ~あ、
最初っから素直に
『サブロー池』で釣りしとけば良かったですね…。

皆様、王禅寺に出掛けられるようでしたら、
素直に『サブロー池』か『ゴロー池』へどうぞ、
ソコソコは釣れるかと思います…。

今日は、
カクベツに不甲斐無くも、
グチっぽい釣行紀で、
メンボクシダイモサランヘヨォ~!!!

んな感じで、

このへんで…、


by SASA


20160707・七夕



追記
この際ですので、FO王禅寺の、気になる部分を他にも幾つか書いてみます。
★ 東電時代に比べて、水質が劣化してきている。※排水にコストが掛かるのは分かるが、水質が悪くなれば魚のコンディションが下がり、質の良い釣りが出来なくなる。水質の劣化は、アングラーから見て一目瞭然、アングラーは一日中水を見ているのだから、水が汚ければテンションが下がる。☆対応策=水を循環させるだけでは、いずれ、水生植物、藻、ケイソウ類が飽和するのは当然なので、新たな水を多く入れるか、キチンとした濾過層を作る意外に水質の改善は不可能。水質改善にコストが掛かるなら、その旨利用者に理解してもらいエントリーフィーを値上げする。★鳥よけネットが景観を著しく損ねている。花火の打ち上げ、軽トラのクラクションがウルサイ。※非現実、美しいフィールド、素敵な釣り、素敵なランチを求めて王禅寺に来たアングラーや、お食事のお客様の気分を害している。クラクションや、花火は、付近の住民に迷惑がかかる。また、鳥もいずれ、音や花火に慣れてしまい、効果が薄れる。イタチゴッコ…。☆対応策=レーザー光線で鳥対策の効果を上げているフィールドがある。そのような装置の設置を考える。レーザー光線を使っている管釣りのオーナーなどにリサーチはしたのだろうか?設置コストを調べてみたのだろうか?近隣の住宅にレーザーが当たらないように、効果的に照射する射角はいくらでもあるので、具体的にシュミレーションして効果的な照射角を探る。★駐車場の、フライのバックストローク時の車の傷避け用のロープが醜い。☆対応策=最低限のロープはやむを得ないが、フライエリアの制限などで、出来るだけロープの量を減らす。★エントリーフィーは安ければよいというものでは無い、安ければ施設の維持が難しくなり劣化する。お客様の質も下がりイメージはさらに落ちる。チープな釣堀のイメージから、高級感を取り戻し、富裕層のお客様の居場所を増やす。今の王禅寺はチープ感のスパイラルが起きている。諸々改善すべきかと感じます。
王禅寺からは、ハイクラスのアングラーが他のフィールドへと逃げていると認識すべきでしょう。

★ 以下の文章は、つれない釣り堀『 釣り天国 』オヤジさんのブログ
2015.05.24から抜粋した文章ですが、心に刺さるモノがありましたので一部紹介いたします。

=====

 以前に村田さんが言っていた。

 お客さんが来ないのは、魚が少ない、魚の元気が無い。

 「1.5倍放すこと、餌をやる事、金、土はやらない」

ズルをしてしまう日もあるが、なるべくやってみっぺ・・・

 と、やってきただけ・・・

 でも、餌代は酒の量を減らした。

 血圧が良くなった。

 変だ! お客さんが欲しくて、欲しくてやった事が、血圧が下がった。

 その上、お客さんが増えてきた。

 お客さんに感謝・・ 村田さんに感謝・・ 林養魚場に感謝・・

 あぁ~

=====

ホノボノする文章だけど、
この文章に商売の本質が有る様な気がする…。

昔、子供の頃、良くおふくろが言っていた…、
きっとお婆ちゃんの受け売りだろう…、

「損して、徳とれ…」

だから、サービス業?

管釣りもサービス業だよね?

.