★中古骨董疑似餌釣具★ DUMMY DOUBLE

オールド&ユーズドルアー ルアーフィッシングタックルの委託・買い取り・通信販売

ノスタルジックなルアーマン達のサンクチャリー♪レトロ昭和系耽美疑似餌秘密基地!!!


純喫茶 鱗鱗堂  『ルアー四方山話…』

このページは、
ダミー・ダブルが誇る、オールド・ルアーのエキスパート塙栄司が、
あらゆるルアーの四方山話をおとどけします…。
オールド・ルアーはもとより、奇天烈ルアーや、定番ルアーに至るまで…、
ハナちゃん的テイストで、面白可笑しくご紹介いたします。


第三話  

バンゴー・ミノー
Bang-O-Lure

今回はバグリーの3回目ということで、ポピュラーなミノー、
バンゴーを取り上げてみたいと思います。
1950年代にフィンランド製のラパラ(ミノー)がアメリカの国民的総合誌"LIFE"の表紙を飾るほどバカ売れしたのは有名ですが、
そのラパラに対抗して、
60年代にはアメリカ製の「アメリカン・ラパラ」が数多く登場しました。
レーベル・ミノー、ローグ(スミスウィック)、ヘルキャット(ホッパー・ストッパー)、
コブラ(ヘドン)、A.C.シャイナー、etc...
もちろんバンゴーもそのうちのひとつです。

上から2番目はスピナーテールです!
上から2番目はスピナーテールです!

こちらのサイズは可愛いですね!
こちらのサイズは可愛いですね!

発売当初のバンゴーは紙箱入り。下の画像の紙箱入りルアーは、バンゴーの兄弟モデル、
ミノーではなくシングルスウィッシャータイプの「ウォーキン・トピード」です。
ボディーはバンゴーとほぼ共通。腹は昔のラパラのように、
白く塗り分けられているだけ。バグリー初のプラグとして、
この2つ以外にはゴー・デビルと007が同時発売されたと推測しているのですが、
ネームなしの007を見た記憶がないので、もしかしたら微妙に時期が違うかも?
腹にタイプライターのネームが入った帯が貼られた透明プラ箱入りのタイプ
(60年代末〜70年代前半?)に比べても、かなり細身です。
昔からのバグリーファンとしては、
真鍮ワイヤーの細身のものに興味が行ってしまうのは仕方ないところ。
…いや、バグリーは時期によって様々なカラーがあるので、それらを集めても楽しそうですね。

「ウォーキン・トピード」
「ウォーキン・トピード」

サイズは3、4、5、7インチの4種。あ、1インチは約2.5cmです。
7インチの物は昔はバルサ製でしたが、
80年代に入ってからか、海用としてハードウッド製に変わりました。
5インチ(3フッカー)の集合写真にあるのは、
どれも1980年前後のレアカラーです。
この時期まではラパラのように真鍮のワイヤーがボディーを貫通しているのですが、
コストあるいは強度の問題なのか、
その後すぐにスクリュー(ねじ)ヒートンに変更されました。
そしてボディーも徐々に太くなり、目の位置と表情も今に近いものに。
右下の写真のジョイントタイプのものは、
80年代後半の短い期間発売されていた「スウィベル・ヒップ・バンゴー」。
これは尾部がくるくる回ってしまうのがご愛嬌。

「フジ釣具」の特注モデルと「バンゴーB」
「フジ釣具」の特注モデルと「バンゴーB」

「スウィベル・ヒップ・バンゴー」
「スウィベル・ヒップ・バンゴー」

バンゴーの亜種としては、
キラーBとバンゴーの中間の太さ(画像のグリーンクロウダッドカラーのもの)の
「バンゴーB」(70年代末発売)、
バンゴーにテイルプロップが付いた「スピナーテイルバンゴー」
(日本では'80発売。一番上の写真の上から2番目の物)
などもあります。どちらも今でも売られているはず。
特にスピナーテイルバンゴーの連続ジャークは今でも充分効果的なので、
お試しを!

バンゴーのノーリップに大きなテイルプロップが付いたのは、
名称不明ですが藤沢市「フジ釣具」(左上写真)の特注モデル。
カラーからすると、年代は80年代末〜90年代初頭といったところでしょうか。
こちらのお店は日本初のルアー専門店。
バグリーやヘドンとの付き合いも長く、独自のコネクションを持っているようです。

では、次回はそのフジ釣具のオリジナルルアーを特集しますか。
ちょっとコア過ぎる気もしますが、お楽しみに。



by はなわ

090502




.