DUMMY DOUBLE

オールドルアー&ユーズドルアーの委託、買い取り、通信販売

★中古骨董疑似餌釣具★マニアックなルアーマン達の隠れ家的な秘密基地!!!


釣れちゃった! 2014 


このコーナーは、
ダミーダブルのスタッフの釣行記です♪
バス釣りをメインに、トラウトのエリアフィッシングなど、
常連さんとのワイワイ楽しい釣行や、
華麗で突飛な必殺テクニック満載の釣りなどなどをご紹介致します。
一時の暇つぶしにどうぞ♪♪♪

エピソード 09

6月2日
暑い東京を離れて、芦ノ湖釣行♪♪♪

雲一つ無い爽やかな空に、美しい曙光が差し込みます♪
雲一つ無い爽やかな空に、美しい曙光が差し込みます♪

前回の芦ノ湖釣行から約一ヶ月。
季節は初夏に差し掛かった6月2日に、
またもや芦ノ湖へとやって来ました♪
つい10日程前に、ササさんが兄弟でオカッパリ釣行をしていて、
シャローにベッドを作っているバスを沢山発見しているので、
丁度その頃にスポーンをしていたバスが回復して、
釣れだすのではと、楽しみにしながらの釣行です!!!
前回の釣行で、粕谷さんの見事な50upが目に焼き付いていて、
あわよくば同じ様な巨バスを釣りたい所です!

テンションの上がって来ないササさんは、釣りの前とは思えない程静かに準備をしております…。
テンションの上がって来ないササさんは、釣りの前とは思えない程静かに準備をしております…。

パッキーンと静まり返った湖面に、一抹の不安が過ります。行楽には良いのでしょうが…。
パッキーンと静まり返った湖面に、一抹の不安が過ります。行楽には良いのでしょうが…。

静かな芦ノ湖の湖面には、キャストした時の波紋だけが残っていましたとさ…。
静かな芦ノ湖の湖面には、キャストした時の波紋だけが残っていましたとさ…。

芦ノ湖に年を跨いでヤラレっぱなしで、
湖に向かっている車中でも、全然テンションの上がっていないササさんと、
対照的にアゲアゲな自分の2人を乗せた愛車は、快適に芦ノ湖へと到着♪
ウキウキとし過ぎて、少し早めにおおばボートさんに到着した為に軽くオカッパリ。
思いの他アッサリと、15分程で自分の投げていたロングAで1バラし。
いつもは魚の反応すら無い事もざらなのに、幸先の良いスタートです。
時折ボイルも起こり、2人のボルテージも上がります♪
ただ気になるのは、風が全くと言っていい程吹いておらず、正に湖面は鏡面仕上げ…。
ボートの操船はしやすそうですが、
ここまで静かだと経験上かなりのタフになると思われます…。

ササさんのタックル。初めの内は、マグナムサイズのバグリーDB8でビッグワンを狙っていましたが、アッと言う間に身体が悲鳴を上げたみたいです。
ササさんのタックル。初めの内は、マグナムサイズのバグリーDB8でビッグワンを狙っていましたが、アッと言う間に身体が悲鳴を上げたみたいです。

私ソースケのタックル。ルーミスで一揃えしてみました!チラホラ最新のルアーが見え隠れしております。
私ソースケのタックル。ルーミスで一揃えしてみました!チラホラ最新のルアーが見え隠れしております。

前回は呆気なく釣れちゃった深良水門も、この日は難攻不落なのでしょうか???
前回は呆気なく釣れちゃった深良水門も、この日は難攻不落なのでしょうか???

準備を終えて、まずは手始めに、
おおばさんから流し始めて桃源台の桟橋へ。
出船まえに時折ボイルが起こっていたので、
近くにバスは居るはずですが…。
魚が居るからと言って簡単に釣れる訳も無く、
ある程度流し終えたら、深良水門の辺りに移動します!

深良水門の直ぐ脇にある桟橋跡の沖目でヒットしたのは、全く予想していなかったサクラマス!
深良水門の直ぐ脇にある桟橋跡の沖目でヒットしたのは、全く予想していなかったサクラマス!

到着した深良水門は、
前の釣行とは打って変わって、驚く程の凪ぎっぷりで、
美味しいポイントの水中も丸見え…。
泳がしているルアーがとても浮いて見えて、
これは厳しいな~と思っていると、桟橋跡の沖目で何かが跳ねた音が。
スグそこの届く距離なので、すかさずササさんが『アブのキラー』をキャスト!
そしてジャークで誘った途端に激しいバイト!!
でも上手い事フックアップせず、少しポーズをして再度誘った所でもう一度バイト!!!
今度は上手い事フッキングが決まり、慎重によせて来ます♪
下へ下へと潜るナイスファイトの末に上がって来たのは、
僕らの中では初の捕獲となるサクラマス♪♪♪
鱒類で有れば、てっきりブラウンだと思っていたのですが…。
後で聞いてみると、キャスティングでサクラマスを釣るのは、
相当難しいらしく、狙っている人が年間で数尾も釣れない様で、
ササさんはとても羨ましがられたみたいですよ!

空気がすんでいて、綺麗に富士山がお目見えしていました♪
空気がすんでいて、綺麗に富士山がお目見えしていました♪

少し風が吹き出したタイミングで成蹊に突入!
少し風が吹き出したタイミングで成蹊に突入!

あまりのタフさに丘に上がって一休み。こう言う写真だけを見ると、観光に来たみたいです。
あまりのタフさに丘に上がって一休み。こう言う写真だけを見ると、観光に来たみたいです。

とりあえずの1尾を釣り、
深良水門から対岸へと渡り、
湖尻の桟橋から神宮へと流します。
相変わらず風はないですが、
こちらは少しシェードが濃いので、まだマシかなと…。
途中で少し飛ばしながらもプリンス前や成蹊を流し、
気が付くと元箱根湾へと辿り着きました。
ここまで数回のバスのチェイスや、15cm位の謎魚のバイトが有ったりしましたが、
基本的にはまったくのノー感じ…。
日差しもやたらと強く、グロッキー寸前になってしまったので、
一旦元箱根のおおばさんから上陸させてもらって休憩です!

元箱根湾のおおばさんに居るアイドルキャット♪名前はポン太くんである事が判明♪反転タヌキ顔のカワイコちゃん♪
元箱根湾のおおばさんに居るアイドルキャット♪名前はポン太くんである事が判明♪反転タヌキ顔のカワイコちゃん♪

釣れない我々をいつも癒してくれるポン太くんに、猫好きの我々はメロメロです♪♪♪
釣れない我々をいつも癒してくれるポン太くんに、猫好きの我々はメロメロです♪♪♪

とっても可愛いポン太くんの秘密は、なんと女の子である事!大きくなってから判明したそうですが、このお顔ではポン太と名付けてしまうのも納得です!
とっても可愛いポン太くんの秘密は、なんと女の子である事!大きくなってから判明したそうですが、このお顔ではポン太と名付けてしまうのも納得です!

上陸させてもらってまずは恒例の、
ニャンコちゃんに癒してもらい、
冷たい炭酸飲料&アイスでクールダウンしてから再出発!
白鳥ワンドに入って行きます。
ここは前回の釣行で、粕谷さんが念願の50upをキャッチしたポイント。
あわよくば、もう一度…なんて、有りがちな事も思い描いてのトライです!
ここは他のポイントとは違い、
係留されているボートの影等に見えバスが浮いているのを見るのですが、
ルアーを投げても、逃げるか無視をするかのどちらか…。
気難しいバスを相手に白鳥ワンドを一通り撃ち終えたら、湾の反対側へと移動。
今度はボート桟橋を一つ一つ時間をかけて探り、
見え小バスに翻弄されまくって、気が付けば結構な良い時間になっていました。

毎度お昼休憩にお世話になっている、元箱根湾のおおばさんからの景色。桟橋周りに沢山魚が付いています!
毎度お昼休憩にお世話になっている、元箱根湾のおおばさんからの景色。桟橋周りに沢山魚が付いています!

夢よもう一度と、前回50upが釣れた辺りを丁寧に探ってみます!ちょくちょくこの辺りでデカバスを見るので、可能性はある???
夢よもう一度と、前回50upが釣れた辺りを丁寧に探ってみます!ちょくちょくこの辺りでデカバスを見るので、可能性はある???

途方に暮れて、気が付けば桃源台の桟橋周りまで帰って来ました。最後の最後に奇跡は起こるのかっ!
途方に暮れて、気が付けば桃源台の桟橋周りまで帰って来ました。最後の最後に奇跡は起こるのかっ!

あっという間に時は過ぎ去り、
終了まで幾らも時間が無くなって来てしまった為に、
元箱根湾から一気にキャンプ場前まで移動。
何処かで釣れちゃってとばかりに、ひたすらキャストしまくって、
おおばさんまで帰って来ました…。
最後の最後は、諦め悪く桟橋周りで小バスでも良いからと、
往生際悪く粘りに粘ってからの納竿となりました。

今回の釣行は、振り返ってみても、
全く何をしていいか分らずに、一日が終わってしまった感じです…。
あまりの静かな環境に、手も足も出なかったと言ったところでしょうか。
次回の釣行は、季節的に言って鯉のハタキにあたりそうなので、
間を置いてから、また芦ノ湖へと戻って来たいと思います!

そんな訳で今回は、あまりにもなダメダメ釣行紀でしたが、
この辺で終わりとさせて頂きます。
きっと次こそは、何とかバスが釣りたいと思う、
今日この頃でしたとさ…。


by ソースケ

.