DUMMY DOUBLE

オールドルアー&ユーズドルアーの委託、買い取り、通信販売

★中古骨董疑似餌釣具★マニアックなルアーマン達の隠れ家的な秘密基地!!!

釣れちゃった! 2011

2011.11 フッュ・オン 鹿留


深まる秋、
紅葉の中にトラウトを求めて、
『 フッュ・オン 鹿留 』へ…。

1
0月の末頃…、
久しぶりに実家に住む弟の直人君から電話がありました…。
「ん、実家で何か事件でも起きたかな?」などと思っていると、
「トラウトを釣りに行きたいから一緒に行こう♪」との事、
前回、「東山湖で釣ったのが楽しかったので、また釣りに行きたい!」と言う訳だ…。
(そりゃそうだ!釣りは楽しいから兄もこれ程までにハマっているのさっ!)
しばらく四方山話もし、「じゃあ、良さそうな場所を考えとくよ!」と電話を切り、
アレコレと考えた末、釣行先は『フィッシュオン鹿留』に決定。
『フィッシュオン鹿留』を選んだ理由は、
鹿留は、ポンドエリア以外にも。渓流での釣りも楽しめる為、
ワイルドな笹川家の血も満足するのではないかと言うことと、
愛妻、かおりさんの希望もあってです。
私としては、鹿留は、若干20年ぶりで、まだ『ホリデイロッジ鹿留』だった頃からの、
久しぶりの釣行なので楽しみな気分♪
紅葉を楽しみながら釣りをし、心身ともに癒されたいところです。
今回一緒に釣行するのは
私、笹川家長男のSASAと、愛妻のかおりさん、
笹川家長女の旦那、正樹君に、
四男の直人君、そして五男坊の哲哉君の5人♪
なんと私、兄弟が男5人女3人と8人おり、その嫁や旦那等を入れれば超大家族!
「にぎやかにもホドが有る!」って家族です♪
んじゃ、今回の所は、たったの5人で鹿留の魚全部釣っちゃおうぜぃ!

朝一の鹿留湖、もやが掛かり美しいです。
朝一の鹿留湖、もやが掛かり美しいです。

哲哉君、早速釣りましたよ♪
哲哉君、早速釣りましたよ♪

直人君は、哲哉君に先に釣られて少し焦り気味…。
直人君は、哲哉君に先に釣られて少し焦り気味…。

オープン30分前に付いた鹿留は、まだ暗く、東京より寒い感じ、
軽くジャンパーが愛おしい気温です。吐く息も、やや白くなります。
受付を住ませ、取りあえずは、鹿留湖で釣りをする事にします。
哲哉君は、バス釣りの経験は多少あるものの、
今回がトラウト初釣行なので、まずは止水が良いかと…。
ところが、釣りを開始早々、哲哉君にヒット!
どうやら心配は要らなそうです。
そのペースでジャンジャン釣っちゃおうぜ!

哲哉君、またまたヒット!
哲哉君、またまたヒット!

そして3匹目!才能あるんじゃん?
そして3匹目!才能あるんじゃん?

私もコーデルのバイブレーョンでヒット!
私もコーデルのバイブレーョンでヒット!

哲哉君は、無欲な感じで釣りをしている割には、良く釣れます。
朝一でのクランクベイトが良いのか、ポンポンポンと三匹ヒット♪
なかなかヤルじゃありゃ~せんか!
私も一通りセッティングが済みましたので、
まずは、このポンドの様子を探ろうと、コーデルスポット(ちび)を投げます。
するとアッと言う間に釣れました♪
弟達に「こうやって釣るんですねぇ~」などとカッコを付けて、洒落る私です。

うん、鹿留幸先良いじゃん♪

正樹君、何度かのバラシの末、遂にゲット!後ろで焦る直人君…。
正樹君、何度かのバラシの末、遂にゲット!後ろで焦る直人君…。

今度は『りんぽん』で釣ってみました♪
今度は『りんぽん』で釣ってみました♪

おっ!やっと直人君も釣りましたね!哲哉君にやられっぱなしじゃキツいよね…。
おっ!やっと直人君も釣りましたね!哲哉君にやられっぱなしじゃキツいよね…。

かおりさんも苦心の末釣りました♪今回は、ちょっと苦戦気味です…。
かおりさんも苦心の末釣りました♪今回は、ちょっと苦戦気味です…。

あらあら?哲哉君、またまたヒットですか?やはり才能ありますなぁ~。
あらあら?哲哉君、またまたヒットですか?やはり才能ありますなぁ~。

獲物と記念写真♪
獲物と記念写真♪

今日は、キッズ・トーナメントが開催されております。頑張れ子供達!
今日は、キッズ・トーナメントが開催されております。頑張れ子供達!

直人君も、正樹君も、キッズに負けるな!
直人君も、正樹君も、キッズに負けるな!

日がのぼり、少し暖かくなってきました♪
日がのぼり、少し暖かくなってきました♪

正樹君、直人君、かおりさんは、最初はやや手こずりましたが、
ぼちぼち釣れ始めました。
今日は、鹿留湖でキッズトーナメントがあるらしく、
トーナメントに参加している子供達も、頑張って釣りをしています。
それにしても、キッズ達、なかなか釣れておりません…。
小さい魚でも良いから、
も少し放流を増やしてあげても良いのにって感じです。

おっ!かおりさんヒットですね!
おっ!かおりさんヒットですね!

慎重に、慎重に…、
慎重に、慎重に…、

上手くゲットしましたよ♪
上手くゲットしましたよ♪

かおりさんは、自分でデコったスプーンで釣って御満悦♪
かおりさんは、自分でデコったスプーンで釣って御満悦♪

正樹君もフィッシュ!慌てる直人君…。
正樹君もフィッシュ!慌てる直人君…。

またまた、ゲットです♪(馬券当たると良いね)
またまた、ゲットです♪(馬券当たると良いね)

私も負けじと釣りますよ!
私も負けじと釣りますよ!

我ながら美しいランディング!
我ながら美しいランディング!

こうやって釣るんですねぇ~。
こうやって釣るんですねぇ~。

おやおや、なかなか釣れなくって焦れていた直人君もフィッシュです♪
おやおや、なかなか釣れなくって焦れていた直人君もフィッシュです♪

そして、素質が開花した哲哉君、またもフィッシュ♪
そして、素質が開花した哲哉君、またもフィッシュ♪

かおりさんも、良型が釣れました♪
かおりさんも、良型が釣れました♪

かおりさん、続けてもう一本♪
かおりさん、続けてもう一本♪

日がのぼり、少し釣るのが難しくなって来たものの、
ソコソコ釣れている我々。
せっかく、鹿留に来たのだから、後半戦は渓流釣りをしてみましょう♪
鹿留湖を11時で切り上げて、
渓流エリアに移動します。

★ ★ ★

渓流エリア、正樹君と私、同時に1投目でダブルヒット!
渓流エリア、正樹君と私、同時に1投目でダブルヒット!

正樹君、流れの中を読んでまたもゲット!ちなみに馬券も当たりました♪
正樹君、流れの中を読んでまたもゲット!ちなみに馬券も当たりました♪

緑深く、美しい渓を、ドタバタと直人君…。
緑深く、美しい渓を、ドタバタと直人君…。

渓流エリアに付くと、景色は一変します。
深い木々に囲まれた渓は、せき止めて釣り易くしてはあるものの、
ロケーションは正にナチュラル・リバーな雰囲気です。
我々は、荷物を1ヶ所にまとめ、釣りを開始します。
すると束の間、私と正樹君のロッドが同時にしなりました!
渓流エリア開始早々のダブルヒットです!
この出来事に、皆の気分もアゲアゲ・モード突入です♪

哲哉君は、すっかり釣りに集中しております。
哲哉君は、すっかり釣りに集中しております。

かおりさん、木の幹に隠れて獲物を狙うの図。
かおりさん、木の幹に隠れて獲物を狙うの図。

管理釣り場とは言え、自然の美しさと渓流のセセラギは心を癒されます。
管理釣り場とは言え、自然の美しさと渓流のセセラギは心を癒されます。

オルテガ、ガイア、マッシュ!黒い三連星!
オルテガ、ガイア、マッシュ!黒い三連星!

哲哉君ヒット!
哲哉君ヒット!

上手くランディング出来てニッコリ♪
上手くランディング出来てニッコリ♪

幸先良く釣れたものの、釣りは、そんなに甘くは無いようです。
魚はたくさん居るし、ルアーに興味を示しはしますが、
なかなかバイトまで持ち込めない様子です…。
せっかく魚が掛かっても、バラしもしばしばです。
ですが、それが釣りと言うもの、少し難しいぐらいがちょうど良いのです。
そこで、魚のスウィッチを入れる方法を哲哉君に教えると、
アッと言う間に釣りました。
さて、じゃんじゃん釣って下さいね♪

私はこの辺で『りんぽん』を…。
私はこの辺で『りんぽん』を…。

『りんぽん』にて、
『りんぽん』にて、

『りんぽん』にて…。
『りんぽん』にて…。

『りんぽん』が、ちょっとスレたのでスプーンでリセット!
『りんぽん』が、ちょっとスレたのでスプーンでリセット!

かおりさん、狙った流れの中で、良型の鱒をゲット!嬉しい感じ♪
かおりさん、狙った流れの中で、良型の鱒をゲット!嬉しい感じ♪

哲哉君は、コツを掴みコンスタントに釣ります♪
哲哉君は、コツを掴みコンスタントに釣ります♪

弟君達が釣りをする中、私は、仕事に取りかかります。
今日は、せっかく流水のエリアで釣りをしているので、
『りんぽん』の効果を試しておきたい感じ、
しっかり、テスト気分で釣り始めると『りんぽん』は、
ここでも上手い事魚を引き寄せてくれました♪

そして『りんぽん』釣れます!
そして『りんぽん』釣れます!

こちらは『りんぽんスティック』でゲット!
こちらは『りんぽんスティック』でゲット!

またまた釣りました♪すでに、立派な釣り師ですな!
またまた釣りました♪すでに、立派な釣り師ですな!

皆さん各々楽しんでいる中、
コソコソと、かおりさんがやってきました…。
「直人君が苦戦してるから教えてあげて」との事、
そこで、哲哉君と同じ様に、ルアーのローテーションや、
カラーセレクト、リーリーング時の注意等を教えてあげると見事フィッシュ!
コツさえ掴めば、後は大丈夫でしょう。
どんどん釣って下さいね♪

なかなか釣れなかった直人君、やっとの思いでゲットです!うれすぃ~♪
なかなか釣れなかった直人君、やっとの思いでゲットです!うれすぃ~♪

私のスプーンにイワナらしきものが釣れました。
私のスプーンにイワナらしきものが釣れました。

そして『りんぽんスティック』で、もう一匹♪
そして『りんぽんスティック』で、もう一匹♪

おっ!かおりさんも久しぶりのフィッシュです♪
おっ!かおりさんも久しぶりのフィッシュです♪

上手く取り込めましたね♪
上手く取り込めましたね♪

今日は日没まで楽しめました♪
今日は日没まで楽しめました♪

さて、日も暮れてまいりました…。
楽しかった一日も、もうお仕舞です。
今日は皆、ソコソコ釣れたし、良かったね♪

楽しい釣りと、自然の中で心が癒されて、
素敵な一日となりました。

また、皆で釣りに行こうね!

てな感じで、今回のコラムもおしまいです。
皆さんも、楽しい仲間達とたくさん釣りに出かけて下さいね!
ウカウカしてると今年も終わっちゃいますよ!

では、また…、

by SASA


20111117


11月7日 芦ノ湖


11月7日
美しい紅葉と、幻のビッグバスを求め、
冬の訪れる前の芦ノ湖へ…。


秋もかなり深まってまいりましたね!
テレビをつければ、紅葉を題材にした旅番組や、
秋の俊な食材のグルメ番組が目白押しです。
綺麗な紅葉の中、美味しい物を食べているタレントさんを見ていると、
タマラナク羨ましい気持ちに成ってしまいます。
秋は、何でも美味しい季節♪
あれもこれもと美味しい物を食べて、温泉につかってゆっくりした~い~うぃ~!
加えて、こんな綺麗な紅葉の中で、
例えば、芦ノ湖で釣りなんか出来たら超ド級で最高なのに…。
なぁ~んて感じのアレコレの後、
結局、ソースケ先生とともに、またもや芦ノ湖へと向かっちゃいました♪

朝一の芦ノ湖は霧が立ちこめております。
朝一の芦ノ湖は霧が立ちこめております。

今日はバスさん釣れるかな?
今日はバスさん釣れるかな?

箱根はすでに紅葉が美しい感じです。
箱根はすでに紅葉が美しい感じです。

さてさて、今回で4回目の芦ノ湖、
春に目に焼き付いたデカバスの残像に惹き付けられて、またものトライ!
東京での事前情報によると、シャローにオイカワが入って来ているので、
バスも、ブラウンもそれを追ってシャローに出て来ており、
釣りやすいのでは無いかとの事…。
すでに、ディープを覚悟していた我々にとっては有り難い情報にアゲアゲ気味な感じです。
しかも、今までの芦ノ湖の、3回の不甲斐無い釣行を踏まえて、
私もソースケ先生も、新たに芦ノ湖専用ルアーを追加し、悪巧みも万全です。
ところが、いざ、おおばボートでお話を伺うと、
「シャローは釣れなくも無いけど、魚が小さいよ…、
大きいバスは4~6mラインで釣らなきゃダメなんじゃないかな~」
と、バスはあまり芳しくもなさそうなコメント…。
まあ、在る程度は厳しいだろうというのは覚悟の上です。
後は投げて巻くだけの事!
「よっしゃ!今日こそは夢の60UP釣ったるじぇい!」

日が登るに付け、霧が晴れて行きます。
日が登るに付け、霧が晴れて行きます。

今日は、人的には釣り易い天気のなりそうです。
今日は、人的には釣り易い天気のなりそうです。

集中、集中…。
集中、集中…。

今日の芦ノ湖は風もなく、この季節にしては暖かめの雰囲気で、
釣り人にとっては、とても釣りやすい感じ、
水温は16℃、まだまだ充分に釣れてくれる水温なはずです。

今日の作戦は、やや冬的な寒さ要素を加味し、湖尻を出発してから、
芦ノ湖の北東側の岸ぞいに元箱根湾方面に流す予定。
つまり、こちら側の斜面の方が、幾分かでも水温が温まりやすかろうと言う考え、
東京に比べて700m近く標高が高い芦ノ湖は、さぞかし寒いべなと思い、
少しでも条件が良いかな的発想です。
取りあえず、ソースケ先生はミノーを、
私は色々チューニングして来たルアーを投げて行きます…。

今日のソースケ先生は気合いが入っていますよ!
今日のソースケ先生は気合いが入っていますよ!

おっと!ブラウンがヒットいたしました♪
おっと!ブラウンがヒットいたしました♪

手際良くランディングします。
手際良くランディングします。

今日のタックルでは、我々には珍しくスピニングを持参しております。
昨日の晩、おもむろにタックルをセレクトするソースケ先生がC-4のメンテを始め、
「明日はスピニングを持って行きます!」なんて言うものだから、私もつられて持参です。
ソースケ先生は、芦ノ湖の釣りでの飛距離のアドバンテージを考えて、
何度かの釣行で「スピニングやっぱ必要かも?」と思った訳です。
やはり透明度も高く、警戒心の強いバスは、在る程度飛距離が必要!
特に、シャローをミノーイングするにはスピニングの方が分があるはずです…。

今日のソースケ先生は、ラパラ13㎝のフロート、金黒を投げまくります。
このルアーは、芦ノ湖では古くから鉄板中の鉄板ルアー!
きっと確信があるのでしょう、

時刻は9時を過ぎた頃、坊ケ沢付近のエリアで、
ソースケ先生のラパラに、水面を割ってバイトがありました!
魚は上手くフッキングしています。ナイスなファイト!
結構大物な予感です。
美しい水の中に輝く魚体はブラウントラウト♪
やはりなかなかのサイズ!
ソースケ先生は素晴らしいロッドさばきでブラウンを寄せて行きます。

手元で踏ん張るブラウン!
手元で踏ん張るブラウン!

ナイスサイズのブラウン!思わずニッコリ♪
ナイスサイズのブラウン!思わずニッコリ♪

ヒットルアーは、ラパラ13㎝です。
ヒットルアーは、ラパラ13㎝です。

激しく抵抗するブラウンを巧みにいなし、
上手くランディングしたブラウンは40UP!
紅葉の芦ノ湖の、美しいロケーションの中で釣り上げたブラウンは、
これまた格別の美しさ!
ランディングしたソースケ先生の手が興奮に震えています。
正に釣り人冥利に尽きる瞬間です。
ソースケ先生のシャローでバスとブラウンを両面で狙った攻撃が功を奏しました!
それにしても美しいブラウンです。
出来れば私も一匹釣りたい気分でございます…。
(うらやますぃ~)

ますます集中力の高まるソースケ先生!
ますます集中力の高まるソースケ先生!

この桟橋にモンスターは潜むのか?
この桟橋にモンスターは潜むのか?

神々しい景色の芦ノ湖。
神々しい景色の芦ノ湖。

ナイスなブラウンを釣り上げたソースケ先生、
背中からイケテルオーラがビンビンです。
かく言う私も、釣る気のエナジーが高まってしまいました。
ですが、出来ればこの辺でバスを釣りたい所です。
今日は、シャローで見えバスはまったく確認出来ません。
魚探には、深い所で14mぐらいから、浅い所で4mくらいに、
ワカサギの群れが移ります。
さすがに、深い群れにはバス的なものは移りませんが、
4mラインのワカサギの群れには、バス的な魚影や、トラウト的な魚影も移ります。
そこで、デープクランクを投げてみたり、この日の為に仕入れたルアーを投げますが、
上手く反応してくれません…。
「やっぱりシャローかな?」「今日はブラウンの日なのかな?」
などと迷走する私でございます…。

水中映像、その1
水中映像、その1

水中映像、その2
水中映像、その2

今日の釣行では、新たな秘密兵器も用意してきました!
それは、なんと、デジカメ!
水中撮影可能なデジカメを購入したので、めぼしい桟橋の下を撮影してみます。
デジカメにバスが写れば、シャローも確信が持てるはずですし、
もちろん桟橋自体を重点的に狙う作戦も取れます。
ニンマリ半笑いしながら早速撮影してみます。
すると、前回まであんなに沢山バスが居たというのに、
今回は全く居ませんし、もちろんデジカメにも写りません…。
「うぅ~、バスは何処へ…」

今日のSASAのタックル、テーマは微妙なABUとフェニックスです。
今日のSASAのタックル、テーマは微妙なABUとフェニックスです。

SASAのタックルボックスのトレー上段
SASAのタックルボックスのトレー上段

ボックス下段
ボックス下段

その後、しばらく釣れない時間が過ぎて行きます…。
いつもの様に、手を変え品を変え、キャストを続ける我々。
ですが一向にバスの気配すら感じられません。
そこで、今回は、諸々の改造したルアーや、
新たに購入したルアーを泳がせたり、チューニングしてみたりして…。
そんな私を尻目に、集中力の高いソースケ先生、今日の彼は気合いが違います!
「むむ、背中に炎が燃えているゾネ!」

ハングの下にブラウンが居る気配が…。
ハングの下にブラウンが居る気配が…。

この美しい紅葉と、トラウトは良く似合いますね♪
この美しい紅葉と、トラウトは良く似合いますね♪

ソースケ先生の集中力は更に高まっている様子です。
ソースケ先生の集中力は更に高まっている様子です。

それから数時間、時間ばかりが過ぎて行きます…。
釣れるのは、誰かが残した長ぁ~~~~いラインや、
枯れ始めたウィードと、宇宙船地球号ばかり…、
それでも健気に頑張る我々…。
悔し紛れに言うのではありませんが、芦ノ湖は釣れなくてもなんか良い感じ♪
大自然の中、フィトンチットの影響なのか、癒されてしまうのです。
なぁ~んて、本当は釣れちゃえば良いのになりよぉ~う!

さて、ここまでは私SASAがお届けいたしましたが、
この所、倦怠感を醸し出しているダミーダブルの『釣れちゃった!』コラムに、
今回は、新たな刺激と、斬新な改革を施し、更なる高みを模索する試みとして、
一つのコラムを二人で分割して仕上げると言う、
アバンギャルドな挑戦をしてみたいと思います。
ここから先は、このコラムを、ツレツレマスターであるソースケ先生にバトンタッチし、
より文学的で、高尚な文章にて後半戦を締めくくって頂きたいと思います。
きっと、後半はもりあがりますよぉ~う!!

では後半をどうぞ♪

偶然取れた一枚…、何となくカッコ良いからアップ♪
偶然取れた一枚…、何となくカッコ良いからアップ♪

前回、バスとレインボーが釣れたポイントです。
前回、バスとレインボーが釣れたポイントです。

私は釣れないのでブルーな気分です。
私は釣れないのでブルーな気分です。

景色は美しいのに…。
景色は美しいのに…。

今日は、岸から距離を取って釣りをしています。
今日は、岸から距離を取って釣りをしています。

2匹めの獲物!さすが!
2匹めの獲物!さすが!

ってなふうに急な振られかたをしたソースケです!
こんな唐突に『じゃっ、残り書いてね~♪』なんて言われても、
テンションが付いて行かずに、なかなか筆が進まないんですが…。

まぁそんな訳で、後半戦ですが…。
割とのんびり、と言うよりも今回は、自分達なりの要所になりそうな所を、
を今までよりも少し距離をとって、時間もかけつつ進んでいたせいか、
お昼に差し掛かろうかという時間になっても、未だに箱根プリンス辺りを漂っている有様。
もっとフィールドに精通してくれば、ポイントをランガンして、
戦略的に行くのが良いのでしょうが、気のままに釣り進んでる感じです。
個人的には、春にブラウンの強烈バイトを目の当たりにしているので、
大分満足してしまった感はありますが、
本命のバスの姿を、一目拝んでおきたいのも本音と言った所。
取りあえずシャローエリアでは、バスもブラウンも狙って、
ミノーをメインに投げ通し、深い所でベイトの反応が有れば、
ディープクランクや、スプーン・ジギング等で、探っていく腹づもりです!

その様な考えをしながら、差し掛かった蛭川のシャロー入口にて、
魚探にベイトの群れが写って、フィッシュアラームがピピピのピ~♪
ここに来るまでの殆どは、8~10m付近でベイトが写っていたのに、
今回は2.5m程と、かなり浅い所に群れている様子。
これがササさんが仕入れて来た情報の、オイカワだったりするのかも?と、
それまで付けていたルアーから、群れの居る水深を狙うのにちょうど良い、
ボーマーのロングA・ディープに付け替えて早速投入!
沖目のブレイク上を通すイメージで、数投後…。
引いて来ると、ウィードかな?と思う位の何かが触れた感触の直後に明確なバイト!
正に絵に描いた様なヒットで、御満悦♪
フッキング後から、下へ下へ潜って行く為に姿が見えず、
バスかな?ブラウンかな?と、丁寧に寄せて来ると、
茶色い細長い魚体に、ブラウンと判明♪
ドタドタと慌ただしい船上で、ササさんにランディングしてもらった魚体は、
先の1尾目よりもサイズが上がって50up♪
あまり餌を食べていないのか、ちょっと痩せ気味ではありますが、
独特の模様が美しい、嬉しい1尾です!
なんとも今日は、直感に従って結果に繋がっているので、
タイムアップまでには、もう何尾か追加出来ちゃうかも!
な~んて言う妄想が…。

一匹目より、サイズアップしています!
一匹目より、サイズアップしています!

ヒットルアーはロングAディープです。
ヒットルアーはロングAディープです。

もっと大きくなってまた釣れて下さいね!
もっと大きくなってまた釣れて下さいね!

新たに1尾を追加した事で、気分も上がって来た自分とは対照的に、
何だか今日のササさんは、調子を崩し気味のご様子で、
キャストがイメージ通りにいかなかったり、
ルアーセレクトに悩んでは、しっくりと行っていない感じ。
仕舞いには、マグナムサイズのミノーを投げまくりながら、
歌を口ずさんで、在らぬ方向へと突き進んで行っているご様子…。

そんなテンションの差が激しい2人組は、箱根湾まで言って折り返し。
箱根湾周辺は、秋の深まる季節の為でしょうが、
平日にも関わらず、たくさんの観光客&ワカサギ釣りの方が多く来られているみたいで、
一艘だけバス釣りに興じているので、少し場違い感がある様な…。
箱根湾では、魚探に写るベイトのレンジも割と浅めで、
桟橋周りのブレイク上に写っており、釣れそうな感じなんですが、
スワンボートや手漕ぎ、ワカサギ釣りのボートが多くて、
ナーバスになっているのか、ルアーには相手をしてくれません。
きっとバスやトラウトも居るとは思うのですが…。
ですので、一通り桟橋周や何かを投げてから、そそくさと退散~。
さらにこの頃になると、ポカポカと暖かかった日差しも、
雲に陰る事が多くなって風も強くなり、肌寒い位。
そんなおりに、ササさんがセットしておいた、
3時のタイマーがなりだして、今日も1日が短かったな~と、
強制的に、終わりを実感せられます…。

そして、残りの短い時間の使い方と言ったら、
何だかこの前の芦ノ湖釣行から、2人の中で神頼み的な行為となりそうな、
めぼしい所を、手早く巻き物系ルアーを投げ通す事。
あわよくば夕方に、シャローでフィーディングしている魚が、
釣れちゃわないかと言う、他力本願な作戦を決行しながらの、帰路を辿ります!

ソースケ先生、後ろ姿が凛々しい感じです。
ソースケ先生、後ろ姿が凛々しい感じです。

神様、魚を釣らせて下さい!by SASA
神様、魚を釣らせて下さい!by SASA

夕方近くなると、だんだん寒くなってきます。
夕方近くなると、だんだん寒くなってきます。


結果だけ言うと、最後の悪あがきも虚しく、
なんの反応も得られないままに、帰着と相成り…。
この日の水温では、まだシャローで釣れてもおかしくは無いと思うのですが、
ベイトの多くが深い所に居る為にか、どうやら通していたレンジよりも、
更に更に深い所を狙って行く事が必要だったみたいです。
なまじかシャローでブラウンが釣れてしまった為に、

浅めの水深を通して、バスと両方を視野に入れたのが仇となった様です。
出船前に、深めのレンジで釣れていると伺っていたし、
この日の為に、ディープ用のアイテムを色々と用意はして来ていたのですが…。
慣れてない故に敬遠しがちと言うのと、
シャローで釣れそうと言う誘惑に、
軟弱な心が、自然と流されて行った結果として、教訓としますかね~。
思い返せば、結果がダメならダメにしても、
不慣れなディープレンジの釣りを、練習がてらにやり通しておけばとか、
思ったり、何なりです…。(←同じ様な事を前にも言っていた様な…。)

ってな事で、今回の芦ノ湖も、
嬉し恥ずかし、癒されたり悶々としたりと、
課題多い幕引きとなりました。
ですから、機会を見つけては、今後もせっせと芦ノ湖通いが重なりそうです!
帰りの温泉や、景色が最高なので、半ば観光と割り切ってしまいそうですが、
毎度続けてだと、流石に心がポキッと折れてしまうかもですので、
合間に他の所を挟んで、インターバルを入れてだと思いますが…。


それでは、今回はこの辺でお別れです。

くぅ、次回こそは大漁を願って…。


by ソースケ



.